3
 散歩好きなかのんの梅雨時の散歩のため、早めにレインコートを注文して準備していた飼い主。
実際うちで引き取った当初、台風でも散歩に出たがるほど散歩命!の犬だったので、防水性の高いレインコートが必要だなと勝手に思い込んでいたら…。
8月まで長雨が続き、梅雨明け宣言のなかった昨年の反動なのか、今年の梅雨は雨があまり降らないし、週間予報にも雨マークが少なく、近々梅雨明け宣言が出るんじゃないか?と、思うくらいの上天気続きで脱力してます。(´;ω;`)トホホ
…でもって、猛暑日寸前の暑さに懲りたのか、「さんぽ!さんぽ!」とあれほどうるさかったかのんが、最近は「さんぽ?あついから、いかなくていいです。」な反応で、テンションもめっきり低めなのが更にとほほ。
今までの犬たちと違い、暑さで食欲が落ちることはない(下痢のぶり返しが怖いので、食事量を減らしているせいかもしれませんが、とにかく『おなかすいた!』攻撃がすごい。)ので、夏バテではないと思うんですが、いくら散歩魔でもこの猛暑には勝てないんでしょうか。
この暑さは当分は続くらしく、既に早朝や夜間でも暑いんですけど…、どうしたらいいのやら…。(ー'`ー ; )

 こちらは、かのんの散歩コースにも真似して貼らせてもらおうかと思った、ウィットに富んだ「糞放置、やめれ!」の張り紙です。
ここまで書かれたら、よほどのDQN飼い主でも糞放置することを恥ずかしく感じるんじゃないかと思うのですが…、非常識な飼い主は全く気にせずスルーでしょうかね。┐(´〜` ;)┌



 2016/4/4、お知らせ。
4月より、余命本シリーズの告知はサイドバーに移動しました。
余命の最新情報は、こちら(余命三年時事日記)からチェック下さい。

 9/15に元刑事で外国人犯罪対策講師、板東忠信さんの「寄生難民」が発売になります。
興味のあるビジター様は、各リンクをクリック下さい。(アマゾンへ飛びます。)


 朝日新聞の捏造による森友・加計学園問題を一刀両断した、小川榮太郎さんの徹底検証本です。


 2018/1/18発売、カミカゼ@じゃあのさんの初書籍「売国議員」です。(祝アマゾンベストセラー1位!)


 2018/3/10発売、井上太郎さんの「公安情報」本です。(祝:発売前重版決定!)


 2018/4/13発売(祝:発売前に重版決定!)、カミカゼ@じゃあのさんの売国シリーズ(?)第二弾「売国官僚」です。



 こちらは、西日本豪雨被害で亡くなった、老犬保護施設のボランティアの記事です。
同じ立場に置かれた時に、自分は犬のためにここまで出来るか…考えてしまいましたよ。(合掌)
(昔「犬のためなら死んでもいい」としれっと嘯いていた某アイゴ団体がありましたが、あいつらは今回のような大雨になったら、犬はそのままで我先に逃げ出すだろうと思ってしまった自分が悲しい…。orz)

「犬を助けたい」メール最後に 福岡で死亡の女性、老犬保護施設で土砂崩れに遭遇 西日本新聞/Yahoo!ニュース(以下、転載)

「犬を助けたい」メール最後に 福岡で死亡の女性、老犬保護施設で土砂崩れに遭遇
7/8(日) 12:35配信 西日本新聞

 7日に死亡が確認された福岡県宇美町四王寺坂の山崎ツギ枝さん(68)は、同県筑紫野市の山中にある老犬保護施設で十数年間、ボランティアをしていた。6日も施設で餌やりなどをした後、土砂崩れに遭った。

 施設を運営する知人女性によると、施設では老犬4匹を保護しており、山崎さんは毎日のように宇美町の自宅から通っていた。雨が降りしきる中、6日も施設に出向いていた。

 知人女性に届いた山崎さんのメールによると、午後2時40分ごろ、雨の影響で「犬小屋の地盤が崩れ、土砂崩れに巻き込まれた」。その後、「どうにかして犬を助けたい」と記した午後3時半ごろのメールを最後に、山崎さんからの連絡は途絶えた。筑紫野消防署によると、駆け付けた消防隊員の目の前で、土砂にのまれたという。

 「しっかりしていて、犬思いの熱心な人だった。最後まで自分よりも犬のことを心配していた」。そう語る知人女性は7日、見つかった山崎さんの遺体と対面した。「遺体はあざや傷だらけで痛かったろうに、顔だけは仏様のように笑っていました」

=2018/07/08付 西日本新聞朝刊=