ボルゾイ暮らしトコトコ新聞2019

元祖「福犬」ボルゾイの故「エルミナ」、二代目福犬駆け出しの故「ディアナ」、三代目保護ボルの「かのん」と、飼い主の日常です。

犬とのくらし

4
 三が日も今日で終わりですが、初詣と犬の散歩以外特に予定のなかった我が家です。
というのも暮れの仕事でダンナが角膜を傷付けてしまい、目があまり見えにくい状態で、遠出が出来なくなってしまったため、外出は最低限となりまして。
(幸い大晦日の当番医だった眼科で出してもらった薬が効いたようで、だいぶ良くなってきているそうです。)
出来ればもう1社くらい、犬連れ初詣に出かけたかったのですが、徒歩で行くには遠い場所(駅前なら何とか散歩がてらの往復が可能だけれど、寺社の混み方が半端なく、犬連れで長蛇の列に並ぶ根性はありません。)ばかりなので、ダンナの目が完治してからになりそうです。
…ということで、本日は短めで失礼します。<(_ _)>

 こちらは帰省してきた家族を熱烈歓迎で迎える、ハスキーの動画です。
ボルゾイは比較的テンションの低めな(ので、大騒ぎすることが少ない犬種なんですが。)犬なので、こういう犬らしい反応を見ると、ちょっと羨ましく思ってしまいます。



4月より、余命本シリーズの告知はサイドバーに移動しました。
余命の最新情報は、こちら(余命三年時事日記)からチェック下さい。

 9/15に元刑事で外国人犯罪対策講師、板東忠信さんの「寄生難民」が発売になります。
興味のあるビジター様は、各リンクをクリック下さい。(アマゾンへ飛びます。)


 朝日新聞の捏造による森友・加計学園問題を一刀両断した、小川榮太郎さんの徹底検証本です。


 2018/1/18発売、カミカゼ@じゃあのさんの初書籍「売国議員」です。(祝アマゾンベストセラー1位!)


 2018/3/10発売、井上太郎さんの「公安情報」本です。(祝:発売前重版決定!)


 2018/4/13発売(祝:発売前に重版決定!)、カミカゼ@じゃあのさんの売国シリーズ(?)第二弾「売国官僚」です。


 2018/9/22発売(祝:発売前にAmazon政治ジャンル1位獲得。)、カミカゼ@じゃあのさんの第三弾「売国議員とマスコミ」です。


 2018/11/12発売予定(祝発売前に5万部の増刷決定!)、百田尚樹さん渾身の「日本国紀」です。



 こちらは日本人はなぜ白い犬が好きか、という、奥の深い記事です。
そういえばボルゾイも日本ではマジェンカ系の真っ白ボル(ご存知ないビジター様は、『ボルゾイ ベルサリウス』で画像検索してみてください。)が大人気だったことがあり、今でもボルゾイは白っぽいという認識の犬好きが多いのではと思いました。
(実は海外では、黒っぽい被毛だったり、虎毛【ブリンドル】のボルゾイ等がかなり多いのです。
うちの犬たちでは、二代目のデコっぱ@ディアナがベルサリウスの血が入っていた【江上さんちのイスラエブも。】白ボルの血統で…、でも毛色はホワイト/レモンでした。
初代と三代目はシーバリー系の毛色【エルミナはホワイト/マホガニーレッド、かのんはホワイト/ブラウン】で、背中のアーチもほぼ同じです。)

なぜ日本人は白い犬が好きなのか? 日本人と白い犬の歴史 サライ.jp(以下、転載)

なぜ日本人は白い犬が好きなのか? |日本人と白い犬の歴史
2019年1月1日 2時0分
2019年1月1日 2時0分 サライ.jp
文/柿川鮎子

ソフトバンクのコマーシャルに登場するお父さん犬は白い北海道犬です。NHKのテレビアニメ・名犬ジョリイでは白く大きなグレート・ピレニーズが登場しました。スタジオ・ジブリの映画・もののけ姫では白く大きな山犬が登場して大活躍します。戦後、日本のペットブームの先駆けとなった日本スピッツは、真っ白な毛並みをもつ犬種でした。日本人はなぜ、白い犬が好きなのでしょう。

■古代から続く白い犬好きの国民性
日本人と白い犬との間には、長い歴史がありました。日本書紀では日本武尊(ヤマトタケル)が白い犬に助けられます。日本武尊とその一行は山の神に祟られ、深い山で道に迷います。途方に暮れた一行の前に、突然、不思議な白い犬が表れ、美濃への道を案内しました。

古事記に登場した白い犬は村長を助けました。雄略天皇は若日下部王のもとへ妻問い(妻の元へと通うこと)をしに行きます。途中、立派な村長の家を見つけ、あまりにも立派すぎる家に腹を立てた雄略天皇は、家に火をつけて焼こうとします。家の主であった村長は慌てて自分の白い愛犬を献上すると、天皇は喜び、家に火を着けるのを止め、犬を連れて妻への贈り物としました。

播磨国風土記では応神天皇が愛した白い犬について書かれた「託賀郡伊夜丘条(たかぐんいやおかのじょう)」があります。白い犬は麻奈志漏(まなしろ)という名前で、愛(まな)白(しろ)という名の通り、愛犬シロ君です。シロ君は応神天皇とともに狩りに行き、猪を追って、岡に走って行きました。応神天皇が矢を射るように指示した岡だったので、その場所はいやおか(伊夜丘)という名前になりました。シロ君は猪と戦って命を落としたので、天皇は犬の墓をつくって、手厚く葬りました。

今昔物語集では「達智門(たつちもん)の捨て子の話」で、不思議な白い犬が登場します(巻19第44話達智門棄子狗密来令飲乳語)。ある男が生まれて10日前後の赤ん坊を達智門で見つけます。生きているのが不思議で、夜、密かに達智門で赤ん坊の様子を伺うと、白い犬が赤ん坊に乳を与えていました。人々は、白い犬は子供の命を救う、慈悲深い仏様の化身ではないかと噂をしました。

宇治拾遺物語には藤原道長と白い愛犬の物語が紹介されています(巻第14、御堂関白の御犬晴明等奇特の事)。道長が寺に入ろうとすると、お供をしていた犬が袖を引いてしきりに阻止します。不思議に思って安倍晴明に調べさせたところ、呪いがかけられていました。白い犬が道長の命を救ったのです。

■鷹狩の犬も白が好まれた
日本書紀と今昔物語、宇治拾遺物語の白い犬は不思議な力をもつ、霊験あらたかな生き物として描かれていました。また、古事記の雄略天皇にとって白い犬は、贅沢な村長を許してしまうほど、もらって嬉しいプレゼントでした。応神天皇の愛犬シロ君は、名前からも可愛がられていた様子が伺えます。
江戸時代、幕府が用いた鷹狩り用の犬も白い犬が好まれました。神聖な生き物であるという意味合いと同時に、狩りの時、遠くから見やすい白の方が、狩りに便利であったのではないかとも考えられています。江戸時代の犬の戸籍帳簿には牛込白や赤坂白、四谷白など、地名+白という名前がたくさん掲載されていました。

白い蛇や白いキツネ、白いゾウやツルなど、白い動物や鳥は神聖で冒しがたい大切な生き物であるというイメージがあり、そういった点からも白い犬は珍重されたのでしょう。
遺伝子の突然変異などでメラニンが欠乏するアルビノは、動物には一定の割合で出現します。東京・北の丸公園のスズメの群れの中にもいましたが、2年足らずで姿を消しました。白い生き物は、見た目は美しいものの、目立つので敵の攻撃を受けやすく、生き延びるのは難しいようです。だからこそ、生きている白い個体は力を持ち、知恵があり、尊敬すべき対象となったのでしょう。

■戦後のペットブームにも白い犬が登場
日本人の心の中に深く住み着いてきた、白い犬へのあこがれは、ペットにも投影され、戦後初のペットブームではシェパードやコリーとともに、日本スピッツが大人気となりました。白い毛が全身を覆い、黒い瞳が印象的で愛らしく、大ブームとなります。

しかし、無理な交配が進み、遺伝的疾患が増えたことや、飼い主の訓練不足により、吠え声がうるさい点が嫌われ、ブームは下火になります。現在は適切にブリーディングされた結果、性質の穏やかな犬種へと変化し、日本の気候にも合って飼育しやすいコンパニオンドッグとして再評価され、日本スピッツは静かな人気を集めています。
日本スピッツに魅せられた人物として有名なのがサンフランシスコ平和条約を締結した吉田茂です。「ワンワン宰相」と呼ばれた愛犬家でした。二頭の犬の名前はサンとフランで、生まれた子犬にシスコと名付けたほか、ウイスキー、ブランデー、シェリーなど多い時には10頭以上の犬を飼育していました。

白は穢れの無い、清廉潔白を表す美しい色です。白い毛や羽毛で覆われた動物や鳥は、高貴で尊いイメージとともに、日本人の心に強い印象を与え続けてきました。白という色の好ましさが加わったからこそ、白い犬は他の毛色の犬とは違って、特別な存在となったのです。長い歴史の中ではぐくまれてきた、日本人と白い犬との切っても切れない深い関係と愛情は、これからも続きそうです。

文/柿川鮎子
明治大学政経学部卒、新聞社を経てフリー。東京都動物愛護推進委員、東京都動物園ボランティア、愛玩動物飼養管理士1級。著書に『動物病院119番』(文春新書)、『犬の名医さん100人』(小学館ムック)、『極楽お不妊物語』(河出書房新社)ほか。
写真/木村圭司




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

4
FJ3101160001

 新年、明けましておめでとうございます。
我が家の元旦は、近所の産土神社への初詣でスタートしました。
(画像@携帯。かのんの顔が黒過ぎるため、影と同化してます。)
去年も一緒に詣でたはずなのに、かのんのテンパリぶりが異常で、あっちへウロウロ、こっちへウロウロと全く落ち着かず…。
幸い朝早く、まだ混んでいない時間帯だったので、他の参拝客に迷惑をかけることはありませんでしたが、いったい何が気になっていたんでしょうね。(ー'`ー ; )
郡山市は福島県内でもっとも神社数の多い自治体で、飼い主的には松の内の間に、もう一社くらい詣でておきたいと思っているのですが、今日のとっ散らかりぶりでは無理かしらん…。

 それでは本年も、保護犬かのんと当ブログをどうぞ宜しくお願いいたします。<(_ _)>

 こちらは犬猫の耳掃除あるあるですが、うちの場合は、(耳掃除されることに気づくと)全力で耳を隠そうとしますよ。←無駄な抵抗ともいう。



4月より、余命本シリーズの告知はサイドバーに移動しました。
余命の最新情報は、こちら(余命三年時事日記)からチェック下さい。

 9/15に元刑事で外国人犯罪対策講師、板東忠信さんの「寄生難民」が発売になります。
興味のあるビジター様は、各リンクをクリック下さい。(アマゾンへ飛びます。)


 朝日新聞の捏造による森友・加計学園問題を一刀両断した、小川榮太郎さんの徹底検証本です。


 2018/1/18発売、カミカゼ@じゃあのさんの初書籍「売国議員」です。(祝アマゾンベストセラー1位!)


 2018/3/10発売、井上太郎さんの「公安情報」本です。(祝:発売前重版決定!)


 2018/4/13発売(祝:発売前に重版決定!)、カミカゼ@じゃあのさんの売国シリーズ(?)第二弾「売国官僚」です。


 2018/9/22発売(祝:発売前にAmazon政治ジャンル1位獲得。)、カミカゼ@じゃあのさんの第三弾「売国議員とマスコミ」です。


 2018/11/12発売予定(祝発売前に5万部の増刷決定!)、百田尚樹さん渾身の「日本国紀」です。



 こちらは去年も書いた、秋田犬人気の陰で起こっている様々な問題に関する記事です。
洋犬と違い和犬は、元々愛想がいい訳でも人懐こい訳でなく、不特定多数の人たちと触れ合うことはあまり得意でなさそうですが、それでも秋田犬関係者的には、このブームを逃すな!と犬種的に不向きなことまでさせようとしているのですね。ヽ(`Д´)ノ オイッ!

ふれあい秋田犬、ストレスで休業中 人気急上昇の裏側で ハフポスト(以下、転載)

2018年12月31日 10時21分 JST
ふれあい秋田犬、ストレスで休業中 人気急上昇の裏側で


ザギトワ選手の「マサル」などで、大人気になった秋田犬。急速に人気者となった結果、展示施設の秋田犬が体調を崩すなど新たな課題も浮かんだ。

■ふれあい秋田犬、ストレスで休業中 人気急上昇の裏側で

 平昌五輪フィギュアスケート女子金メダリスト、ロシアのアリーナ・ザギトワ選手に5月26日、秋田犬保存会(本部・秋田県大館市)が秋田犬の子犬「マサル」を贈った。マサルに顔をなめられるザギトワ選手の表情は、モスクワから世界に発信された。

 戌(いぬ)年に、どんな犬種より話題となったのが秋田犬だった。県がザギトワ選手に贈った秋田犬のぬいぐるみには、全国から注文が殺到。佐竹敬久知事は3月、秋田犬を「県観光のキラーコンテンツとして国内外への売り込みを強化していく」と宣言した。

 一方、急速に人気者となった結果、展示施設の秋田犬が体調を崩すなど、新たな課題も浮かんだ。

 知名度は高くても、実際に秋田犬を見られる施設はほとんど無かった。昨年8月に大館市にオープンした「秋田犬ふれあい処(どころ)」の人気に触発されたのか、今年は展示施設が急増した。

 秋田犬の殺処分ゼロなどをめざす一般社団法人「ONE FOR AKITA」は4月、秋田市中通1丁目のエリアなかいちに「秋田犬ステーション」をオープン。秋田市も6月、「秋田犬ふれあい処in千秋公園」を開設した。

 横手市の「秋田ふるさと村」では7月から月に2回、秋田犬と写真撮影できる。道の駅おが(男鹿市)にも秋田犬用の小屋やドッグランが完成し、県内の展示施設は13になった。

 施設が人気を博す一方、問題も生じた。大館市のふれあい処は1年間で2万人以上、秋田市内の2施設も合計で8万5千人以上が訪れた。本来、1人の主人に尽くす秋田犬は、たくさんの知らない人に会えば、ストレスがたまる。

 大館市のふれあい処の「飛鳥」は体調を崩して8月中旬から休業中。市によると、「あこ」は同月下旬、実際に触れ合えるようにしていたのを柵の外から見学する形に変わってからは、ストレスをさほど感じていないようだという。

(朝日新聞デジタル 2018年12月30日 20時32分)






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5
etonengajouCD_0002  
 新年明けましておめでとうございます。今年もどうぞ宜しくお願いします。 



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

4
canon20181108
 早いもので、これが今年最後の投稿になります。
2018年は1月半ばから続いた、かのんの下痢(ほぼ治ったのが11月上旬なので、延べ約10ヶ月。)との闘いに終始した一年でした。
動物病院で診てもらっても原因不明、一時は膵外分泌不全疑惑まで出るほど重症だったのですが、ガセリ菌サプリとショウガを与えるようになってから、嘘のように完治してしまいました。
今ではあの酷い下痢のルーテンは何だったのだろうと不思議に思うくらいですが、おそらく未体験の東北の寒さ(かのんは関東以南生まれで、氷点下の生活をしたことはなかったのでしょう。)と、様々なストレスが絡み合っていたのが原因だったのでしょうね。
うちに来て一年二ヶ月、毎日の長い散歩で身体にはしっかり筋肉がつき、最近は暖房の温度設定を下げてもあまり寒がらなくなりました。
年明けにはかのんは4歳、多分今年以上に張り切って散歩に励みそうですが、飼い主も負けずについていきたいと思います。

 それでは、今年一年ご訪問戴きまして有難うございました。
来る2019年もどうぞ宜しくお願い致します。<(_ _)>




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

3
 最強寒波来襲(居座り?)で、真冬日&朝から雪の降るエルミナ地方。
積雪は大したことがなくても、気温が低いので、明日朝の路面凍結(=アイスバーン)確定です。((((;´・ω・`)))
うちに来て初めて雪を経験した昨冬のかのんは、張っちゃけるほどの気力や体力がなかったようで、割と大人しく散歩していたのですが、飼い主はそれでも道連れになって時々転んでました。orz
(で、アイススパイクなる、滑り止め防具を買ったのさ。)
そして今冬、がっちり筋肉がついたかのんの雪でのはしゃぎっぷりは半端なく…、今朝散歩に出たダンナが「危ないくらい」とぼやくほど。
そりゃ、犬は4輪駆動状態ですから、雪だろうか路面が凍っていようが踏ん張りが効くでしょうが、こっちは前駆の上に重心が高く不安定ですからね。(ー'`ー ; )
気温が0℃前後でも日差しがあれば、日向の路面は乾くので、明日は少しでも晴れてくれることを祈りたい飼い主なのでした。
(てか、暮れに病院のお世話になりたくない…。)

 こちらはタイトルを入力するだけで、いらすとやの画像を組み合わせ、漫画にしてくれるサーヴィスがスタートという記事です。
ビギナーイラストレーターの出鼻を挫きまくっている「いらすとや」が、駆け出し漫画家の仕事まで奪う…とまではいかないかな。(・ω・ ;)(; ・ω・)
(でも、考えた人天才!)



4月より、余命本シリーズの告知はサイドバーに移動しました。
余命の最新情報は、こちら(余命三年時事日記)からチェック下さい。

 9/15に元刑事で外国人犯罪対策講師、板東忠信さんの「寄生難民」が発売になります。
興味のあるビジター様は、各リンクをクリック下さい。(アマゾンへ飛びます。)


 朝日新聞の捏造による森友・加計学園問題を一刀両断した、小川榮太郎さんの徹底検証本です。


 2018/1/18発売、カミカゼ@じゃあのさんの初書籍「売国議員」です。(祝アマゾンベストセラー1位!)


 2018/3/10発売、井上太郎さんの「公安情報」本です。(祝:発売前重版決定!)


 2018/4/13発売(祝:発売前に重版決定!)、カミカゼ@じゃあのさんの売国シリーズ(?)第二弾「売国官僚」です。


 2018/9/22発売(祝:発売前にAmazon政治ジャンル1位獲得。)、カミカゼ@じゃあのさんの第三弾「売国議員とマスコミ」です。


 2018/11/12発売予定(祝発売前に5万部の増刷決定!)、百田尚樹さん渾身の「日本国紀」です。



 こちらは暮れも押し詰まったのこの時季に、奈良のブリーダー(?)で犬舎が全焼、約40頭の犬が焼死した悲しいニュースです。
この手の自称ブリーダーの話はあまり当てにならない(信憑性が乏しい。)ことが多い気がしますが、さて、出火原因は一体何だったのでしょうね。

約40匹の犬が焼け死ぬ 奈良で繁殖施設が全焼 ライブドアニュース(以下、転載)

約40匹の犬が焼け死ぬ 奈良で繁殖施設が全焼
2018年12月29日 11時51分 テレ朝news

 奈良県葛城市で犬の繁殖施設が全焼し、約40匹の犬が焼け死にました。

 28日午後10時20分ごろ、葛城市大屋にある「ワンちゃんふれあい広場 日光」で火事がありました。火は約1時間後に消し止められましたが、木造平屋建ての犬小屋約200平方メートルが全焼し、中にいた犬約40匹が焼け死にました。警察によりますと、この犬小屋は近くに住む71歳のブリーダーの男性が経営していて、販売用の犬を繁殖させるための施設だったということです。出火当時、男性は自宅にいて施設には誰もいなかったということです。警察は、ブリーダーの男性から詳しく話を聞くとともに犬小屋にあった暖房器具や電気系統などの設備を確認するなどして出火原因を調べています。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

3
 昨日、○ルヒャーの試運転と大掃除を兼ね、ガラス磨きを済ませた飼い主です…が。
今朝磨いたはずの東側の窓が開かなくなり、何事?と慌てたら…、水洗いしたのが悪かったのか、窓全体がカチカチに凍りついてました。orz
最強寒波来襲でも、当地はうっすら雪が積もった程度で収まったと喜んでいたら…これですよ。(´;ω;`)トホホ
冬になると北寄りの季節風が東側からガンガン吹き付ける(故に道挟んだ場所にある、回収待ちのゴミがカラスに荒らされるととんでもないことになる。)ため、お風呂のモニターの表示がおかしくなったり、自転車のカバーが盛大に破れたりすることはあったのですが、窓が凍ったのは後にも先にも今朝が初めてでした。
今朝の最低気温は−2℃前後で、当地的には特に冷え込んだという印象はなかったのですが、強風とのコラボで体感温度がかなり低くなったのでしょうね。
因みに確認のため明日の天気と気温を見たら、明日は晴れだけど最高気温はマイナスの真冬日予想でした。ヽ(; ´Д`)ノ
こりゃ、いよいよダウンジャケットを出さないと凌げないかも…。

canon20181228
 画像は数日前の散歩時のかのんさん。
一年二ヶ月の長い散歩で培った、細いながらもしっかりついた筋肉が分かりますでしょうか。
(去年の10月うちに来たばかりの頃には、足を拭くため片足を持ち上げるとよろけるくらい弱弱しかったのに、今はこの筋肉で家の中を跳ね回ってます…。←うちが壊れるから止めてくれ。)


 こちらは来年の譲位に関し、おーぷん2chの某スレからの興味深いコピペです。
コメ主さんはあくまで「都市伝説」と力説してますが、飼い主は逆に「ああ、そういうことなんだー。」と腑に落ちてしまいましたよ。(ΦωΦ)ふふふ


109 :◆aDR7sbcJcdsr :2018/12/28(金)09:56:58 ID:GVr ×
じゃあさ、俺も皇室がらみのオカルトの話をしてもいい?w
あくまで都市伝説と思って読んでほしい、信じなくていいから「そういう話もある」って覚えてて。


戦後アメリカは皇室に絶対やってほしくない祭祀を禁止し、祭祀に必要なことを司る役職を廃止し、
代々その役職をやっていた一族の方々を宮内庁から追い出した。

しかし!今になってその「絶対やってほしくない祭祀」が必要になってきた…かもしれない。
仮にアメリカさんが地球よりずっと文明の進んだ種族を怒らせてしまったとしよう。あくまで仮定の話だw
もう話も聞いてもらえないほど怒ってしまわれたが、なんとしてでも和解したい。
日本のやんごとない血統のかたが間に入ってくれたら、和解交渉に応じてもらえる可能性が高い。

だがしかし、やんごとないお血筋であっても祭祀が全くできない人では「彼ら」に話をきいてもらえないんだ。
というわけで、アメリカさんにとっても「祭祀ができない人」が即位されても意味がないんだ、
祭祀がちゃんとできる人が大事なんだ。
・・・っていうオカルト都市伝説な!w


信じるか信じないかはあなた次第です!m9(・∀・)



4月より、余命本シリーズの告知はサイドバーに移動しました。
余命の最新情報は、こちら(余命三年時事日記)からチェック下さい。

 9/15に元刑事で外国人犯罪対策講師、板東忠信さんの「寄生難民」が発売になります。
興味のあるビジター様は、各リンクをクリック下さい。(アマゾンへ飛びます。)


 朝日新聞の捏造による森友・加計学園問題を一刀両断した、小川榮太郎さんの徹底検証本です。


 2018/1/18発売、カミカゼ@じゃあのさんの初書籍「売国議員」です。(祝アマゾンベストセラー1位!)


 2018/3/10発売、井上太郎さんの「公安情報」本です。(祝:発売前重版決定!)


 2018/4/13発売(祝:発売前に重版決定!)、カミカゼ@じゃあのさんの売国シリーズ(?)第二弾「売国官僚」です。


 2018/9/22発売(祝:発売前にAmazon政治ジャンル1位獲得。)、カミカゼ@じゃあのさんの第三弾「売国議員とマスコミ」です。


 2018/11/12発売予定(祝発売前に5万部の増刷決定!)、百田尚樹さん渾身の「日本国紀」です。



 こちらは兵庫県で猫の惨殺死体が相次いで発見という、怖いニュースです。
殺害方法も亡骸の扱い方も残忍きわまりなく、犯人の興味の対象が人へ移る前に、一刻も早く捕まえて欲しいと思いますが…。
犯人の行動範囲がある程度絞れるなら、防犯カメラを細かく設置するという手もあると思うのですが…、これ以上被害が広がる前に一刻も早い犯人逮捕を願っています。

「胴体が真っ二つ」「ぶくぶくと内臓が露出」住民がおののく“猫の変死体が続出”の怪 週刊女性PRIME/Yahoo!ニュース(以下、転載)

「胴体が真っ二つ」「ぶくぶくと内臓が露出」住民がおののく“猫の変死体が続出”の怪
12/28(金) 8:00配信 週刊女性PRIME

 猫に熱湯を浴びせたりガスバーナーで焼き殺すなどした税理士、保護している猫を棒で叩くなどした動物愛護団体の理事長、自宅でネコを殺害した元奈良県嘱託職員など、日本各地で相次ぐ痛ましい動物虐待ニュース。

 昨年11月には、神奈川・相模原市で毒殺されたとみられる猫5匹が見つかったばかり。今度は、兵庫県の山陽電鉄本線沿線で、それは起こった。

■「さらに掘ると耳が出てきて……」

「11月25日、姫路市的形町の民家で、自宅の前の花壇を掘り返したところ、下半身のない猫の死体が埋められていた。午前9時30分に家人が発見し110番通報したもの。前日の夕方に水やりしたときは、異常がなかったようです」

 と兵庫県警飾磨署の捜査関係者。発見時の様子を、その家の夫(70代)が明かす。

「朝、家を出るとな、花壇の花が抜かれていて、こんもり土が盛ってあったんや。花壇にはポピーが植えてあったんやけど、盛った土の上に1輪だけポピーがお墓みたいに挿してありました。なんや思うて掘り返すと白いものが出てきてな、さらに掘ると耳が出てきて、これは猫や思うてすぐに警察に通報したんです。

 今まで嫌がらせをされたこともないし、こんなことをされる心当たりもない。妻はすごい嫌がるから、私も話をせんようにしている。ほんま気持ち悪い。はよ忘れたいわ」

 家の前に人が近づくとライトが点灯するようになっていたが、誰にも気づかれることはなかった。犯人は死体を放置するだけでなく、なぜわざわざ猫を埋めたのか。

 80代の近隣住民は、

「この道は行き止まりで(猫が発見された家が一番奥)、通る人も限られる。土地勘がなければ、わざわざこんなところに埋めにこんと思うんやけどな……」

 70代の主婦は、

「うちには孫がおるからな、子どもに危害を加えるようなことが起こらんか、それが一番心配。動物から人間にいくようなこともあるかもしれん」

 と不安げに話した。

 実はこの地域を含む姫路市の一部地域では、2017年〜18年にかけ、6匹の猫が不審な死を遂げているのだ。

 前出・捜査関係者の話。

「昨年6月24日には、飾磨区恵美酒の民家の前に置いてあるプランターに、生後2か月に満たない雌猫の下半身が埋められていました。同年7月16日には、背中を4センチ切られた猫を男性が発見。生存していたが、内臓がはみ出している状態だった」

 昨年7月に被害に遭った猫は、地元の寺で飼っていた猫で、『ポン助』と呼ばれていたと、副住職(35)。

「近くの檀家さんから様子がおかしいと連絡がありました。母が病院に連れて行くと、背中を垂直に刃物で刺されたような状態だったそうです。半月ほど入院し、手術も2回しました。元気になったので退院しようと連れて帰ってきたら苦しみだして、その日のうちに亡くなりました」

 第一発見者の70代の檀家の男性は、

「弱々しく鳴いておってな。背中のあたりから白いもんがぶくぶく動いとったんや。なんや、思うて近づいたら内臓がはみ出していてな。すぐにお寺さんに電話して、奥さんと病院に連れていったんです。すると獣医さんが、”これは鋭い刃物で刺されて腸まで切れとる。悪質だから警察に連絡したほうがいい”というので届けたんです」

■猫の次は人間かもしれない

 通報後には警察が、現場の写真を撮ったり、近所に聞き込みをしたりと2回ほど来たという。その理由を尋ねると、

「警察は”人や子どもに危害を加えられたら大変だから、注意して捜査を進めているんです”言うてな。昔、神戸で小学生が首を切断されて殺された事件があったけど、そういう事件が起こる可能性があるかもしれない。こんなことする人間がおるんやな。ほんま、えげつないわ」(同前)

『ポン助』を傷つけた虐待犯は捕まらないまま、2018年にも、猫が殺害される事件が周辺で立て続けに起こった。

 前出・捜査関係者が続ける。

「3月22日に姫路市白浜町の駐車場で、上半身のない猫の死体を散歩中の女性が発見した。切断面が鋭利な刃物だと獣医が判断しており、人為的に行われたと捜査している。

 6月15日には、姫路市飾磨区英賀の一般家屋の駐車場の前に、頭部のない子猫の死体が置かれていました。

 9月3日には、姫路市飾磨区阿成の公園敷地内で、頭部のない雄猫の死体が発見されています。後者の2つは人為的かどうかは不明。野生動物の仕業という可能性もある」

 そして直近の事件が、冒頭の民家の花壇の猫の遺体。

 兵庫県内の動物愛護団体の関係者は、

「(姫路から約18キロ離れた)加古川で猫などの動物の虐待事件が相次いでいました。それと関連もあるのではないかと思いましたが、実際のところはわかりません。ただ、こういった事件が少しでもなくなればと心から願っています」

 と切実な声で訴える。

 明らかに人為的と思われる殺害を中心に、警察は捜査を進めているが、

「防犯カメラなどにも不審人物は映っておらず、関連があるのかどうかは今のところ不明です」(前出・捜査関係者)

 地域住民が安心して眠れるよう、一刻も早い犯人検挙が待たれる。






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

4
 犬洗いの燃え尽きから復活、今日は○ルヒャーを組み立て試運転後、ガラス磨きに精を出した飼い主です。''o(゚д゚o)ヨシッ
ノズルに関して、いろいろ誤解していたことがありましたが、いやー、ケル○ャー凄く楽しい(←変態)。
しつこい汚れは専用の洗剤を使って落とすことになりますが、水圧が高いので、ガチな汚れも水だけでかなり綺麗になります。
難点は充電型ではないので、電源ケーブル(本体付属のは短いので、昔ヘッジトリマー用に買った長いケーブルを挿して延長。)と外部ホースと本体のホースがこんがらがること。(ー'`ー ; )
それでも平面の移動なら何とかなりますが、二階以上の清掃の時はケーブル地獄にならないよう、いろいろ工夫が必要になりそうです。
今夜からの寒波来襲で、予定していたベランダ掃除は諦めましたが、寒さが緩んだら挑戦してみたいなぁ。

 こちらは暮れの恒例行事、干支の引き継ぎ式のTweetです。
犬からウリ坊への引き継ぎは可愛いし、平和でいいと思うのですが、捕食獣トラを挟んだ牛とウサギの引き継ぎはどんなことになるのでしょうね…。(・ω・ ;)(; ・ω・)



4月より、余命本シリーズの告知はサイドバーに移動しました。
余命の最新情報は、こちら(余命三年時事日記)からチェック下さい。

 9/15に元刑事で外国人犯罪対策講師、板東忠信さんの「寄生難民」が発売になります。
興味のあるビジター様は、各リンクをクリック下さい。(アマゾンへ飛びます。)


 朝日新聞の捏造による森友・加計学園問題を一刀両断した、小川榮太郎さんの徹底検証本です。


 2018/1/18発売、カミカゼ@じゃあのさんの初書籍「売国議員」です。(祝アマゾンベストセラー1位!)


 2018/3/10発売、井上太郎さんの「公安情報」本です。(祝:発売前重版決定!)


 2018/4/13発売(祝:発売前に重版決定!)、カミカゼ@じゃあのさんの売国シリーズ(?)第二弾「売国官僚」です。


 2018/9/22発売(祝:発売前にAmazon政治ジャンル1位獲得。)、カミカゼ@じゃあのさんの第三弾「売国議員とマスコミ」です。


 2018/11/12発売予定(祝発売前に5万部の増刷決定!)、百田尚樹さん渾身の「日本国紀」です。



 こちらはラーメンを食べて、秋田犬を保護しようという画期的な試みの記事です。
ザギトワのマサル効果で秋田犬の人気が上昇中ですが、反面地元秋田県では殺処分される犬の一割強が秋田犬という悲しい現実があり、このラーメンの売り上げで一頭でも生存出来る秋田犬が増えるのなら、頑張って応援したいと思いますよ。

ラーメン食べて、秋田犬を守ろう! 寄附もできる「ハチ公ラーメン」食べてみた Jタウンネット(以下、転載)

ラーメン食べて、秋田犬を守ろう! 寄附もできる「ハチ公ラーメン」食べてみた
2018年12月26日 11:00

世の中に幾多もの種類がある即席ラーメン。そのラインナップに2018年11月から、忠犬ハチ公をモデルにしたラーメンが新たに加わった。

秋田犬といえば、映画「ハチ公物語」で主人を待ち続けるハチ公が有名だ。最近では「2018年平昌オリンピック」の女子フィギュアスケートで金メダルを獲得したロシアのアリーナ・ザギトワ選手に秋田犬が贈呈され、話題になった。

しかし、近年ブリーダーの後継者不足や殺処分、血統の劣化などによって正統な秋田犬の数が減り続けているのだそうだ。今回のハチ公ラーメンは、「ONE FOR AKITAプロジェクト」の一環で発売されたもの。売り上げの一部が、秋田犬の保存・保護を目的としたこの事業に寄付される。

即席ラーメンを食べることが秋田犬の保存・保護に役立つとはなんともユニークだ。Jタウンネット編集部は早速ハチ公ラーメンを入手し、調理してみた。

■「いいことをしながらもラーメンを楽しんでもらえたら」

いざ調理してみると、即席ラーメンとは思えないコシのある麺に秋田県産の比内地鶏でダシをとった醤油スープがよく絡む。とろっとしたスープは麺のみならず、ネギやもやしなどのあっさりした野菜とも相性がよさそうだ。

価格は1袋300円(税別)と少々高めの印象を受けるが、完成度の高さは即席ラーメンの域を出ているといっても過言ではない。この味が自宅で楽しめるのであれば、割安と思える完成度だ。これはぜひともリピートしたい。

Jタウンネット編集部が12月17日、「ハチ公ラーメン」を企画したツバサ(秋田市)の商品担当者に話を聞いたところ、

「(秋田犬ラーメンとするよりも)ハチ公ラーメンとした方が認知度の拡大が狙えるのでは」
と、有名なハチ公に焦点をあてた商品開発となったそうだ。

現在はJR秋田駅や秋田空港、都内アンテナショップ、インターネットでの販売となるが、「今後は東京だけにかぎらず、広く販売していけるようにしていきたい」とハチ公ラーメンの今後の展望を明かした。

秋田犬の保存・保護を目的したというと少々カタい印象も受けるが、

「とはいっても、パッケージを開ければラーメンですので、いいことをしながらもラーメンを楽しんでもらえたら。秋田の名物、日本の名物として、手に取ってもらい、これをきっかけとしてハチ公のことも知ってもらえたらと思います」
と、気軽にハチ公ラーメンに親しんでもらい、秋田犬やハチ公のことを知ってもらいたいという。

国内だけでなく国外からも注目され、日本の天然記念物ともなった秋田犬を救うためにも、ハチ公ラーメンの今後の展開が楽しみだ。





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

3
shampoo20181226
 暮れの大仕事、犬洗いは無事終了しました。(ヽ´ω`) ゲッソリ 
(画像。顔が黒いので、薄くオカルト風味になってます。)
やや早い時間に長めの散歩(45分〜)に出かけ、帰宅後速攻で犬を洗い、更に風呂の大掃除まで突貫でやってしまって、そこで一旦打ち止めとなりました。orz
予定では高圧洗浄機の試運転を兼ね、ガラス磨きをするつもりでしたが、さすがにそこまでの体力はなく、しばしインターバル…のまま一休み中の飼い主。
それでも犬のシャンプーが済んでしまえば、後は家のことばかりですから、まぁ、何とかなりそうです。
出来れば最強寒波が降りてくる前に、外回りの掃除を終えることが出来るといいんですが、明日明後日でどこまでやれるか…。(ー'`ー ; )
まぁ、やれるところまで頑張ってみようず。
(昼の散歩帰り、公園の近くで冬休み中の小学生ズに出くわし、『うわ、でっけー!』『あの犬、大きい!』と、指を刺されまくった気の毒なかのんさん…。
飼い主たちは慣れちゃっているし、超デカ犬【体重MAX47kg】だった二代目デコっぱ@ディアナの半分のサイズなので、特に大きいと感じたことはなかったんですが…、一般的にはかなりデカい犬なんですねぇ@ボルゾイ。)

 こちらはイギリス政府が、ペットショップで仔犬や仔猫の販売を禁止する新法を来年から導入するというニュースです。
これはぜひ日本でもやってほしいと思いますが、ペット産業業界(某国関係者が多いと言われている。)から凄まじい反発があるんでしょうね。




4月より、余命本シリーズの告知はサイドバーに移動しました。
余命の最新情報は、こちら(余命三年時事日記)からチェック下さい。

 9/15に元刑事で外国人犯罪対策講師、板東忠信さんの「寄生難民」が発売になります。
興味のあるビジター様は、各リンクをクリック下さい。(アマゾンへ飛びます。)


 朝日新聞の捏造による森友・加計学園問題を一刀両断した、小川榮太郎さんの徹底検証本です。


 2018/1/18発売、カミカゼ@じゃあのさんの初書籍「売国議員」です。(祝アマゾンベストセラー1位!)


 2018/3/10発売、井上太郎さんの「公安情報」本です。(祝:発売前重版決定!)


 2018/4/13発売(祝:発売前に重版決定!)、カミカゼ@じゃあのさんの売国シリーズ(?)第二弾「売国官僚」です。


 2018/9/22発売(祝:発売前にAmazon政治ジャンル1位獲得。)、カミカゼ@じゃあのさんの第三弾「売国議員とマスコミ」です。


 2018/11/12発売予定(祝発売前に5万部の増刷決定!)、百田尚樹さん渾身の「日本国紀」です。



 こちらは究極の癒し系と思われているカピパラが、兄弟喧嘩(闘争)で死亡したという、工エエェェ(´ロ`ノ)ノェェエエ工なニュースです。
カピパラさんは切れたら怖い説は噂には聞いてましたが、実の兄弟を死なせるほど、激しい攻撃をする生き物なんですね…。((((; ゚Д゚))) コエー
部屋の仕切りを壊して襲いかかるなんて、気性の荒い犬でも滅多にしないと思います。

カピバラの「まるお」、死因は「闘争」加害者は「兄」 動物園の「癒し系」に何が...!? J-CASTニュース(以下、転載)

カピバラの「まるお」、死因は「闘争」加害者は「兄」 動物園の「癒し系」に何が...!?
2018/12/25 19:24

愛嬌のある顔で温泉に浸かっているさまがよく報道されるカピバラ。「かわいい」「癒し系」といったイメージを抱く人も多いだろうが、そんな印象を覆す出来事が、茨城県の日立市かみね動物園で起こっていた。

最近亡くなったカピバラの死因が、「闘争による傷」だったのである。それも「闘争」の相手は、自身の兄だった。

■「夜間に部屋の仕切りを突破し、激しい闘争があったようで」

あるツイッターユーザーが2018年12月24日、かみね動物園に掲示されているカピバラ「まるお」の死を伝える張り紙を投稿。こんなことが書いてあった。

「5月のブログで少しだけ話がありましたが、兄の『おもち』との関係が悪化し闘争がありました。その後傷が回復してからお見合いなどを試みましたが、改善は見られず、分けている状態が続いていました。傷の状態も良くなり徐々に外に出していこうかと話していた矢先、夜間に部屋の仕切りを突破し、激しい闘争があったようで朝死亡しているのを発見しました」
17年4月4日生まれのまるお。亡くなっているのが確認されたのは9月27日だったという。張り紙には「死因:闘争による傷」と明記されており、穏やかそうなカピバラのイメージとのギャップのせいか、

「カピバラって見かけによらず凶暴なんだな」
「穏やかな動物のイメージだけど(お風呂で皆で温まっている映像の印象が強い)、オスはやっぱり闘争的なんだねぇ...」
「闘争による傷が死因とか、カピパラに対して見る目が変わってくるほどの衝撃」

などと驚きをもって拡散された。投稿は25日までに、1万4000回以上リツイートされている。

かみね動物園の飼育担当者が25日、J-CASTニュースの取材に応じた。まるおが弟でおもちが兄という関係だが、「互いに兄弟という認識はありません」といい、攻撃するようになるまでの経緯をこう話す。

「生まれた時から一緒にいれば同じ群れの一員だとは認識しますが、まるおとおもちには、それもありませんでした。小さい頃おもちはオス群れ、まるおはメス群れで育ってきたからです。まるおが性成熟してオス群れに入れると、おもちは『別の群れのオスが来た』と感じて、まるおを傷つけるようになりました」

■実は「いざこざやケンカ、珍しくない」

張り紙には「夜間に部屋の仕切りを突破した」とあるが、扉状のフェンスのストッパーを、おもちが破壊して入ったと見られるという。担当者は「発見時にはまるおの首のあたりに深い傷があり、しつこく攻撃されたのかなと思われます」と肩を落とした。

過去、同じようにメス群れで育ててからオス群れに入れた個体もいたが、問題なく馴染んでいたという。そのため「相性や性格もあると思います。おもちは排他的というか、あまり許容しないというか...」と話す。5月6日の園のブログでも、「ある朝突然『まるお』が『おもち』に攻撃されてしまい現在は別々にして様子をみています」と、既に「弟」に強い敵対心を抱いていたことが分かる。

それにしても、のんびりとした「癒し系」のイメージもあるカピバラだが、今回のような「闘争」はよくあることなのか。担当者は、

「カピバラ同士で傷つけ合うのはオスでもメスでもよくあります。いざこざやケンカは珍しくありません。ただ、その中でもおもちは気が強いですね。当園では命を落とすことまでは過去にはありませんでした」

と話していた。





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

3
matsukazari20181225
 メリクリだった本日は、今年の残り二回の大安(最後は大晦日。)のうちの一日だったので、我が家は一足早く松飾りをセットしました。(画像)
かのんは自分のケージの松飾りが気になった(去年も飾ったはずなのに、忘れてる?)ようで、しばらく臭いを嗅いでましたが、食べ物ではないことは理解したらしく、その後はスルーで過ごしています。
明日は比較的気温が高め(28日以降は、最高でも1〜2℃の底冷えが続くらしい…。((((; ゚Д゚))))で、暮れの一番の大仕事「犬洗い」を済ませてしまうつもりなので、犬ものんびり出来るのは今日だけになりそうですが、人はそれ以上に忙しくバタバタしています。
ということで、今日は短めで失礼します。<(_ _)>

 ちょい前になりますが、年末寒波予想のTweetのご紹介。
エルミナ地方はぼちぼち外の水溜りが凍りつくようになってきましたが、最強寒波が降りて来れば、氷柱の滝(上から地面まで繋がっている氷柱。猛烈に寒かった、2012年の冬に発生しました。)が見られるかもしれませんね。



4月より、余命本シリーズの告知はサイドバーに移動しました。
余命の最新情報は、こちら(余命三年時事日記)からチェック下さい。

 9/15に元刑事で外国人犯罪対策講師、板東忠信さんの「寄生難民」が発売になります。
興味のあるビジター様は、各リンクをクリック下さい。(アマゾンへ飛びます。)


 朝日新聞の捏造による森友・加計学園問題を一刀両断した、小川榮太郎さんの徹底検証本です。


 2018/1/18発売、カミカゼ@じゃあのさんの初書籍「売国議員」です。(祝アマゾンベストセラー1位!)


 2018/3/10発売、井上太郎さんの「公安情報」本です。(祝:発売前重版決定!)


 2018/4/13発売(祝:発売前に重版決定!)、カミカゼ@じゃあのさんの売国シリーズ(?)第二弾「売国官僚」です。


 2018/9/22発売(祝:発売前にAmazon政治ジャンル1位獲得。)、カミカゼ@じゃあのさんの第三弾「売国議員とマスコミ」です。


 2018/11/12発売予定(祝発売前に5万部の増刷決定!)、百田尚樹さん渾身の「日本国紀」です。



 こちらは苦手な犬でも手軽に出来る、犬のオーラルケアあれこれです。
我が家では歯垢がめちゃくちゃ着きやすかった初代エルミナはイオン歯ブラシで毎日ブラッシング、二代目デコっぱ@ディアナも歯ブラシでシャカシャカ(デコっぱは水をよく飲む犬で、成犬になっても歯は真っ白でした。)でしたが、三代目のかのんは飲み水に入れるボーダンと歯磨きシート(歯ブラシを嫌がるため。)でケアしています。
歯垢の着きやすさの目安でもある唾液の粘り気(フードボウルのぬるぬる感の差)は、圧倒的にエルミナ>>>かのん>デコっぱで、歯のもろさも同じ順でした。
唾液のネバネバは水分の摂取量に反比例している(うちの犬調べ)気がするので、デンタルケアだけでなく、飲み水にも気をつけてあげて欲しいと思います。

犬の「オーラルケア」が苦手でも大丈夫! 家庭で手軽にできる方法 いぬのきもち WEB MAGAZINE(以下、転載)

犬の「オーラルケア」が苦手でも大丈夫! 家庭で手軽にできる方法
12/24(月) 11:35配信 いぬのきもち WEB MAGAZINE

オーラルケアとは、歯周病や口臭を予防するために口の中を清潔に保つことです。しかし、お口のケアを嫌がる犬も多いため、飼い主さんも試行錯誤しながら頑張っているのはないでしょうか。今回は、家庭でできるさまざまなオーラルケアの方法をご紹介します。

■デンタルトイで遊びながらオーラルケア
歯みがきおもちゃは時間をかけて何度も歯をこする作用のあるものがおすすめ。噛む力が強く、柔らかいおもちゃはすぐに噛みちぎってしまう犬のためには、しっかりした素材でできていて、口の中にすっぽり入らない程度のサイズ感のものを選ぶと◎。おもちゃが固すぎると歯が割れてしまう危険性があるので、噛み方をよく観察して選んであげてくださいね。

■口臭予防には飲み水に混ぜるだけの簡単ケア
歯みがきと並行して使いたいのが、犬用の液体歯みがきです。歯垢が除去できるワケではないので、あくまでも口臭ケアとして使うのがおすすめ。無味無臭や味つきのタイプがあるので、犬が好んで飲めるものを選びましょう。多頭飼いなどで、すべての犬に時間をかけて歯みきができないときに利用するのもあり♪

■指サック型歯ブラシで奥までみがこう
指の先にブラシがついている指サック型歯ブラシは、奥歯までスピーディーにほどよい力加減でみがけるのが魅力!ブラッシングの方法は、初めは犬歯、上の奥歯、前歯、下の歯の外側、上下の内側の優先順位でみがくのが理想ですよ。慣れてきたらチャレンジしてみて。

■歯みがきの仕上げにシュッとひと吹き
歯みがき後の仕上げや、寝る前に使いたいのがスプレータイプのマウスクリーナーです。スプレータイプは手軽に使えるので、マウスケアを習慣づけて、口の中を清潔に保つ作用が期待できる優れもの♪プシュッという音を嫌がる犬には、手にスプレーして指でぬってもOKですよ。口臭が気になる犬にぜひ試してみてくださいね。

■手袋タイプが便利なフィンガーブラシを使おう
口元を触られるのは平気だけど、歯ブラシのような硬いものを口の中に入れられるのが苦手な犬もいますよね。そんな犬には、歯の表面と裏側を同時にみがける手袋タイプが便利。親指と人さし指で一本一本つまむように歯の表面をこすって使います。ただし、ネバネバしている歯垢は拭き取った布の繊維に残りやすいので、使い捨てタイプのものや、使用後によく洗って乾かして使いましょう。おもちゃで遊びながら歯垢をとったり、液体歯みがきを飲み水に混ぜたりと、手軽にできる方法がたくさんあります。これなら飼い主さんも犬もストレスフリーでお口の中の清潔を保てますね。愛犬にあった方法を見つけて、ぜひ楽しくオーラルケアを行ってみてください。

参考/「いぬのきもち」2018年9月号『読者発 愛犬のお口の健康を保とう!やってみてよかった ORALCARE(オーラルケア)はコレです! 獣医師のアドバイスつき』(監修:ぬのかわ犬猫病院の中田分院院長 獣医師 石田陽子先生)
文/ishikawa_A

いぬのきもちWeb編集室




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

3
 クリスマスイブに合わせたのか、晴れているのに時々雪が降るエルミナ地方。
更に冬型の気圧配置が強まった関係で、朝から強風が吹き荒れており、これが雪とコラボすると吹雪に…。orz
降水確率0%を信じて大物を洗ったのに、乾きかけた頃にいきなり猛吹雪になってしまい、文字通り「泡を食った」飼い主です。(・ω・ ;)(; ・ω・)
今週後半からは最高気温が1〜2℃(当地は多分、真冬日確定。)の強烈な寒さが続きそうなので、暖かいうちに大物を洗ってしまいたかった(犬も含む。犬のシャンプーは明日か、明後日になりそうですが。)のに、暮れも押し詰まってきた今になって、晴天が減ってくるとは…。
寒波と大雪のコラボになったら、洗濯どころか、大掃除も怪しくなりそうです。(ー'`ー ; )

 こちらは全世界のネットユーザが形跡をトレースするので有名な、サンタクロースのプレゼント行脚のニュースです。
因みに支那では今年からクリスマス禁止令が出たらしいので、上空を移動する時は充分気をつけて下さいませ@サンタさん。



4月より、余命本シリーズの告知はサイドバーに移動しました。
余命の最新情報は、こちら(余命三年時事日記)からチェック下さい。

 9/15に元刑事で外国人犯罪対策講師、板東忠信さんの「寄生難民」が発売になります。
興味のあるビジター様は、各リンクをクリック下さい。(アマゾンへ飛びます。)


 朝日新聞の捏造による森友・加計学園問題を一刀両断した、小川榮太郎さんの徹底検証本です。


 2018/1/18発売、カミカゼ@じゃあのさんの初書籍「売国議員」です。(祝アマゾンベストセラー1位!)


 2018/3/10発売、井上太郎さんの「公安情報」本です。(祝:発売前重版決定!)


 2018/4/13発売(祝:発売前に重版決定!)、カミカゼ@じゃあのさんの売国シリーズ(?)第二弾「売国官僚」です。


 2018/9/22発売(祝:発売前にAmazon政治ジャンル1位獲得。)、カミカゼ@じゃあのさんの第三弾「売国議員とマスコミ」です。


 2018/11/12発売予定(祝発売前に5万部の増刷決定!)、百田尚樹さん渾身の「日本国紀」です。



 こちらは戌から亥へ、干支の引き継ぎ式ニュースです。
株では昔から「戌亥の借金、辰巳で返せ」(こちら。相場の格言「戌亥の借金、辰巳で返せ」、亥年は相場の仕込みどころ/株式市場の動向ニュース)という言葉があるように、景況感は底を打つことが多い亥年ですが、来年はそれ以外でも大荒れになりそうな気がしますね。

「亥亥(いい)年に」願う 仙台・坪沼八幡神社で、えと引き継ぎ式 河北新報(以下、転載)

「亥亥(いい)年に」願う 仙台・坪沼八幡神社で、えと引き継ぎ式

 仙台市太白区の坪沼八幡神社で23日、えとの引き継ぎ式があった。神社は毎年のえとにちなんだ地域の動物を神の使いとして任命しており、今年の「戌(いぬ)」から来年の「亥(い)」にバトンタッチした。
 登場したのは、今年の「御神犬」だったイヌ2匹と、子どものイノシシ2匹。神事の後、高山晃和宮司(50)がイノシシにしめ縄の首輪を着け、「御神亥(ごしんい)」に任命した。高山宮司は「イノシシが2匹なので、『亥亥(いい)年』になってほしい」と願いを込めた。
 えとの動物を任命するのは今年で6年目。参拝客の心を和ませようと、来年1月1〜3日、イノシシを境内で公開する。





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

↑このページのトップヘ