ボルゾイ暮らしトコトコ新聞2018

元祖「福犬」ボルゾイの故「エルミナ」、二代目福犬駆け出しの故「ディアナ」、三代目保護ボルの「かのん」と、飼い主の日常です。

4
「ボルゾイ、またはサルーキ等の里親募集」という検索ワードで、当サイトへお越しのビジター様が多くいます。
そういう人たちのために、里親募集記事を上げて表示しておくことにしました。
ボルゾイやサルーキ等サイトハウンドの里親募集でお越しの方は、下記リンクをご参照ください。
里親様と犬の双方に良きご縁がありますように。(-人-)

NEW!ウィペット女子二頭の里親募集です。(2017/05/21更新)

 上記ステファンと同じ、ペット里親会さんで保護されているウィペットの女の子二頭の里親募集です。
サイトハウンドはマニアックな犬種なのか、なかなかいい里親に巡り会えないようなので、当ブログでもご紹介することにしました。
(尚、問い合わせ等は、下記記事リンクから里親会さんサイトへ飛んで、詳細をご確認下さい。)

ウィペット2匹 女の子里親さん募集中です、シェアのご協力をお願い致しますm(__)m
2017年03月28日 19:40

whipet2
whipet1
ウィペットです
女の子 10ヶ月
女の子 一歳半
穏やかな 人懐こい子です

お留守番の少ない方
お子様がいらっしゃる場合 15歳からになります、

条件をご覧の上 アンケートをお願い致しますm(__)m


【緊急!】サルーキの迷子犬情報。(2014/10/19更新)

横浜市内で首輪のないサルーキを見かけたというメールを戴いたkazuさんから、昨夜画像が届きましたので、記事と合わせてアップしました。
心当たりのあるビジター様は、当記事のコメント欄かサイドバーのメールフォームからご連絡下さい。

サルーキ2014-10-17


迷い犬?

先程、
2014/10/17
14時半頃
首輪無しのサルーキ
を目撃しました。

場所は、
神奈川県横浜市旭区川井本町付近でした。

もし緊急で
飼い主さんがお探しでしたら。
コチラにご連絡を。
090-****-****

写真も撮りました。

2015/1/22追加。
福島県の大きさ、広さを理解出来ない他県民の皆様へ、 (*^ー゚)b GJ!!なツイを貼っておきます。


2011/6/17追加。
原発事故の警戒区域内等で保護された犬たちの、飼い主さん探し動画です。
心当たりのあるビジター様は、是非お問い合わせください。

♪ここにいるよ。〜飼い主を、待っています。@You Tube


2011/3/26追加。(3/28修正)
J-CASTニュースが福島県の被災地情報特集ページを作って下さいました。(拝借したバナーがリンクになっています。)

shinsai_area07-1





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

3
FJ3100610001
 国交相が「不要不急の外出を控えるように」と、通達を出したらしい本日。
飼い主は治ったかに見えた下痢(朝と昼前に二回、嘔吐も一回【朝食べた缶詰やヨーグルトを全てリバース。】。)が再発したかのんを連れ、午前中は徒歩10分の動物病院(画像@携帯)、帰宅後かのんの粗相の跡(タイルカーペット)を片付け終えてから、午後は病人食ならぬ病犬食を買いに、凍える寒さの中買い出しに行ってきました。((。>д<))寒イ!
(雪の降りだしは午後3時前からで、どうにか雪まみれにならずに済みました。)
かのんの下痢はウィルス性などのものではないけれど、白血球の数値が上がっている(=どこかで炎症を起こしている。)との診断で、下痢止めと炎症を抑える薬を処方して戴いて帰ってきました。
おそらく主な原因は犬ガムの消化不良だと思うのですが、道端の雑草を食べる癖のあるかのんは、雑草にかけてあった何か(毒物)に当たることも考えられるため、ただの下痢で様子見する訳にもいかず、しかも今日の午後からは大雪+低温の最凶コンボ…ですから、焦りまくりましたよ。
(おまけに間の悪いことに、今日の午前着予定の荷物がなかなか届かず…、一時はどうしようかと思いました。)
かのん本犬は、帰宅してから貰えるはずのおやつがなく(ジャーキー等消化の悪そうなおやつばかりだったので、急ぎ買いに走りました@飼い主。)ブーブーでしたが、その後(買ってきた)バニラアイス等を完食して眠っています。
ガムの消化不良だけでなく、犬生初の超低温生活(今週の当地は、−10℃以下まで下がる予報が出てます。)がじわじわと利いているようなので、今日からは室内でも犬服ありで過ごさせてますが、犬自身がケロッとしてても、寒さや冷えには気を遣わないと駄目ということですね。(´・ω・`)=з
(ところで動物病院でかのんの体重を測ったら25.5kg前後で、先生にもう少し脂肪をつけた方がいいですね、と言われてしまいました。orz
これでも引き取った当初よりはだいぶ丸くなったんですが、この体重だとかなり寒さが堪えるんじゃないかと思います。
同じくらいの体重だったエルミナは、外気温が5℃以下になると『さむい、さむい』と大騒ぎしていたんだから、ガリっ子かのんが平気なはずは…ないんですよね。(ー'`ー ; ))

 東京23区内にも大雪警報発令…、雪は薄っすらと積もるくらいまでははしゃぎたくなるものなんですが、その後が…ね。(´・ω・`)=з




 2016/4/4、お知らせ。
4月より、余命本シリーズの告知はサイドバーに移動しました。
余命の最新情報は、こちら(余命三年時事日記)からチェック下さい。

 9/15に元刑事で外国人犯罪対策講師、板東忠信さんの「寄生難民」が発売になります。
興味のあるビジター様は、各リンクをクリック下さい。(アマゾンへ飛びます。)


 朝日新聞の捏造による森友・加計学園問題を一刀両断した、小川榮太郎さんの徹底検証本です。


 2018/1/18発売、カミカゼ@じゃあのさんの初書籍「売国議員」です。(祝アマゾンベストセラー1位!)




 こちらは国交相のお達しで、学校や仕事はどうしろと!な阿鼻叫喚な市民の声です。
大雪が狙ったように帰宅時間頃を直撃だし、明日朝の通勤通学時間帯も大変なことになりそうですが…、関東圏で除雪グッズやスタッドレスタイヤを標準装備しているご家庭がどのくらいあるんでしょう?

「不要不急の外出」ってどこから?仕事や学校は? 関東大雪、だけど「休めない」悲鳴 J-CASTニュース(以下、転載)

「不要不急の外出」ってどこから?仕事や学校は? 関東大雪、だけど「休めない」悲鳴
2018/1/22 13:46 印刷

関東甲信地方は2018年1月22日、「大雪」の予報だ。東京23区でも午前中から雪が降り始め、積もるところも出ている。

国土交通省は「不要不急の外出」を控えるよう発表しているが、実際のところ(これを書いている記者も含め)多くの社会人、学生は普段通り、通勤・通学する羽目となっている。「不要不急の外出」ってどこから? 仕事や学校は休めないの?


■政府が「仕事禁止」にするべきか

大雪の予報を受けて国土交通省は21日、気象庁との連名で「大雪に対する国土交通省緊急発表」を行った。

22日昼ごろから23日朝にかけ、東京23区など普段雪の少ない平野部も含めて大雪になる可能性があるとして、

「不要不急の外出は控えるとともに、やむを得ず運転する場合には、チェーンの早めの装着等をお願いします」

と呼びかけている。

一方、都内では22日昼時点で、休業・休校などの措置を行う企業・教育機関は稀だ。社会人、学生の大部分は、雪やみぞれが舞う中、いつも通り通勤・通学の途に就いた。

ツイッターなどでは、

「不要不急の外出避けろっつってんだよ休めよジャパニーズ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!おかげで!!!!!!!!!!!!私も休めません!!!!!!!!!!!!転んだら責任とってくれよな!!!!!!!!!!!!」
「不要不急の外出を控えなければならないのなら、私の百均のバイトも休んで良いと思うんど。そんな切羽詰まって百均なんか来る人いないでしょ?休ませてくれ...!」
「学校とか就活とか不要不急の外出だろ帰らせろ」

といった悲鳴じみたつぶやきが殺到、中には、

「不要不急の外出は控えろとか抜かすんだったら法的効力を持った出勤禁止命令をしろよ、そうしないとただでさえ麻痺するであろう交通インフラに追討ちをかけることになるぞ」
「政府が不要不急の外出を控え〜とか言ってる時は仕事禁止にすべき」

と訴える人もいる。

■国交省に聞いてみたところ...

今回の発表を行った、国土交通省に尋ねることにした。

「不要不急の外出というのは、どこからなんでしょうか?」

水管理・国土保全局防災課災害対策室の担当者は、「やはり、人によって取り方は違ってくると思います」と説明する。

実際、「買い物」ひとつ取っても、「ちょっと控えよう」で済む人もいれば、状況などによっては「どうしても必要!」という人もいる。

「たとえば、『昔の友達と久しぶりに会う』というような話でしたら、それこそ来週にしていただいた方がいいと思いますが......。ただ、人によって違いはあるでしょうが、仕事や学校については基本的に必要なものだと思います」

その上で、どうしても外出しなくてはいけない場合には、車ならスタッドレスタイヤに替える、電車ならなるべく本降りになる前に帰る――そうしたことを呼びかけるために行っているのが、この「緊急発表」だという。

なお、緊急発表は国交省によるこの種の呼びかけとしては最も「強い」もので、年に数えるほどしか出されない(今年度に入っては初)。これより上となれば、自治体の首長による避難勧告クラスになってくる。

降雪は首都圏では帰宅時間帯にピークを迎えるとみられ、東京23区でも10センチの積雪が予想されている。「不要不急でない」外出を余儀なくされた方も、早めの帰宅が無難だ。






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

3
 今までおなか方面トラブルに縁のなかったかのんが、昨夜盛大に下りました。
人の夕ご飯中(犬ご飯は先に済んでる。)に、落ち着かない素振りでウロウロし始め、てっきりしっこ(小)かなと見ていたら、○んちんぐスタイルを取り始めたかのん。(;`・д・´)エッ!
室内トイレがあるとはいえ、いくらなんでも食事時は止めてくれ、ということで、かのんにリードをつけ、ペットシーツを片手に外へ連れ出した飼い主です。
焦り振りからしてかなり我慢していたらしいのに、犬の方は散歩のつもりで喜んでいる(!)ので、「○んちだけして帰るんだよ!」と促したら、即座にその場でピー…。orz
(いつもは八つ折り新聞紙で回収してましたが、この時はペットシーツ@レギュラーで本当に良かったと思いましたわ。)
その日食べたのは、朝のヨーグルト、昼のおやつ(ササミジャーキー、レバージャーキー、チーズカステラ少し、ターキーコンボ、ササミガム)、夕ご飯(玄米に茹でササミや煮た野菜、ゆで卵を乗せたもの。)くらいで、おなかを壊しそうな食材はありませんでした。
犬の下痢の原因は腐ったものを食べたか、食べ過ぎが殆ど(寒い時季は冷えでおなかを壊すことも。)なのですが、上記内容ではどちらも当てはまらないので、朝の冷え込み(最低気温−8.3℃)で風邪でもひいたか、と考えたのですが…。
もしかして一昨日上げた犬ガム(牛皮をロール状に丸めてある。大きさ10センチ前後。)が、掃除の時になくなっていた(のを忘れてた。)のは、夜中に全部食べてしまったせいなのでは…と、やっと原因らしき事案に行き当たりました。
ここでも度々書いている通り、かのんは「宵越しの金【=おやつ】は持たねぇ」食い意地の張った犬で、消化の悪そうなものを与える時は、途中で取り上げる等気をつけていたんですが…。
昨日はσ(・ω・)が朝掃除をしても思い出さないくらい、完璧に失念していたんですね。orz
その後体を冷やさないように服を着せ、更にデコっぱ@ディアナが使っていた腹巻までさせ、薬代わりのビオフェルミンを飲ませ、エアコンのタイマーセットで休みましたが、無事に治ったようでした。(^▽^) ホッ
昨日の反動で、今日は朝から「おなかすいた!なんかちょうだい!」とうるさいのですが、犬の下痢(まして原因が食べ過ぎによる消化不良なら。)には節食(ホントは絶食がベスト)と消化の良さそうなものを、少しずつ与えて様子を見ています。
昨日はずっと与えていたHB101が切れてしまい、ペット用も植物用も成分が同じなら大丈夫かな?と、新しいのが届くまでの間に合わせに、植物用のHB101原液を希釈して与えていたので、まさかそっちが?と焦りましたよ。(・ω・ ;)(; ・ω・)

 こちらは会社の同僚が、こたつでの居眠りで亡くなったという怖いツイです。
確か去年も似たような内容のtweetがRTされてましたが、ホントにこたつで眠り込むのは厳禁ですのでご注意ください。



 2016/4/4、お知らせ。
4月より、余命本シリーズの告知はサイドバーに移動しました。
余命の最新情報は、こちら(余命三年時事日記)からチェック下さい。

 9/15に元刑事で外国人犯罪対策講師、板東忠信さんの「寄生難民」が発売になります。
興味のあるビジター様は、各リンクをクリック下さい。(アマゾンへ飛びます。)


 朝日新聞の捏造による森友・加計学園問題を一刀両断した、小川榮太郎さんの徹底検証本です。


 2018/1/18発売、カミカゼ@じゃあのさんの初書籍「売国議員」です。(祝アマゾンベストセラー1位!)




 こちらは戌年にちなみ、イヌのつく植物の企画展が鳥取の県立博物館で開かれているというニュースです。
頭に動物名のつく植物は、食べられないものや役に立たないものが殆どだと言われてますが、「否=イナ」が転じて「イヌ」になったのなら然もありなんの話ですね。(´・∀・`) ヘー

「イヌ」が付く植物ご存じ?意外に多いです 読売新聞(以下、転載)

「イヌ」が付く植物ご存じ?意外に多いです
2018年01月20日 17時57分

 今年の干支えとにちなんだ企画展「戌いぬにまつわる植物」が、鳥取市東町の県立博物館で開かれている。

 同博物館が県内で採取した「イヌ」の名が付く植物の標本10点を展示している。2月12日まで。

 多年草の「オオイヌノハナヒゲ」は、その名の通り、花の一部が犬の鼻ひげのように見えるのが特徴。「イナ(否)」が転じた「イヌ」が接頭語となり、実の形がビワに似ているが味が及ばない「イヌビワ」、山椒さんしょうほどの風味がない「イヌザンショウ」なども紹介している。

 旅行で訪れたという京都市の主婦(63)は「イヌの名が付いた植物があるなんて知らなかった。新春らしい企画で楽しい」と笑顔。同博物館の清末幸久学芸員は「『イヌ』が付く植物はたくさんある。犬が身近な存在だったことの表れではないか」としている。

 入館料180円。期間中は22、29日が休館。問い合わせは同博物館(0857・26・8044)。





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

3
 来週初めに襲来する最強寒波のローカル予報にビビり、今日は朝から買い出し他に追われてました。
昨日の昼のローカル天気予報で、アナウンサーが「灯油や食べ物の買い出しは日曜までに済ませてください。」と真顔で言うのを聞いて、工エエェェ(´ロ`ノ)ノェェエエ工と固まった飼い主。
もしかして4年前の2月の豪雪(当地は50センチ以上の積雪で、綺麗に融けるまでひと月以上かかりました。)リターンズが有り得るかもと、急ぎ灯油や食料の在庫を確認しました。
東日本大震災以降、非常持ち出し袋は常備しているし、保存出来る食べ物は常に多めに買い置きするようにしているため、さほど切実ではないんですが、それでも来週末にまとめて購入予定だった、ドッグフードや米の在庫が少なくなってきていたので、取り敢えず近所で揃うものは買い足しておこうとなりまして。
ネットでポチのがお手軽ですが、今日注文しても届くのは早くて明後日…、もしかしたら大雪で流通がダウンする恐れがあるし、そうなると震災の時のトラウマ(水も燃料も食べ物もない。)が蘇ってきますからね。
台風と違い雪で足止めを食らうと、下手すれば一週間近く動けなくなるから、そのあたりも見積もって多めに買っておかないといけないだろうなぁ。(ー'`ー ; )

 以下は、まだ1月なのに…と突っ込んでしまった、今回の大雪予想の原因の「南岸低気圧」+猛烈寒波の天気予想図です。
エルミナ地方は昨夜からまたもや低温注意報発令中で、今朝の最低気温は−8.3℃でした。(どこのツンドラ。)orz
最強寒波がやってきたら、もっと冷え込むということですよね…。(滝汗)
(まぁ、今年は石油ストーブやカセットガスストーブがあるので、停電してもなんとか凌げる自信はありますが。)

 こちらは来週月曜からの福島県内の大荒れ予想です。
低気圧はもっと南よりに進む場合もあるので、大雪とまではいかないかもしれないけれど、低温は確実なんですよね…。(・ω・ ;)(; ・ω・)




 2016/4/4、お知らせ。
4月より、余命本シリーズの告知はサイドバーに移動しました。
余命の最新情報は、こちら(余命三年時事日記)からチェック下さい。

 9/15に元刑事で外国人犯罪対策講師、板東忠信さんの「寄生難民」が発売になります。
興味のあるビジター様は、各リンクをクリック下さい。(アマゾンへ飛びます。)


 朝日新聞の捏造による森友・加計学園問題を一刀両断した、小川榮太郎さんの徹底検証本です。


 2018/1/18発売、カミカゼ@じゃあのさんの初書籍「売国議員」です。(祝アマゾンベストセラー1位!)




 こちらは既に放送終了していると思いますが、わさおの飼い主菊谷さんがわさおに宛てた遺言が、天才!志村どうぶつ園で公開というニュースです。
この番組はどうも好きではなくて、殆ど見たことがないのですが、どんな感じで紹介されたんでしょうねぇ。

わさお飼い主の「遺言」を「志村どうぶつ園」で公開へ ライブドアニュース(以下、転載)

わさお飼い主の「遺言」を「志村どうぶつ園」で公開へ
2018年1月19日 6時0分

ざっくり言うと

20日放送の「志村どうぶつ園」で、わさおの飼い主の遺言を公開する
2017年11月30日に亡くなった飼い主から預かった最後のメッセージ
単なるペットと飼い主の枠を超えたパートナーとして絆があったという

“ぶさかわ犬”わさお、『志村どうぶつ園』で最愛の飼い主の最後のメッセージ公開
2018年1月19日 6時0分 オリコン

 “ぶさかわ犬”として映画や書籍などで注目を集めた“わさお”の飼い主・菊谷さんによる、わさおへの遺言が20日放送の日本テレビ系動物番組『天才!志村どうぶつ園』(毎週土曜 後7:00)にて公開される。8年間に渡って取材を重ねてきた番組スタッフが一昨年、菊谷さんから預かった最後のメッセージとは…。番組では“わさお”と菊谷さんの絆の軌跡を追う。

 青森県・鰺ヶ沢町で、最初は手のつけられない凶暴な野良犬として地元で有名だったが、そんなわさおを唯一手なづけて、引き取ったのが地元でイカ焼き屋さんを営んでいた菊谷節子さんさんだった。2008年にはブログ発信で名が知れ渡ることになった“わさお”の人気はイカ焼き屋さんに人を呼び、たちまち店は繁盛するようになった。

 しかし昨年11月30日に菊谷さんは永眠。わさおは菊谷さんが亡くなってからもずっと道路の方を見つめて耳を澄ませ、鼻を動かし、菊谷さんを探していた。わさおと“菊谷さん”の間には、単なるペットと飼い主の枠を超えたパートナーとして絆があった。番組ディレクターが青森に向かうと、そこには、“わさお”のお嫁さんとなった秋田犬、“つばき”の姿があった。

 実は元々体が丈夫でなかった菊谷さんは、何年も前からわさおの将来を心配。自分にしか懐かない“わさお”のため「家族」を作ってあげようと候補犬を募り、わさおのお嫁さんを選んでいた。「家族」を作ること。これが、菊谷さんが“わさお”への最大の贈り物だったのだ。そしてわさおに散歩の特訓をして、菊谷さん以外の人がリードを握っても、嫌がる事なく散歩に行けるようになった。

 そんな菊谷さんとわさおの姿を追い続けていたディレクターの手元には、1本のVTRがあった。それは、生前の菊谷さんから撮影を頼まれていた“わさお”への「遺言」。そこには菊谷さんがわさおに最後に伝えたかった言葉があった。そして現在のわさおの様子も明らかになる。






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

3
 かのんには、自分だけが友達のつもりでいる茶トラ猫(の友達)が居ます。
成人の日前後の朝の散歩の時、かのんを散歩させていたダンナに、猫の飼い主さんが話しかけてきた(話題は正月早々道端で、車に轢かれたタヌキを見たというシュールな内容だったらしい。(・ω・ ;)(; ・ω・)うちのご近所は住宅密集地で、裏山も林もないのに一体どこから来たのやら。)のがきっかけで、猫とかのんも仲良くなったらしいのですが…。
それから猫の日向ぼっこや散歩する姿を見るたびに、「あたち、いくの!いくの!」と妙なスイッチが入り、一人で大騒ぎしているかのんですが、猫からは完璧にスルーされてます。orz
サイトハウンドの習性で猫がかなり遠くに居ても発見し、イタ━━━(゚∀゚)━━━!!と興奮するのは仕方ないとして、猫が近くに連れ更にテンションが上がる(こっちはリードをひたすら強く引くのに必死。)一方なので、猫からすれば「ちょーうっとおしいヤツ」確定なんでしょう。orz
今日の散歩中も悠々と前から歩いてくる猫に対し、かのんが尻尾ブンブンでお出迎えしたものだから、猫はかのんの居るあたりだけ遠回りして、すーっと通り過ぎて行きました。(´;ω;`)トホホ
それでもへこたれず、「にゃんこ、にゃんこ!」とジタバタしていためげないかのんですが…、仲良くなりたいなら相手に合わせることを覚えれ、と説教したくなった飼い主です。
こと猫はうるさいのを嫌う(声の大きな子供や、動作の荒々しい人間には寄り付かないのが (ΦωΦ)様。)生き物ですから、興味津々でもじっと大人しく待つ必要があるんですけどね。
同じように(人と)猫好きだった初代ボルエルミナは、この辺の空気を読むのが非常にうまく(達人レベル)、猫の方から寄ってくることが多かったのですが、経験値がまだマイナスのかのんが、達人の域に達するまでにはどのくらいかかるのやら…。
(因みに二代目デコっぱ@ディアナは、猫も犬も嫌い、人も苦手【超おとーちゃん子で、ダンナがうちに居る時はほぼストーカーしてました。】な性格で、猫が近づく前に吠えてしまって逃げられること度々…、ま、三頭三様ですね。)

 こちらは殺処分数なら圧倒的に猫>>犬(平成28年度のデータがこちら。犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況 厚生労働省)だし、数もおかしいのに、RTされまくっているらしいですね。(´・ω・`) フーン
10年ちょい前某アイゴ団体と盛大にバトった経験のあるσ(・ω・)的には、「動物愛護」を標榜する団体は数多くあれど、まともな活動しているところはほんのわずかと断言して憚りませんて。



 2016/4/4、お知らせ。
4月より、余命本シリーズの告知はサイドバーに移動しました。
余命の最新情報は、こちら(余命三年時事日記)からチェック下さい。

 9/15に元刑事で外国人犯罪対策講師、板東忠信さんの「寄生難民」が発売になります。
興味のあるビジター様は、各リンクをクリック下さい。(アマゾンへ飛びます。)


 朝日新聞の捏造による森友・加計学園問題を一刀両断した、小川榮太郎さんの徹底検証本です。


 2018/1/18発売、カミカゼ@じゃあのさんの初書籍「売国議員」です。(祝アマゾンベストセラー1位!)




 こちらは保護猫で有名な福井の御誕生寺に、犬の新顔登場というニュースです。
ゴールデンで元盲導犬候補生なら、生活していく上での基本的な訓練はバッチリだろうし、性格もフレンドリーで穏やか(ゴルやラブは、口の中に握りこぶしを突っ込まれても噛まない犬種と言われてます。)だと思いますが、何しろサイズが大きいから…犬馴れしていない猫はパニックでしょうね。(・ω・ ;)(; ・ω・)

戌年の「猫寺」に犬が来た! 福井県越前市・御誕生寺 産経フォト(以下、転載)

戌年の「猫寺」に犬が来た! 福井県越前市・御誕生寺
2018.1.19 06:22

 猛烈な寒波による大雪で、真っ白に塗りつぶされた明け方の境内を、数匹の猫が足跡を残して歩き回る。福井県越前市の禅寺「御誕生寺」のいつもの光景。
 ところが今回は少しばかり様子が違う。望遠レンズ越しのファインダーに飛び込んできた大きな影…それは犬だった。



 曹洞宗の修行道場として平成14年、現在地に建立された御誕生寺だが、近年は「猫寺」として猫好きの間で知られる存在となっている。
 建築中、段ボール箱に入れられ境内に捨てられていた4匹の子猫を、板橋興宗住職(91)が保護したことが全ての始まりだった。

 その後、境内を動物愛護団体の譲渡会の会場として提供するなど、行き場のない命を受け入れつつ、新しい飼い主の元へ送り出す橋渡しをしてきた御誕生寺。

 そんな“猫寺”に戌年を前にした昨年11月末、なんと犬が仲間入りしたと聞いて、足を運んでみた。
 迎えてくれたのは、ゴールデン・レトリーバーの「アンディー」(雄2歳)。関西盲導犬協会(京都府亀岡市)から、盲導犬には向いていないと判断された「キャリアチェンジ犬」として御誕生寺が受け入れた。

■牧羊犬ならぬ牧“猫”犬?

 「盲導犬としての適正はともかく、人懐こくて優しい性格で、ほとんど吠えることもない、本当にいい子ですよ」猪苗代昭順副住職(43)はアンディーを撫でながら目を細める。
 確かに、日頃猫まみれの記者の取材に対しても極めて優しい、神対応ならぬ“仏”対応を見せてくれた。幼少期、実家で大型犬に囲まれて育った犬好きの“猫カメラマン”は、大昔の愛犬を思い出して「やっぱり犬もいいな」と独り言。
 寺の猫たちも徐々に、アンディーの存在を受け入れ始めているという。もちろん、人見知りな猫は一目散に逃げ出していく。かと思えばアンディーに寄り添って昼寝する猫も…。まるで牧羊犬、いや牧“猫”犬といった風情で猫たちに接している。

 もしかして、これからは犬も増えるのか?猪苗代副住職に訪ねると「御誕生寺という“水槽”に、猫という“金魚”が泳いでいるとイメージして下さい。その水槽の水質を保つために、様々な要素が(御誕生寺に)存在しています。福井の自然、僧侶や参拝者などの人間…、その中の一つとして犬(アンディー)を入れてみたんです」という答えが返ってきた。やはり御誕生寺はあくまでも“猫寺”なのだ。

 SNS等を通じてアンディーの存在を報告したところ、早くも「アンディーに会いに来た」という参拝者も増えているという。
 「この子(アンディー)にとって、御誕生寺に来て幸せになったという結果にしたいし、そうなるでしょう。そして、境内で自由に過ごす猫たちも、縁を結んで新しい飼い主の元へ巣立って行きます。無理にとどめる事は考えていません」と猪苗代副住職は口元を引き締めて語る。
 同感だ。アンディーの“第二の犬生”は、間違いなく幸せあふれた日々となるだろう。もちろん猫たちも…。
 雪が強く降り始めた午後、広い境内を元気に走り回るアンディーに別れを告げて、馴れない雪道運転で帰路に就いた。
(写真報道局 尾崎修二)

■参拝に際して御誕生寺からのお願い

 御誕生寺には犬を極端に恐れる猫も少なくありません。盲導犬・聴導犬・介助犬を除く、一般の家庭犬を伴って境内に立ち入る事は堅くお断りしております。何卒ご了承ください。







3
 ふと思い立ち、先日100円ショップでかのん用の縫いぐるみを買ってきました。
仔犬から飼った今までの二頭は、縫いぐるみに夢中になるのはせいぜい2歳まで(デコっぱ@ディアナは、カミカミ要員として常々マイ縫いぐるみをキープしていたけれど、遊ぶことはなかった。)で、その後は与えてもすぐに飽きて放り出してしまうことが殆どでした。
かのんはうちに来た時既に2歳9ヵ月前後で、おもちゃに興味を持つ年頃でもあるまい…と、勝手に決め付けていた飼い主だったのですが。
その後の再トイレトレーニングや散歩デビューなど、かのんの犬生やり直し(?)作業しているうちに、もしかしたら本来仔犬期に済ませる(べき)ことを、全くさせて貰えなかったのではと、今更ながら気づきました。
ペット里親会さんから引き取る際にも、「ケージ暮らしが長かった犬なので、いろいろと不都合なことがあるかもしれません。」と伺っていたのですが、当初は排泄リズムの改善などフィジカル面の優先事項が山盛りで、そっちにばかり気を取られていたんですね。
それから三ヶ月余、排泄が普通の家庭犬並みになり、弱っていた足腰は日々の長い散歩で鍛えられ、元気過ぎるくらい元気になった今、いよいよ(?)メンタル方面の課題が出てきたということで…。(ー'`ー ; )
かのんは無駄吠えなし、他犬に対する衝動的な行動(稀に犬の脳の病気で『激怒症候群【詳しくはこちら。レイジ・シンドローム(突発性激怒症候群)について ライブドアニュース】』があるので、愛犬が攻撃的でかつ興奮しやすいと感じているなら、動物病院での検査をお奨めします。)もなしで、盗み食いなども全くないので、一応精神面は年相応に育っていると思っていたんですね。
ところが縫いぐるみをあげてから、自分の行く先までくわえて移動する姿を見て、「あー、そうだったのか…。」と申し訳なく思った飼い主です。orz
ボルゾイは元々持来欲がなく、何かを放り投げて「モッテコイ」をさせようとしても、投げたものを追いかけることはあっても(サイトハウンドの習性)、くわえて持ち帰ろうとはしない犬です。
(飽きっぽいというより、他犬種に比べものに対する執着が少ない気がするのは、元がお貴族様の犬だからかもしれません。←食べ物に関しても同じ。)
おそらくかのんは初めての自分専用の縫いぐるみが素直に嬉しいのと、これは「あたちの!」というアピールを(他の犬に対して)しているのだと思います。
そういえばおやつに与えた牛皮のガムを、なぜか一気食い(大型犬用の骨ガム等なので、噛んでは放置を繰り返し、数時間〜数日かけて齧るのが普通。)してしまうことが多く、消化不良を起こさないかハラハラしてましたが、それもこれもケージでの多頭飼いの名残(その時食べておかないと、次はいつ貰えるか分からない不安から。)なのかもしれません。
心あるブリーダーなら、この辺りまでちゃんとケアした上で繁殖しているんでしょうけどね。(ノ_・、)

 こちらはロシアのヤクーツクで−65℃工エエェェ(´ロ`ノ)ノェェエエ工を記録したという、とんでもない猛烈寒波のニュースです。
BSのワールドニュースでも、イギリスの降雪(スコットランドやイングランド、北アイルランドなどでも積雪とか。イギリスの冬はメキシコ湾流のお陰で、比較的暖かなはずなのに。)やアメリカの大寒波リターンズが繰り返し流れてますが、このスーパー寒気団が来週日本にやってくるんですよね…。((((;´・ω・`)))



 2016/4/4、お知らせ。
4月より、余命本シリーズの告知はサイドバーに移動しました。
余命の最新情報は、こちら(余命三年時事日記)からチェック下さい。

 9/15に元刑事で外国人犯罪対策講師、板東忠信さんの「寄生難民」が発売になります。
興味のあるビジター様は、各リンクをクリック下さい。(アマゾンへ飛びます。)


 朝日新聞の捏造による森友・加計学園問題を一刀両断した、小川榮太郎さんの徹底検証本です。


 2018/1/18発売、カミカゼ@じゃあのさんの初書籍「売国議員」です。




 こちらは東京都内でも高病原性鳥インフルエンザウィルスが検出されたという、怖いニュースです。
少し前の記事にも書きましたが、野禽の死骸などを見つけても、決して触ったりせず最寄りの保健所への連絡を徹底してください。
(犬の散歩時には、鳥の糞等にも注意することをお忘れなく。)


東京都内でも高病原性鳥インフルエンザ 大田区の野鳥から検出 ハザードラボ(以下、転載)

東京都内でも高病原性鳥インフルエンザ 大田区の野鳥から検出
2018年01月17日 17時26分

 今月5日、東京・大田区の公園で見つかったオオタカ1羽から、感染力が高い高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたとして、東京都はきょう午後、関連省庁や専門家を集めて緊急対策会議を開いた。

 このオオタカは、今月5日に大田区内の公園で死亡しているのが見つかったもので、都の職員がその場で簡易検査を行ったところ、陰性反応が出たが、国立環境研究所の遺伝子検査で、A型ウイルスが検出された。その後、農研機構が詳細な検査を行った結果、高病原性のH5N6亜型ウイルスと確認された。

 環境省はオオタカが見つかった周辺10キロ圏内を野鳥監視重点区域に指定し、19日に専門家を現地に派遣し、死亡したり異常な個体はいないかどうか、野鳥の生息状況を調査する

 東京都は、築地の中央卸売市場の監視体制を強化するとともに、都が管理する道路や河川、港湾施設、水道施設の野鳥についても、監視を強化するよう指示した。

 鳥インフルエンザは、感染した鳥と濃密な接触をしない限り、通常ではヒトに感染しないと考えられている。野鳥の死体を見つけても近づかず、最寄りの保健所などに連絡してほしい。万が一、野鳥の排泄物に触れた場合は、手洗いとうがいをしっかりしてほしい。





3
 今日は昼前から雨が降っているエルミナ地方。
雨は雨でも昨日のように朝方の冷え込みはなしで、今日は朝っぱらから転ぶこともなく、無事に散歩を済ませることが出来ました。\(^o^)/ヤッター!
三月並みの気温のお陰でしつこく残っていたアイスバーンがほぼ消滅、夜の散歩で滑る(…ことは滅多になくなっていたんですが、昨朝のすってんころりんで自信がなくなりました。orz)心配もなくなりました。
昔かのん同様散歩が大好きだった初代ボルエルミナが元気だった頃、冬のアイスバーン対策に登山用のアイゼンを買おうかと真剣に悩んだことがあったのですが、この先また大寒波来襲となったら、今度こそはポチってしまいそうな自分…。(´;ω;`)トホホ
エルミナも散歩好き(死因の病的骨折の原因は、散歩に行きたいのに思ったように動かない自分の足に業を煮やし、開けた窓から飛び出して凍った庭で転倒したためでした。)で、雨だろうと雪だろうと毎日1時間以上散歩していましたが、今から15年前くらいまでは当地も積雪が多く、新雪→圧雪→アイスバーンがそこここに出来上がって居たんですね。
これが恐ろしいくらいツルッツルで、体重をかけただけで犬もろとも素っ転ぶこと度々、鋲付きの雪靴でもどうにもならず…。
(自分もだいぶ痛い目に遭ったけど、細っこかったエルミナが骨折するんじゃないかと気が気でなかった。)
その後(2005年頃〜)は比較的暖かい冬が続き、2010年にエルミナを送って同年秋に二代目デコっぱ@ディアナを迎えてからは、犬自身が散歩嫌いだったこともあって、アイスバーンは殆ど気にならなくなっていたんですが…。
(デコっぱは、『あめ、いやーーー!』『ゆきはつめたいからいやーーー!【でも、庭なら喜んで遊ぶのがおかしい。】』と、何かにつけて散歩をサボりたがる犬で、長くても30分が関の山でした。)
まさか三代目ボルゾイのかのんが、ここまでの散歩好き(10km歩いてもケロッとしてる。)とはつゆ知らず、色んな意味でデコっぱとの違いを痛感させられているこの頃です。
「散歩!」と言っても無反応だったデコっぱ(行きたくない時は、ハウスに篭るという力技まで繰り出してた。ヽ(`Д´)ノ オイッ!)と、同じ掛け声で玄関前まですっ飛んできて、ドアに頭を押し付けて「あけれ!、あけれ!」と全身で訴えるかのん…。orz
足して二で割ったらちょうどいい感じなのになと、ボヤきたくなる最近の飼い主でありました。(´・ω・`)=з

 こちらはBSのワールドニュースの、「ICE FLOOD」(氷の洪水)なる謎のタイトルのニュースで知った、見る見る凍りついていく川の画像です。
この後、凍った川の氷が細かく砕け、流氷のように堤防を越えて流れ出すのが上記の「ICE FLOOD」なんですが、動画で見てもいまいち信じられませんでした。
(アメリカを襲った大寒波は、約二週間遅れで日本にもやってくるので、来月上旬の日本もエラいことになりそうですね…。(ー'`ー ; ))



 2016/4/4、お知らせ。
4月より、余命本シリーズの告知はサイドバーに移動しました。
余命の最新情報は、こちら(余命三年時事日記)からチェック下さい。

 9/15に元刑事で外国人犯罪対策講師、板東忠信さんの「寄生難民」が発売になります。
興味のあるビジター様は、各リンクをクリック下さい。(アマゾンへ飛びます。)


 朝日新聞の捏造による森友・加計学園問題を一刀両断した、小川榮太郎さんの徹底検証本です。


 2018/1/18発売、カミカゼ@じゃあのさんの初書籍「売国議員」です。




 こちらは阪神淡路大震災から、今日で23年というニュースです。
あの日飼い主は初代のMacで朝からテキスト入力をしており(朝、テレビをつける習慣はなし。)、昼前につけたテレビのニュースで被害を知りまして…。
倒壊した家屋やビルの間から立ち上る何本もの炎の渦(火災旋風)が、まさか日本で起こったこととは信じられず、しばらく呆然としていた記憶があります。
当時は今ほどネットが普及してませんでしたから、情報はテレビか新聞か雑誌のみでしたが、それでもTIME誌(英語版を定期購読してました。)の阪神大震災レポが、日本のメディアのそれとは全くかけ離れていたのが衝撃でした。
あの年は春に地下鉄サリン事件が発生、日本の誇る安全が一気に崩れ去った年でもありましたね…。R.I.P.


各地で鎮魂の祈り=教訓継承、決意新たに−阪神大震災23年 時事ドットコム(以下、転載)

各地で鎮魂の祈り=教訓継承、決意新たに−阪神大震災23年

 6434人が亡くなった阪神大震災は17日、発生から23年になった。兵庫県内の各地で追悼行事が営まれ、鎮魂の祈りがささげられた。被害が大きかった神戸市では震災を経験していない市民が4割を超える。南海トラフ巨大地震の脅威にも向き合う被災地は、記憶や教訓を語り継ぐ決意を新たにした。
〔写真特集〕阪神大震災

 神戸市中央区の公園「東遊園地」では、NPO法人などが追悼の集いを開き、約3700人が参加した。竹灯籠に火がともされ、「1995 伝 1.17」の字が浮かび上がった。地震発生時刻の午前5時46分には遺族らが黙とう。犠牲者の冥福を祈った。

雨が降る中、阪神大震災の発生時刻に合わせて黙とうする人たち=17日午前5時46分、神戸市中央区の東遊園地
 追悼式では、次男を亡くした同市の崔敏夫さん(76)が遺族を代表し、「震災体験者として語ることが私の原動力。息子の分まで頑張ることが私の使命だ」と追悼の言葉を述べ、記憶の継承に尽力することを誓った。(2018/01/17-10:38)





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

↑このページのトップヘ