ボルゾイ暮らしトコトコ新聞2019

元祖「福犬」ボルゾイの故「エルミナ」、二代目福犬駆け出しの故「ディアナ」、三代目保護ボルの「かのん」と、飼い主の日常です。

4
「ボルゾイ、またはサルーキ等の里親募集」という検索ワードで、当サイトへお越しのビジター様が多くいます。
そういう人たちのために、里親募集記事を上げて表示しておくことにしました。
ボルゾイやサルーキ等サイトハウンドの里親募集でお越しの方は、下記リンクをご参照ください。
里親様と犬の双方に良きご縁がありますように。(-人-)

 こちらは静岡の「その小さないのち守りたいプロジェクト」さんから、サルーキの女の子の里親募集です。
興味のあるビジター様は、こちらもリンク先サイト内にある、里親募集メールフォームからお問い合わせください。
NEW!サルーキの女の子里親募集(2018/7/7更新、画像追加しました。)
image
lai_1
lai_2

ライ
サルーキ
女の子4歳
血液検査、ワクチン・体内外駆虫済みフィラリア(-)
色白美人の繊細女子 長い手足で甘えます。
他のワンコと一緒に遊びます。
皮膚の状態も保護当時より良くなりましたが、
皮膚が癒着できない恐れがあり、避妊手術が出来ません。


【緊急!】サルーキの迷子犬情報。(2014/10/19更新)

横浜市内で首輪のないサルーキを見かけたというメールを戴いたkazuさんから、昨夜画像が届きましたので、記事と合わせてアップしました。
心当たりのあるビジター様は、当記事のコメント欄かサイドバーのメールフォームからご連絡下さい。

サルーキ2014-10-17


迷い犬?

先程、
2014/10/17
14時半頃
首輪無しのサルーキ
を目撃しました。

場所は、
神奈川県横浜市旭区川井本町付近でした。

もし緊急で
飼い主さんがお探しでしたら。
コチラにご連絡を。
090-****-****

写真も撮りました。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2015/1/22追加。
福島県の大きさ、広さを理解出来ない他県民の皆様へ、 (*^ー゚)b GJ!!なツイを貼っておきます。


2011/6/17追加。
原発事故の警戒区域内等で保護された犬たちの、飼い主さん探し動画です。
心当たりのあるビジター様は、是非お問い合わせください。

♪ここにいるよ。〜飼い主を、待っています。@You Tube


2011/3/26追加。(3/28修正)
J-CASTニュースが福島県の被災地情報特集ページを作って下さいました。(拝借したバナーがリンクになっています。)

shinsai_area07-1





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

3
 一昨日午後の水下痢以降、絶食(18日夜)、ヨーグルト少し(19日朝)、デビフ缶小1個(19日昼)、ジャガイモと牛ひき肉のスープご飯(19日夜)と、徐々に食事量を増やして様子見中だったかのんさん。
途中どこかでピー復活なら、再び絶食からやり直すつもりでいましたが、今回はそれもなく、今朝(20日朝)は今まで通りの半流動食(少なめ)になりました。
ついこないだまで「ごはん、ほしくない。」と半分以上残すことが多かったかのんですが、今朝はさすがにおなかが空いていたようで、朝ご飯は完食でした。
残るはお出ましですが、ほぼ丸一日食べていない状態でしたから、早くて今日の夕方か、明日以降になりそうです。
これが普通になれば、固いおやつ(というよりも、犬のおやつで柔らかい目なのは、シニア向けのしかないんですよね。なぜ?)も解禁ですが、かのんの場合、ガムや豚耳などの固いデンタル系おやつを、よく噛まずに飲み込んでの消化不良が圧倒的に多いので、上げない方がいいのかなと思ったり。(ー'`ー ; )
これでもうちに来てからだいぶ改善されたと思うのですが、かのんの食に対する執着は半端なく、来た当初はご飯を置く→速攻で完食でした。
保護先のペット里親会スタッフさんから、あまり食いつきが良くない(特に朝は)と聞いていたのですが、うちに来てからは出されたものはほぼ完食(多分、これも消化不良の一因だったと今では思う。)で、おやつも物凄い勢いで平らげてました。
今までの二頭はそこまで食べ物に必死になることはなく、あまりのギャップに困惑した飼い主ですが、それもこれもかのんの生い立ちから来ているものなんだろうなぁと最近では思っています。
慢性化しかけた下痢(今も突発で起きてますが。)も、異常な食いつきが原因だったとしたら、食欲が少し落ち着けば完治しそうな気がしますしね。
あ、でも、食いつきの良さのお陰で、ガリガリだった肋が触って分かるくらいまで肉が着きました!
これは嬉しいです。ヾ(=^▽^=)ノ

canon20190420
 画像は散り気味の桜とかのんさん。
今年の桜は風雪(文字通り)にさらされた割に、昨年より十日以上花が保ちました。
画像は突風吹き荒れる中で撮ったので、かのんの被毛が棚引いてます。


 愛保守書籍のご紹介です。
(余命三年時事日記は、サイト閉鎖状態であるため、リンク解除しました。)

 朝日新聞の捏造による森友・加計学園問題を一刀両断した、小川榮太郎さんの徹底検証本です。


 2018/1/18発売、カミカゼ@じゃあのさんの初書籍「売国議員」です。(祝アマゾンベストセラー1位!)


 2018/3/10発売、井上太郎さんの「公安情報」本です。(祝:発売前重版決定!)


 2018/4/13発売(祝:発売前に重版決定!)、カミカゼ@じゃあのさんの売国シリーズ(?)第二弾「売国官僚」です。


 2018/9/22発売(祝:発売前にAmazon政治ジャンル1位獲得。)、カミカゼ@じゃあのさんの第三弾「売国議員とマスコミ」です。


 2018/11/12発売予定(祝発売前に5万部の増刷決定!)、百田尚樹さん渾身の「日本国紀」です。



 こちらは中国産の甘酢らっきょうから、基準値6倍の殺虫剤が検出というニュースです。
当初回収予定の発売元が廃業したため、神戸市が情報提供とのことですが、当該商品がお手元にあるという方は食べないでそのまま取り置きください。
記事を読むと農薬が含まれていたのはらっきょうではなく、塩の方とありますが…、塩にどうやって農薬が混じるんですか???

中国産甘酢らっきょうから基準値6倍の殺虫剤 「十一ブランド」の黒田食品が廃業 ハザードラボ(以下、画像も転載)

中国産甘酢らっきょうから基準値6倍の殺虫剤 「十一ブランド」の黒田食品が廃業
2019年04月19日 18時07分

img_index03
十一のらっきょうシリーズ13品目で残留農薬検出される(黒田食品ホームページより)

 兵庫県神戸市の漬物メーカー「黒田食品」が中国から輸入した「甘酢らっきょう」に食品衛生法で定められた基準値を超える農薬が含まれていたことが明らかになった。当初、黒田食品が自主回収を行う予定だったが、事業継続が困難だとして廃業が決定。本社がある神戸市が代わって注意を呼びかけている。

 残留農薬が検出されたのは「十一の甘らっきょう」(90g、130g、1キロ)や「十一のピリッと辛いらっきょう」(90g、130g、270g)など全13品目。

 消費者庁や神戸市によると、同社が自主検査した結果、法律で定められた基準値(0.01ppm)の6倍にあたる0.06ppmの「イソプロカルブ」が検出された。同社は当初、自主回収を行う予定だったが、自主回収の資金や人材確保のめどが立たず、事業の継続は困難だと判断して、法的手続きに移ると発表した。

 この決定を受けて現在、神戸市が販売先リストを入手して関係自治体に向けて情報を提供し、食べないよう消費者に呼びかけている。これまでに被害の届け出はなく、今回検出された農薬の量は、体重50キロの人が生涯毎日2キロ食べても健康への影響が出ない程度だという。

 一方、甘酢らっきょうの輸入代行を行った東海澱粉は、「3月6日に黒田食品から残留農薬の報告を受けて、中国の現地工場の調査に同行したが、らっきょうの塩漬け原料からは農薬は検出されておらず、甘酢らっきょうの製造過程で加えた食塩に含まれていた可能性がある」と見解を述べている。





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

3
 昨日はえらいこっちゃだったかのんの腹具合は、その後落ち着いているようです。
昨夜と今朝は絶食(朝は無糖ヨーグルト少しだけ。)、昼にデビフのササミ缶(小)を上げてみましたが、特に下ったり吐いたりすることはありませんでした。(^▽^) ホッ
(昨日のピー騒動後悪化防止に、下痢止めを飲ませておいたのが効いたらしい。)
昨夜はかなりおなかが空いていたらしく、諦めて眠るまでずーっと涙目で「わたち、ものすごくおなかへってる!」とアピールしてましたが、胃腸が回復しないうちに食べさせると、振り出しどころかマイナス(血便)になってしまうので、ここは心を鬼にしてスルーを決め込みました。
とことん空腹になると黄色い胆汁を吐くことが多い犬ですが、今朝のかのんはそんなこともなく、特大サイズのペットシーツだらけ(昨夜寝る前にかのんに腹巻などを着せた際、おなかの音が凄まじかったそうで、これは確実にやらかすなと思い、ペットシーツを敷けるだけ敷いたらしい@ダンナ。)の部屋で、ケージにこもって眠ってました。
体調も迷惑なくらい元気で、昨日の下痢騒ぎは何だったんだと突っ込みたくなるくらいですが、そこは気を緩めずもう二、三日は様子見で過ごしたいと思います。

yaezakura20190419
 画像はようやく咲き始めた、うちの庭の八重枝垂れ桜@携帯です。
今年は花芽がいっぱい付いたようなので、花見らしいことが少しは出来そうな気がしてます。(ΦωΦ)ふふふ

 こちらは(´・∀・`) ヘーと感心した、アメリカの税金控除の話です。
日本でもふるさと納税と併用してくれるといいんだけどな。


 愛保守書籍のご紹介です。
(余命三年時事日記は、サイト閉鎖状態であるため、リンク解除しました。)

 朝日新聞の捏造による森友・加計学園問題を一刀両断した、小川榮太郎さんの徹底検証本です。


 2018/1/18発売、カミカゼ@じゃあのさんの初書籍「売国議員」です。(祝アマゾンベストセラー1位!)


 2018/3/10発売、井上太郎さんの「公安情報」本です。(祝:発売前重版決定!)


 2018/4/13発売(祝:発売前に重版決定!)、カミカゼ@じゃあのさんの売国シリーズ(?)第二弾「売国官僚」です。


 2018/9/22発売(祝:発売前にAmazon政治ジャンル1位獲得。)、カミカゼ@じゃあのさんの第三弾「売国議員とマスコミ」です。


 2018/11/12発売予定(祝発売前に5万部の増刷決定!)、百田尚樹さん渾身の「日本国紀」です。



 こちらは当ブログでも時々アップしている、劣悪繁殖業者の記事です。
うちのかのんもここまで酷くはないにしろ、繁殖犬として二年半「自称」ブリーダーの元で過ごしてました。
以前悪徳ブリーダーへの質問の回答で、「犬一頭で○万円!それだけだ。」みたいな捨て台詞を見たことがありますが、こんな繁殖業者は犬猫=生き物ではなく、犬猫=金銭にしか見えないのでしょうね…。(´・ω・`)=з
動物虐待の厳罰化だけでなく、悪徳繁殖業者への登録取り消し、罰則などもがっつりやってほしいものですが、本当に仕事しろ、環境省ですよ。(#゚Д゚)凸

営利目的の無理な繁殖「パピーミル」の実態 PETomorrow(以下、転載)

営利目的の無理な繁殖「パピーミル」の実態

■営利目的の無理な繁殖「パピーミル」の実態

私たちとペットが巡り会うための窓口としては、主に3つの経路が存在しています。
1つが譲渡会や愛護センターで引き取るというもの。
2つ目が捨てられていた子を偶然拾うという選択。
そして3つ目が、恐らく一番メジャーな窓口。お金を出して購入し、家族に迎えるという選択です。
この、購入するという手段でのペットのやり取りについては賛否ありますが、個人的にはそれはあまり論議しても意味がないことだと思います。
需要があるから供給されているだけの話で、売っていれば買う人は、いつの時代もいました。
さて、昨今ではペットショップなどに入荷される動物たちは、ブリーダーが丹精込めて繁殖・成育させた個体ばかりです。しかし中には、ただただお金だけが目的で繁殖をさせている悪質なブリーダーも、悲しいことに存在しています。
こういったブリーダーのことを、パピーミルと呼ぶそうです。

■パピーミル、その定義って?

パピーミル。ちょっと聞きなれない言葉ではありますが、その意味するところは「子犬工場」。英語ではpuppy millと書きます。ものすごく単純に定義すると、とことんまで営利目的だけを追求し、母体に無理させてでも繁殖させているブリーダーといったところでしょうか。
通常、問題のないブリーディングをする人々のことはシリアスブリーダーなんて呼んでいまして、こういったブリーダーは血統を存続させることを目的とした活動を行っています。
そのため繁殖の頻度は営利目的によって決められているものではなく、とにかく母体に無理をさせることをよしとしません。
純粋に、派生した品種の安定的な個体数維持を目的にしているというわけですね。
ところがパピーミルの場合は全く逆の考えで、母体はただの生産工場。生まれた子供は商品という考え方に傾倒していて、そこに命への敬意というものはあまり備わっていません。
その繁殖させるための環境も劣悪な場合が多く、設備は不十分で狭く、非衛生的ということがほとんど。みなさんもニュースでしばしば目にすることもあるかもしれませんが、実態はとにかく酷いものです……。

■世界中で倫理的に問題視されているパピーミル

生き物を商売の種にするというのは、個人的には度が過ぎていない限りは問題ないと筆者は考えています。需要があれば供給するというのは、当たり前の原則ですし……。
実際、アクアリウム愛好家の大半は、日本在来の魚ではなく、流通している海外の熱帯魚を観賞目的に購入するのが当たり前となっています。
ただ、それってあくまでも倫理的に問題が生じない程度に留めるべきなんですよね。
たとえば最近では、原産地から無理に連れて来られたカワウソが日本でも出回っていることが大変な問題になっています。
今カワウソが人気だから、現地の家族から無理矢理引き離し、アタッシュケースにぎゅうぎゅう詰めにしてでも国内に持ち込んで売る。こんなの最悪です。
生体を販売するにせよ、ブリーダーが繁殖させた個体を、原産地の頭数とは無縁の状態で無理のない範囲で販売する。
これが最低限の適正な供給方法ではないでしょうか。
そこへ行くとパピーミルはカワウソを密輸する人々と根底が同じなんですよね。原産地から動物を無断で奪い取っていないだけで、やっていることは生命の軽視でお金儲けのことが第一に優先されてしまっています。
また、パピーミル問題を語る上で欠かせないポイントがもう一つあります。
それは、パピーミルを運営している人物が「儲からない」と判断したら、残っている生体をまるごと遺棄するという事例も過去に先進国各地で発覚している点です。
これは国としてもあるまじき行為で、世界的な動物福祉の流れにも逆行するようなもの。動物はSOSを言葉で発することができませんので、たとえばどこかの河川敷などで子犬の大量遺棄が発生しても、すぐに実態が解明しにくいところも、悪質なんですよね。

■おわりに

残酷な仕打ちを強いるパピーミル。現在の日本でどの程度パピーミルにあたるような繁殖スペースが存在しているのか、その実態は不明瞭です。
だからと言って野放しにしていると、いつまでも大量遺棄や母体を無視した大量繁殖から来る供給過多は終わることがありません。
とにかく日本では、外来種として日本に定着する可能性の高い動植物についての規制の動きは迅速なのですが、犬猫のブリーディングについての監視の目はいささか緩慢です。
そのために、犬猫の生体小売業については、現状では特別に強力な規制もないのが実情です。
いい加減官民あげて、実態解明に取り組む時期に差し掛かっているのかもしれません。
文/松本ミゾレ






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

3
 昨日未明に下痢をしたかのんは、半日絶食し、様子見中でした。
夜になっても催す気配がなかったので、ごく少量のご飯をスープ状に薄めたものを与え、そのまま今日の昼過ぎまでは何事もなかったのですが…。
午後の家事が済んで一息つこうと飼い主が思っていると、ケージの中からおずおずとかのんが出てきて、目の前でしゃがみ始めました。(!)
こりゃ、ヤバイ!と外に連れて行こうとした途端、逆方向のソファーの上に逃げられその場でピー(水下痢)…。orz
(ソファーの上には座布団&布カバー、その下にペットシーツまで敷き込んであったので、ソファー本体は無事でしたが。(ヽ´ω`) ゲッソリ)
最近の毛吹きの良さが仇になり、○んちで尻尾まで汚してしまったので一旦外に出し、犬を係留している間に、中の汚れたものを速攻で外に出し(○んちは全て水で流し、たらい一杯のオレンジエックス希釈液に投入。)、吸水タオルとシャンプーを持って、かのんを部分洗いしました。
犬を洗い終えドライヤーを当て(再度汚されないよう、ケージの中には事前にスーパーワイドサイズのペットシーツを敷き込み。)てからうちに入れ、念のためソファーにもオレンジエックス液や除菌スプレーを吹き付け、オレンジエックス浸しの座布団や布カバーを二度手洗い。
その後更に洗濯機で洗って…、どうにか人心地つきました。ホッ (´・ω・`)=3
…こういう風に時系列表記をすると、さも時間がかかったように感じますが、最初のピーから最後の洗濯まで正味30分足らずです。
かのんの下痢が酷かった頃は、一週間に一度(以上)はこの繰り返しだったので、度重なる後片付けで自ずと鍛えられてしまったようです。(・ω・ ;)(; ・ω・)
犬は部分洗いされた後ケージにこもってふて寝してますが、今晩からまた半日以上絶食で様子見だなぁ…。
(今朝までピーがなかったので、油断して普通の朝ごはん【量は少なめ】とおやつを与えたのが拙かった…、反省です。)

 こちらは滋賀県警初、小型警察犬(トイプードル)誕生のニュースです。
嘱託なので、普段は普通の家庭犬として過ごしているのでしょうが、事件が起きたら即出動ということになりますね@マルくん。



 愛保守書籍のご紹介です。
(余命三年時事日記は、サイト閉鎖状態であるため、リンク解除しました。)

 朝日新聞の捏造による森友・加計学園問題を一刀両断した、小川榮太郎さんの徹底検証本です。


 2018/1/18発売、カミカゼ@じゃあのさんの初書籍「売国議員」です。(祝アマゾンベストセラー1位!)


 2018/3/10発売、井上太郎さんの「公安情報」本です。(祝:発売前重版決定!)


 2018/4/13発売(祝:発売前に重版決定!)、カミカゼ@じゃあのさんの売国シリーズ(?)第二弾「売国官僚」です。


 2018/9/22発売(祝:発売前にAmazon政治ジャンル1位獲得。)、カミカゼ@じゃあのさんの第三弾「売国議員とマスコミ」です。


 2018/11/12発売予定(祝発売前に5万部の増刷決定!)、百田尚樹さん渾身の「日本国紀」です。



 こちらは二週間ほど前に当ブログにもアップした、茨城の動物保護NPOに対するデヴィ夫人の見解に関する記事です。
自分たちの手に余る事態なのが分かっているのなら、なぜもっとも早く助けを求めなかったのか、管理側の決断力のなさが悔やまれます。
(…と言うより、このNPO、自治体からの改善命令後も何の対応もしなかったんですか?杜撰過ぎるのでは…。)

デヴィ夫人が茨城NPO法人の動物虐待に激怒「法律の改正が急務」 東スポWEB/Yahoo!ニュース(以下、転載)

デヴィ夫人が茨城NPO法人の動物虐待に激怒「法律の改正が急務」
4/18(木) 10:48配信 東スポWeb

 タレントのデヴィ夫人(79)が18日、ブログを更新し、動物虐待に言及した。

 かねて犬や猫を愛し、自ら犬の散歩も行っているデヴィ夫人。ブログでは「動物虐待『動物保護施設の多頭飼育崩壊』の現場」と題し、茨城のNPO法人による悲惨な虐待飼育の現状を報告した。

「一年前から内部の様子を知る者は夏は暑くなり臭さが酷くなり雨が降るとずぶ濡れになる犬、死ぬ犬や猫が増え、糞尿まみれのケージから出してもらえずにいる小型犬たち、糞尿まみれのケージの中で腸内環境が悪化してお腹にガスが溜まり動けなくなってしまったチワワ、病院に行けば助かる犬猫も治療もしないでほったらかしで死んでいる犬猫もいるとか。おまけに、糞尿が堆積して、まさしく環境は劣悪! これはまさに虐待に他なりません」と厳しく批判した。

 2月には同施設に対し、動物指導センター(茨城県動物愛護促進課)による指導が入ったものの、環境は劣悪なままで動物の虐待は続いている。

 デヴィ夫人は「このNPO法人だけの問題ではなく、まさに氷山の一角かもしれません」との見解を示した上で、法の壁が改善へのさまたげになっていると指摘。

「今すぐにでもこうした犬猫を救い出したいものですが、今の動物愛護管理法では施設廃止や動物保護の措置を取れないのです。可愛そうな犬猫の命を守るためにも法律の改正が急務なのが実情です」と訴えた。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

3
 昨日「腹具合がだいぶ落ち着いてきたので、半流動食から普通の犬ご飯に切り替えた。」と書いたばかりでした…が。
今朝起きてきたら、いつになくペットシーツがごちゃごちゃになっており、これはもしや!と薄暗い中確認したら…やらかしてました。orz
不幸中の幸いはピーだったにもかかわらず、ほぼ全てペットシーツの上で済ませていた(ほんのちょっとだけはみ出してましたが、防水マットの上だったので不問。)ので、さほど片付けが大変ではなかったのですが…。
今回の原因は、ここ二日の普通のご飯(殆どパスタ飯で、ほぼ完食。)か、昨日の昼に与えた大きめの豚耳か、はたまたこのところの甚だしい気温差(飼い主もちょっとダメージ受けて、ゴホゴホしてます。)か、心当たりがあり過ぎるので、取り急ぎ胃腸を休ませるため、朝は絶食(乳酸菌サプリだけ、いつもの倍与えました。)、昼は大さじ3杯程度の無糖ヨーグルトのみで様子見中です。
有難いことにその後悪化の気配はなく、出るのは小ばかり(かのんは大腸の働き【水分の吸収】が悪いとおなかを壊すらしく、下痢が酷い時はおしっこの回数が激減します。)なので、一時的な食べ過ぎか、消化不良で治りそうです。(^▽^) ホッ
昨夜ご飯は完食したのに、異常にクレクレうるさかった(夕方の散歩の時の○んちがやや緩めで、ご飯を少し少なめにしたのが悪かったか。)のは、たぶんピーの前兆だったんでしょうね。
しかし「腹も身の内」なんだから、もう少し考えて食べて欲しいものですわ。(´・ω・`)=з

tulip20190417

 画像は、今日の散歩の際通りがかったあるお宅の庭です。
満開のチューリップが豪勢で思わずシャッターを押してしまいましたが、最近のチューリップは茎丈が短いんですねぇ。



 愛保守書籍のご紹介です。
(余命三年時事日記は、サイト閉鎖状態であるため、リンク解除しました。)

 朝日新聞の捏造による森友・加計学園問題を一刀両断した、小川榮太郎さんの徹底検証本です。


 2018/1/18発売、カミカゼ@じゃあのさんの初書籍「売国議員」です。(祝アマゾンベストセラー1位!)


 2018/3/10発売、井上太郎さんの「公安情報」本です。(祝:発売前重版決定!)


 2018/4/13発売(祝:発売前に重版決定!)、カミカゼ@じゃあのさんの売国シリーズ(?)第二弾「売国官僚」です。


 2018/9/22発売(祝:発売前にAmazon政治ジャンル1位獲得。)、カミカゼ@じゃあのさんの第三弾「売国議員とマスコミ」です。


 2018/11/12発売予定(祝発売前に5万部の増刷決定!)、百田尚樹さん渾身の「日本国紀」です。



 こちらは昨日Tweetのコピーでご紹介した、福井の子犬工場(まさにパピーミル=pappymill)の不起訴処分の記事です。
業者の飼育方法は確実に「虐待に当たる」のに、どうして不起訴処分で済んでしまうのか、一般人でも疑問に感じるのですけど…、どうなっているんでしょう@この裁判官。
もしかしてこれもDHC判例(DHCの社長自らが語った、敗訴理由がこちら。DHC会長「日本には驚くほどの在日がいる 似非日本人はいらない。母国に帰れ」 オレ的ゲーム速報@JIN)案件だから、ですか?

子犬工場、業者の不起訴「不当」 福井検察審査会「虐待に当たる」 福井新聞ON LINE(以下、転載)

子犬工場、業者の不起訴「不当」 福井検察審査会「虐待に当たる」
2019年4月16日 午前7時10分

 福井県内の動物販売業者が一時犬猫約400匹を過密飼育、繁殖し「子犬工場(パピーミル)」状態だったとされる問題で、業者などを不起訴とした福井地検の処分について、福井検察審査会は4月15日までに、法人としての業者と代表者(当時)の40代男性に対する処分を「不起訴不当」と議決した。10日付。

 公益社団法人日本動物福祉協会(JAWS、本部東京)は2018年9月、同審査会に審査を申し立てていた。

 議決では、同協会が申し立てた▽犬や猫を狭いケージに入れる▽コンクリートブロックのマス内に50匹以上の犬を過密に入れる▽給餌の際に犬の首根っこをつかむ―の各行為について動物愛護管理法の「虐待に当たることが十分に考えられる」と指摘。悪臭や飼育環境、異常な行動についても「捜査で存在が認められれば虐待に該当すると十分考えられる」とし「嫌疑不十分として不起訴とした検察官の判断は納得できない。再捜査、再検討を求める必要がある」としている。

 一方、飼育員の女性2人については「刑事処分の対象とする必要まではない」として「不起訴相当」とした。

 議決を受け、福井地検の中山博晴次席検事は「議決の内容を検討し、適正に対処したい」と述べた。

 同協会は18年3月、動物愛護管理法違反(虐待)容疑などで業者らを福井県警坂井西署に刑事告発。同7月、福井区検は当時業者代表だった40代男性を狂犬病予防法違反罪で略式起訴したが、福井地検は虐待容疑については不起訴としていた。

 議決によると、業者の元代表男性と飼育員2人は共謀、17年12月1〜6日ごろ、福井県坂井市の動物飼育施設で犬や猫385匹を狭いケージに入れたり、コンクリートブロックのマス内に50匹以上の過密状態で入れたり、給餌の際に犬の首根っこをつかんだりして、虐待を行ったとしている。






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

4
meatpasta20190416

 昨日の今日でなんですが、久しぶりに手作り食らしい犬ご飯(画像)を作ったので、早速アップしてみました。
スパゲティミートソース風犬ご飯です。

材料:パスタ(ディチェコno12)、豚ひき肉、ジャガイモ、ニンジン、プチトマト、鶏胸肉、
   トマトペースト、スキムミルク、マイタケ粉、すりゴマ、善玉サプリ、亜麻仁油、生姜

作り方1.ごく細いさいの目切りにしたニンジン、ジャガイモを多めのお湯で茹でる。

   2.1が茹で上がったら、網じゃくしで掬い上げ、同じお湯に4つ折りにしたパスタと、
    鶏胸肉を加え、パスタが茹で上がるまで煮る。(鶏肉は茹で上がったら、先に取り出す。)

   3.フライパンにオリーブオイルを少量入れ、豚ひき肉を入れて炒め、
    肉の色が変わったら、1の水気をよく切って加え、更に炒める。

   4.3に刻んだプチトマトとトマトペースト(無味)を加え、汁気がなくなるまで煮詰める。
    出来上がり直前に、マイタケ粉と塩をひとつまみ加える。(+冷凍グリンピース少々)

   5.茹で上がったパスタは、ザルに上げておく。(茹で汁は捨てずに取っておく。)

   6.パスタを食器に盛り、茹で鶏肉をほぐしたものを乗せ、上から4.のソースをかける。

   7.6.の上に、すりゴマやサプリをふりかけ、ゆで汁を少し注ぎ、完成。

 かのんはあまりトマト類が好きでない(と言うより、食べ慣れていない?)らしく、プチトマト+トマト味に戸惑ってましたが、トッピングに好きなデビフ缶を半分乗せると、黙々と食べ続け完食しました。
エルミナ時代の様々なアレンジ犬ご飯(興味のある方はこちらをどうぞ。犬の手づくり食レシピ)に比べれば、まだ初歩の初歩レシピですが、おなかさえ壊さなければOKなので、徐々にメニューや食材を増やしていくつもりです。(o^ω^o)


 こちらは昨年動物愛護法違反で訴えられた、福井の繁殖業者が不起訴処分になった、残念なニュースです。
発覚当時400頭居た仔犬は半分が保護団体などに引き取られたと記憶してますが、残った犬たちはその後どうなったのか…。
ここまで酷い扱いをしても、不起訴になってしまう動物愛護法の緩さが腹立たしい限りですが、出来ればこの業者が二度と動物に関わる仕事に就けないような、きついペナルティを与えてくれれば、多少溜飲が下がるのですけれどね。( ´・д・`)、けっ


 愛保守書籍のご紹介です。
(余命三年時事日記は、サイト閉鎖状態であるため、リンク解除しました。)

 朝日新聞の捏造による森友・加計学園問題を一刀両断した、小川榮太郎さんの徹底検証本です。


 2018/1/18発売、カミカゼ@じゃあのさんの初書籍「売国議員」です。(祝アマゾンベストセラー1位!)


 2018/3/10発売、井上太郎さんの「公安情報」本です。(祝:発売前重版決定!)


 2018/4/13発売(祝:発売前に重版決定!)、カミカゼ@じゃあのさんの売国シリーズ(?)第二弾「売国官僚」です。


 2018/9/22発売(祝:発売前にAmazon政治ジャンル1位獲得。)、カミカゼ@じゃあのさんの第三弾「売国議員とマスコミ」です。


 2018/11/12発売予定(祝発売前に5万部の増刷決定!)、百田尚樹さん渾身の「日本国紀」です。



 こちらは超党派の議員連盟提案の、動物愛護法改正案の骨子です。
マイクロチップの義務化は大いに結構ですが、義務のはずの狂犬病予防接種を受けさせない飼い主がそれなりに居ることを鑑みて、強制力のあるものにしてほしいと思います。
ショップの生体販売については…、なるべくしない(出来ない)方向に持って行ってほしいのですが、8週齢規制すら難しいのは何故なんでしょう。(ー'`ー ; )

犬・猫にチップ装着義務化 販売「8週齢」規制も 超党派議連が骨子案 iZa!(以下、転載)

犬・猫にチップ装着義務化 販売「8週齢」規制も 超党派議連が骨子案
2019.4.16 09:22

 超党派の「犬猫の殺処分ゼロをめざす動物愛護議員連盟」(会長・尾辻秀久参院議員)がまとめた動物愛護法改正案の最終骨子案が15日、明らかになった。犬や猫への個体識別用マイクロチップの装着義務化や生後56日以下の犬・猫の販売を禁じる「8週齢」規制の導入が柱。議連は各党の了承を得た上で5月下旬に改正案を国会に提出し、今国会で成立させたい考えだ。

 マイクロチップの装着義務化は、飼い主に捨てられたり、行方が分からなくなったりした犬や猫の殺処分を減らす狙いがある。環境省によると、犬と猫の殺処分は平成29年度で約4万3千匹に上った。

 骨子案では登録情報で飼い主の特定を可能とするため動物取扱業者にチップの装着を義務付ける。ペット店を経ずに取得した場合や、すでに飼っている人には装着の努力義務を課す。

 また、8週齢(生後57日〜)に満たない段階で親やきょうだいと離された犬や猫は人をかんだり、病気になったりしやすい傾向があるとされるため、規制を強化する。

 動物愛護法は「出生後56日」以下の犬や猫の販売を制限している本則の部分を付則で「出生後49日」と読み替えている。幼い方がコストや売れ行きで優位という事情もあり、7週齢(生後50〜56日)の子犬や子猫が販売されている実態があるため、骨子案に付則の削除を盛り込んだ。ただ、自民党の一部には8週齢規制への反対論があり、同党の動向が焦点となる。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

4
 昨年夏からご飯はずっと、下痢対応の半流動食(手作り)だったかのんさん。
それが奏功し秋頃から下痢の回数が激減、今では月に一回おなかが緩くなる程度で治るようになりました。
そうなるとそろそろ流動食では飽き足らなくなるらしく、最近はトッピングの肉類だけ食べて、おかゆ部分は残すことが増えてきたこの頃。
だったら普通の手作り食に戻してもいいんじゃないかと考え、少し前にスープご飯風のを作って与えたところ…、翌日速攻で軟便になってしまったそうで。(散歩担当のダンナ談)(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
その日はたまたま前日に食べ過ぎたり、急に気温が下がったりしていたので、スープご飯が直接の原因になったかどうか定かではないのですが、もしかしたらまだそこまでの消化能力はないんじゃないかと思い、その後は元の半流動食に戻しました。
しかしここ数日のいきなりの高温で、また食欲がダウン、半分以上残すことが増えてきたので、昨夜から普通のパスタご飯(煮た野菜+肉類を、茹でたパスタにかけただけの簡単犬ご飯。)に切り替えてみました。
(半流動食に変えるまで、パスタや玄米ポンを与えていたので、買い置きは山のようにあるし。)
かのんに与えてみると、しばらく「なに、このごはん?」的な反応でしたが、流動食のように鼻にくっつかないのが良かったようで、そのままパクパクとほぼ完食しました。ヾ(@⌒▽⌒@)ノ
心配だった腹具合も、今日の昼に無事立派な○んちをしまして、こちらも取り敢えず問題はなさそうです。
むしろ10ヶ月間流動食を作り続けた飼い主の方が、普通の犬ご飯の作り方を失念して、手順がすっかりがわやになってしまってますが、まぁ、馴れれば何とかなるでしょう。
もっともだいぶ良くなったとはいえ、かのんの胃腸が弱いのは変わらないし、今でも食べ過ぎるとすぐにおなかにくるので、その辺りは油断せずに過ごしたいと思います。

 以下、以前の記事のコピペですが、現在愛犬の下痢で苦しんで居る飼い主さんの参考になればと、再度アップしておきます。
(元記事はこちら。最近の犬ご飯@消化不良対応モード。【覚書】


inugohan20181114
 以下、最近のかのんの一日の食事メニュー(画像は今日の朝ご飯。)になります。

朝:玄米(茶碗1杯)と茹でジャガイモ1/2個にスキムミルク小さじ1杯と水少々加え
  ミキサーにかけたものに、茹でササミ(2.5本、一部はトッピング。)を
  同じようにミキサーでスープ状にしたものを乗せ、上にほぐしササミ、大豆のお肉、
  マイタケ粉末、すりごま、カッテージチーズ、ダイコン&ニンジン下ろし+
  おろしショウガ少々、乾燥納豆、善玉サプリをトッピング。

昼:無糖ヨーグルト大さじ3杯、ササミジャーキー&砂肝ジャーキー(国産)各数本、
  干し芋1.5〜2枚、リンゴ1/2個、時々ビスケット数枚

夜:玄米(茶碗1杯)と茹でジャガイモ1/2個にスキムミルク小さじ1杯と水少々加え
  ミキサーにかけたものに、茹でササミ(2.5本、一部はトッピング。)を
  同じようにミキサーでスープ状にしたものを乗せ、上にほぐしササミ、大豆のお肉、
  マイタケ粉末、すりごま、ダイコン&ニンジン下ろし+おろしショウガ少々、
  乾燥納豆、善玉サプリ、チーズに包んだココカラケア(乳酸菌サプリ)をトッピング。

夜食(?):人の食事時のおねだり用に、白菜(生)を数枚。

 トッピングは豆腐だったり、鶏挽肉になったりしますが、今のところ鶏肉と大豆&乳製品なら下ることはないようです。



 愛保守書籍のご紹介です。
(余命三年時事日記は、サイト閉鎖状態であるため、リンク解除しました。)

 朝日新聞の捏造による森友・加計学園問題を一刀両断した、小川榮太郎さんの徹底検証本です。


 2018/1/18発売、カミカゼ@じゃあのさんの初書籍「売国議員」です。(祝アマゾンベストセラー1位!)


 2018/3/10発売、井上太郎さんの「公安情報」本です。(祝:発売前重版決定!)


 2018/4/13発売(祝:発売前に重版決定!)、カミカゼ@じゃあのさんの売国シリーズ(?)第二弾「売国官僚」です。


 2018/9/22発売(祝:発売前にAmazon政治ジャンル1位獲得。)、カミカゼ@じゃあのさんの第三弾「売国議員とマスコミ」です。


 2018/11/12発売予定(祝発売前に5万部の増刷決定!)、百田尚樹さん渾身の「日本国紀」です。



 こちらは生体販売の中止という、大英断をした新潟のペットショップのニュースです。
飼い主は滅多にペットショップで買い物はしないのですが、たまーに買い置きの切れた犬用のおやつを買いに行くこと(年に1〜2回)があり、そういう時は心を無にして用だけ済ませるようにしています。
ショップで売られて居る犬猫と目が合ってしまうと、(こっちは全く悪くないのに)物凄く申し訳ない気持ちになってしまうので…、福島でも生体を扱わないペットショップが出来ることを期待したいです。

動物を売らないペットショップ 人とペットの共存目指す J-CASTトレンド(以下、転載)

動物を売らないペットショップ 人とペットの共存目指す
2019/4/14 19:00

ペットショップ「ペッツアベニュー スマイルワン」(新潟市中央区)は、2019年3月31日に犬や猫などのペットになる動物を販売する「生体販売」を中止した。4月からはペットホテルや、ペットと飼い主のためのスクールなどアフターサービス提供に特化した店舗展開へシフトするという。

J-CASTトレンドは、同店を取材した。

■殺処分の根源的な原因の一つに生体販売があると考える

同店では従来、人間とペットがより良い関係を築き、問題行動による飼育放棄を減少させるためにしつけを施したペットを販売していた。それでも中止した理由について同店は、殺処分の根源的な原因の一つとして生体販売があると考えており、それを断ち切るために今回の決断に至ったという。

担当者は、こう説明した。

「以前から、ペットの殺処分等の問題について我々として何が出来るかを色々と考えてきました。ペットをめぐる環境は、様々あると思います。失われていく命が目の前にあるのに、それを逆手にとった『生体販売』が本来の我々の理念にあっているのか問い直し、スタッフ一同と共に中止を決意した次第です」

「ペッツアベニュー スマイルワン」では、施設を使用しての保護犬・猫の譲渡会の開催も計画している。担当者は、

「殺処分等による犬猫が一匹でも減少し、人とペットが本当のスマイル(笑顔)で過ごせる、人とペットとの共栄共存の社会へと加速をしていくことを願い、微力ながらお手伝いをしていきたいと思っています」

と語った。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

↑このページのトップヘ