ボルゾイ暮らしテケテケ新聞2017

元祖「福犬」ボルゾイの故「エルミナ」、二代目福犬駆け出しの故「ディアナ」と、飼い主の日常です。

犬とのくらし

4
274915b4.jpg昨日の夕方散歩に出したエルミナが、庭で走り回っているうちにどこかに足を引っかけたらしく、左の後ろ脚をかばうようにヒョコヒョコと歩いてきました。
大型犬が目立った怪我や傷もないのに急に脚を引きずり始めると、骨肉腫※の疑いがある(ボルゾイのメーリングリストには、たまに流れてきます。)ため、念のため確保して怪我やら傷やらを細かくチェックしました。
昨日のエルミナは5分もしないうちに元通りになったので、ちょっとひねっただけだと思いますが、シニアにさしかかってくると何でもなかったようなことも気になってくるものですね。(^_^;)
※について、詳しくはこちら▼。
犬・骨肉腫

今日はエルミナを洗うつもりでしたが、飼い主の体調がいまみっつ思わしくないのと、週末は天気が崩れるという予報を耳にし、めでたく延期することになりました。
エルミナは大人しく洗われているので作業はラクなんですが、何しろ大きい犬なのでシャンプー完了までの2〜3時間、飼い主は中腰で立ちっぱなしです。(←これがモロ腰に来る。)
月半ばまで某所の掲示板管理の仕事がある(午後8時〜12時まで。ただいま仕事中。)ため、犬のシャンプーで疲れ切って果てる訳にもいかないし。
見た目もそんなに汚れていないし、先月のシャンプー前のような妙な犬臭さはないので、しばらく念入りにブラッシングしてお茶を濁しておこうと思います。

さて、本題。
ただいま犬サイトの掲示板で、ガム系のおやつに関するミニ談義が進行(?)中です。
少し前の犬日記で書いたグリニーズもそうですし、人間用のキシリトールガムを盗み食いした、30kgのラブラドールが瀕死になった事例もそうですが、犬のおやつの安全基準はどうなっているのやらと考え込んでしまいます。
一昨日の新聞に人間の子供用のアクセサリーから、高濃度の鉛が検出されたという記事が掲載されていました。
もっとも安全であって然るべき子供のものですら、このレベルなのですから…、ペット向けはもっと酷いことになっていてもおかしくないのかもしれません。
(個人的には鉛などの重金属はもちろんですが、容易にイオン化しやすいプラスチック製品は、かなり危険じゃないのだろうかと思っています。
犬の食器にはプラスチック製の可愛いデザインのものが多いですが、プラスチックは水で容器の成分が溶け出す…というリスクがあります。
アレルギーで苦しんでいた犬が、プラスチック製の水入れの使用を止めただけで、症状が軽くなったという話もあるくらいですから。)
エルミナは有り難いこと(?)に、怪しいおやつ※は一切口にしない犬だったので、アレルギーも下痢も殆ど縁のない生活を送ってきました。
拒食が治ってからは、おやつはササミジャーキー(干物タイプの原形が分かるもの。)とヨーグルト、それに子供のおやつ用のチーズくらいになりましたが、かえって目やになどのトラブルはなくなりました。
犬のおやつはフードを少し分け与えても良いという獣医がいますが、危ないおやつを与えるよりはその方が良いように思います。
(ただしカロリーオーバーにならないように。)
そして歯磨きは、ロープのような歯磨きおもちゃや歯ブラシで…というのが、安全な方法ではないでしょうか。

※怪しいおやつ…代表格は、円筒型でいやに赤い色のついている「ビーフジャーキー」。
あれはクズ肉以下(…。)のものをミンチにして固め、色を着けたものです。

画像は、散歩途中に見つけたオオイヌフグリの花です。
(漢字に変換すると、物凄い文字になってしまった…。)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

4
c385d1d8.gif(C)週刊東洋経済3/11号 東洋経済新報社
昨日から一気に気温が上がり、数ヶ月ぶりに一日で大物が乾きそうな暖かさになってくれたので、今頃三ヶ月遅れの大掃除に勤しんでおります。(^_^;)
昨日はカーテン洗い(窓が多いので、もう二〜三回やらないと終わらなさそう。)、今日はそろそろ不要になってきた、ひざ掛け数枚を洗って終いました。
エルミナも先週後半から「ぽかぽかマット」(犬の身体の熱を反射させて温めるタイプのマット。電源要らずで、経済的。)を邪魔にし始めているので、今は夜だけ敷くようにしていますが、こちらも間もなく撤去することになるでしょう。
犬服や犬毛布もきれいに洗って、すっきり片づけるつもりです。
入れ替わりにクールコートを出さなきゃなぁ。(そういう季節になるんですねー。)

さてさて。
画像は今週号の「東洋経済」です。(^_^;)
ブログキャスターに続き、また犬日記で経済専門誌の紹介になりますが、今回は昨日の「フードネタ」がらみということでお目こぼし下さい。
今朝の新聞に掲載された、東洋経済の「なにを信じて食べればいいのか? 食の裏側」という見出しが引っ掛かり、別件で書店に出かけたついでに買ってきてみました。
で、くだんの記事を真っ先に読んでみたのですが…、感想は驚天動地 Σ( ̄□ ̄‖! でした。
内容は「成型肉」(…ってご存知でしたか?いわゆるクズ肉や内臓などを粘着剤で固め、肉に見えるようにしたものです。)に関する公取委の排除勧告でいきなり始まり、「人工霜降り肉」(?)「水増しハム」(??)など、見出しだけでは何やら分からない食肉の裏話が書かれています。
その次のページには食品添加物の専門家による、ごく一般的な家庭の一日の食事の添加物量(?)診断があり、その裏に「添加物分類表」※が掲載されています。

※専門的な文章を読むのは面倒という人でも、この表はスグレものですから是非ご一読下さい。
この表では食品添加物を第一グループから第四グループに分けていますが、第四グループ『毒性が強く、使用基準も著しく定められている添加物』の中に、ドッグフードから検出されたことがある、BHAやBHTが入っていました。

ここであまり詳しく説明してしまうと、雑誌の売り上げに影響するかも(?)しれませんので、詳しくは本を読んでいただくとして…。
(私は滅多にファミレスには行かない人間ですが、この記事を読んでみて、『行かなくてホントに良かったー!』と胸をなで下ろしました。)
20年ぐらい前普通の生活をしている人間が、一年間で取り込む食品添加物は4kg前後(!)といわれていましたが、今ではこの数値も数倍に跳ね上がっているのではと思います。
以前海外から食品の買い付けをしている商社に勤める知人が、「食糧の流通量が下ると、チェックのボーダーが緩くなるんですよ。」といってました。
残留農薬も放射性物質(チェルノブイリから数年経った頃の話でした。)の基準値は、食材の供給(流通)量に反比例するということだったのですが…、この話の怖さが分かりますか?
たとえば干ばつで大豆の生産量がぐっと低下すると、今までは食用には不適だった大豆が、何事もなかったように食用に回される…、そういうことです。
上記の週刊東洋経済の最新号の記事もそうですが、かなり検査の厳しい日本の(人の)食糧事情もこうなのですから…、犬向けの食材は推して知るべし、そう心してかからなければならないようです。

今日のおまけ:犬の検索エンジン「ぷーちナビ」さんで、「着いぬ」(犬の声の着メロ)のDLを始めました。(無料)
興味のある方は、こちらからアクセスください。
試聴も出来ます。(*^o^*)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

4
3408028b.jpg引き続きの更新です。
昨日は教えていた学生から検定合格(おめでとう!)のメールが届いたりしていたのに、返信は真夜中になってしまったお間抜けな私です。orz
(KGくん、ごめんよー。わざわざご報告してくれて有り難う&本当におめでとう!)
こういうときにノートPCがあると便利だなーと、毎回考える訳ですが…。
毎年雷シーズンに(仕事に)支障が出るというのは困るから、今年は「購入」を前提に探してみようと思っています。
(ただいま物欲大王が降臨中で先日のサルティスに続き、以前から思案中だったちょっと高価な浄水器を買おうかなーと悩んでいる私です。
先々週の『世界一受けたい授業』に出ていた新谷博士が、健康に長く生きる秘訣はいい食べものと、いい水だという話をしていらして、ごもっともと心から納得したんですよねー。
人はもちろん、犬にとっても水は大切ですものね。
興味のある人は、以下の新谷博士の公式サイト▼をご覧下さい。)
ドクター新谷公式サイト

さて。
輸入再開後一ヶ月で再停止になってしまった、アメリカ産牛肉※のずさんな処理方法を考えると、人の食用肉ですらあのレベルなのだから、ドッグフードの原材料ならいかばかりか…と、だいぶ暗くなってしまいました。
(▲こんなんを目の当たりにすると、AAFCOの審査基準にも疑問符点灯ですよね…。)
ナチュラルナースはオーストラリア産+牛肉は使っていないからいいとして、問題はローテ要員です。
ドッグフードの成分表示義務は80%のみで、残りの20%はうやむやのまま(どんなプレミアムフードでも。)ですから、ただでさえ「?」な部分が多いのに…。
非常時を考えると、フードゼロというのも困るし…。
春休みで時間のあるうちに、自分で数日保存の出来る犬の非常食作りを試してみようかな。
玄米粉やおからパウダー、ミンチ肉を使って、携帯出来るものにすると、にわかおやつにもなりそうですよね。

※閑話休題ですが、国産だから安全という訳でもありません。
アメリカで産まれた仔牛でも、輸入後三ヶ月以上日本で育てた牛は、全て国産牛になります。
ソースは、こちら
まさにレトリックだなーと思うのですが、更に挽肉などの加工肉ならば、輸入牛であっても産地表示の義務はないのです。
BSEの原因はイギリスでの大量発生時には、BSEで死んだ牛の脳や脊髄を、仔牛に与える人工乳に入れる肉骨粉(ミートミール!)の材料にしたためといわれていましたが、最近の研究ではそれだけではないようです。
(▲の初期感染はスクレイピーで死んだ羊の脳や脊髄などの部位を、上記の肉骨粉の材料として与えていたためというのが通説です。)
BSEの原因のプリオン=異常たんぱく質説も、現在揺らいで来ている部分があり、ただいま検証待ちという状態なのですが、その間にもCJD(クロイツフェルト・ヤコブ病、ヒト海綿状脳症。)が徐々に増加しそうな恐怖があります。

今日のおまけ:某所の掲示板に、こんな言語道断なスレがありました。続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

4
40e66413.jpg3/4は夕方から出かけてしまったので、翌日の更新となりました。<(_ _)>
一日遅れになりましたが、3/3の日記にアップすると書いた、犬のひな祭りご飯の詳細です。

■ひな祭りご飯
エルミナも一応女の子なので、ひな祭りっぽいご飯を作ってみました。
トッピングにゆで卵と菜の花を乗せ、ちらし寿司風に盛りつけています。
■材料
 ・ナチュラルナース  20粒ほど(お湯でふやかす)
 ・三穀ご飯(白米・大麦・黒米・キヌア・黒ササゲ)  しゃもじに軽く一杯
 ・ゆで卵  2/3個
 ・鮭切り身  2/3ほどをホイル焼きにする
 ・マイタケ  刻んで鮭の上に乗せ、蒸し焼きにする
 ・大根  1cmぐらいをみじん切りして茹でる。
 ・かぼちゃ  薄切り(小)をみじん切りして茹でる。
 ・菜の花 茹でたものを少量刻む。
 ・カッテージチーズ  大サジ1.5杯(+トッピング分大サジ1杯)
 ・おからパウダー  適量
 ・マッシュポテトパウダー  適量
 ・スキムミルク  大サジ2/3杯
 ・フリーズドライ納豆  大サジ1杯
 ・根昆布粉末  耳かき1杯
 ・かつお粉  小サジ1杯
 ・シャカシャカ  適量
 ・ササミふりかけ  適量
 ・モッツアレラチーズ  一つまみ
 ・太白ゴマ油  適量
 ・プロポリス(サプリメント)  1粒

■三月に入ってから食欲が落ちてきたエルミナですが、量を今までの2/3ほどにし、内容もたんぱく質をメインに切り替えてからは、毎日完食しています。(^_^;)
(今朝はマカロニ+ホウレンソウ入りの牛スジご飯を完食しました。)
初夏までは筋肉を増やす上記のメニューを、しばらく続けてみようと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

4
a1e6e17d.jpg(C)DOGFAMILY 058 2006/4月号 (株)ネコパブリッシング
今週に入り、タッパー半分強のご飯が残るようになりました。
炊いている量は以前と変わらないのになぜ?と思いましたが、それだけエルミナが食べなくなっているということなんでしょう。
(というより、去年の秋以降、どれだけ食べていたかということ?)(^_^;)
去年の八月から半年以上、ほぼ毎日どんぶり二杯のご飯を平らげたエルミナは、毛吹きが良くなり(たぶんこの冬の寒さのせいもおおいにあるでしょう。)、体重も数キロ増え(正確には測ってみないと分からないけれど、25kgは超えたかも…。)、だいぶ身体ががっしりとしてきました。
食べてくれない期間が長かったせいで、モリモリ食べてくれるだけで飼い主的には「是」だったのですが、この辺で少し失速してくれないとがっしりを通り越し、「デブボル」の道が拓きかねませんものね。(^_^;A
太るのは犬でも人でも悪影響しかありませんから、これからは現状維持出来る程度の食欲をキープして欲しいと思います。
(今日はご飯の量を減らし、中味をちょっと工夫してみたところ、朝晩とも完食しました。
夜は犬版ひな祭りご飯だったのですが、画像とレシピは明日アップいたします。)

さて、肥満つながり(?)になりますが。
画像は、発売されたばかりの「DOGFAMILY」最新刊です。
特集が「短命のモト、肥満を絶つ!!健康長生きダイエット」と興味深いものでしたので、ちょろっと立ち読みして来ました。
犬が太るのは食べ過ぎのせい(だけ)ではないというのは「へぇー」(@トリビア)でしたが、他にもいろいろ太る原因があるようです。
人の場合はミネラルバランスが崩れると太ったり(特定のミネラルが欠如すると新陳代謝が悪くなると言われています。)、体内に重金属が溜まる(最近流行りのデトックスは、これらの有害物質を身体から排出し痩せる、というダイエット法です。)と脂肪がつきやすくなるといいますが、犬はどうなんでしょうか?
ボルゾイのような胸の深い犬は比較的太りにくいと言われていますが、ラブラドールやビーグルのように食べるのが大好きな上に、遺伝的に太りやすい犬種もいるので、肥満に対する対処法もそれぞれ違ってきそうですが…。
愛犬を肥満にしないために、どの犬種の飼い主であってもしなければならないことは、食事のおおまかなカロリー計算と、おやつを含め出来るだけ余計な食べものは与えないということでしょうね。
▲犬ではなくて、人間の子供の話で恐縮ですが。
肥満になりやすい子供というのは、幼年期に泣いてダダをこねた時に、周りの大人が泣きやませようとしてアメやお菓子を与えたことが多いともいいます。
子供の心に、イライラして泣く(ストレスが強い状態になる)と誰かが甘いものをくれる(ことによって、一時的にストレス解消が出来る。)とインプットされてしまうと、大人になってからも食べることでストレスから逃げようとするようになるそうです。
また、食べることで問題から逃避する癖がついてしまうと、ますます打たれ弱くなってしまうとも。
これをそっくり犬に当てはめるのは乱暴ですが、周りの大人の甘やかしを飼い主のそれに置き換えてみると、愛犬が太ってしまう原因が何となく見えて来るのではないでしょうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

4
972c7527.jpg一昨日から何ヶ月ぶりかで胃の調子が悪くなり(ムカムカしてる状態。)、歯(?)まで思い出したように痛みます。(T_T)
また歯医者通いになるのかぁ…と肩を落としつつも、はたと気付いたことがありました。
先週ずっと細かいプログラム作業をしていたため、週末から肩がゴチゴチに張っていたんですよねぇ。
私が胃を壊すのは風邪の前兆か、もしくは肩の凝り過ぎかのどちらかなので、「あー、そうか。今回は疲れが全部肩に出て、胃まで悪くなったのかー!」とやっと納得いたしました。(←遅いぞ、自分。)
肩が凝っていれば、歯が浮き上がって痛くもなり訳ですし。
去年同じような歯の痛みに耐えかね、歯医者に駆け込んで診てもらったら、「こりゃ虫歯じゃなくて、知覚過敏ですね。」とあっさり帰された前科がありました。(^_^;)
▲以来、歯の再石灰化を促す○カルデントガムを愛用してます。
肩凝りが原因なら、凝りが取れれば胃の具合の悪さや歯の痛みが解消するはず…なんですけれど。
いつになく時間がかかっているのは、ここ数日のとんでもない気温差のせいなんでしょうか?

さて。
昨日報じられた、このニュース▼をご存知でしょうか?

犬と散歩で一晩不明、小6男児を保護…大津

犬はグレート・ピレニーズ(超大型犬。体重は40〜60kg以上になります。)だったそうですが…、親は男の子とはいえ、超大型犬の散歩を子供一人に任せてしまったのでしょうか?
どういう状況で男の子と犬が見つかったのか、この記事からは分かりませんが、個人的には親の管理責任が真っ先に問われるのでは、と考えてしまいました。
(犬をノーリードで散歩させがけから転落というなら、更に無責任極まりない話ですが。)
この犬日記でも何度か書いていますが、アメリカでは子供が一人で犬を散歩させることを禁じた法律があります。
日本でも犬を散歩させるのは、いざという時犬を制御出来る人間のみにすべきと、法律で明記されています。

ペットトラブル法律 Q&A

中型犬以上ではヒール(ツケ)が出来ないと、散歩の度に愛犬に引きずられることになりますが、もし躾に自信がないというなら、犬と一緒に躾教室に通うなり、あるいは、犬を制御しやすくなる「ジェントルリーダー」※や「ハルティカラー」※2を使ってみるなり、と、改善策はいろいろあります。

※や※2は馬の轡(くつわ)の要領で、無駄な力を使わずに犬をコントロール出来る専用のカラーです。
マズルカバーと勘違いして怖がる人もいるそうですが、リーダーウォークが出来ないという飼い主さんには、是非お奨めしたい首輪です。

まぁ、▲のジェントルリーダーを使っても、子供一人での散歩はさせないで欲しいものですが、ホントに「飼い主【親】は何を考えとるーーー!」(ちゃぶ台、ガッチャーン!)な事件でありました。
(最後になりましたが、犬は助かったそうですのでご安心下さい。)

今日のおまけ:食欲が落ちてきたエルミナに、今朝は牛カレー肉(前日にボイルし、朝固まって浮いた脂を取り除いてから、もう一度火を通したもの。)のみじん切り+プチトマトのトッピングご飯を与えたところ、九割方食べました。
ご飯にも鶏ミンチ肉が入っていますが、少し違う匂いのものがあると、食いつきが良くなるようです。
(昔はこれをチーズでやっていて、そのうち高価なチーズしか食べなくなってしまったことがありました。orz
今は食材も安いものを工夫して与えるようにしてますが、▲の頃のワンゲル係数はとんでもなかったんじゃないかと、今さらながら反省した私です。)

食欲が落ちてくると当然フードの減りも緩やかになりますが、高品質のフードでもずっと同じものを与え続けていると、残留農薬や添加物(その他モロモロ)が気になり、そろそろローテ候補を探してみようかと考えています。
現在はアーテミスとナチュラルナースのローテ(アーテミスは小袋に入れ替えてから保存しているので、日替わりでローテすることも。)ですが、かねてから気になっていたフリントリバーランチを買ってみようかな。
トッピング食材も残り少なくなってきたので、こちらも注文しなきゃですわ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

4
f8e0c517.jpgそろそろ猫の恋のシーズンで、散歩中に猫の鈴なり(苦笑)に出くわすこともある早春の犬散歩。
エルミナは今みっつ猫が好きかどうか分からない(獣猟犬の血が出てただ追い回したいだけかもしれないし。)のですが、道ばたで猫を見つけるとシッポが水平に上がり(垂れシッポがデフォなボルゾイでは、かなり珍しい態勢。)、「ねこ、いたー、ねこ、ねこ、ねこ!」と大はしゃぎします。
猫から見ればどでかい犬にキャーキャー騒がれ、いい迷惑なのでは?と気の毒に感じますが、たまに好奇心旺盛な猫(チャレンジャー?)がいて、「ニャー」と声をかけてくれることがあります。(^_^;A
今日も顔見知りのおばさんちの三毛猫(完璧に室内飼いのようでした。)が、おばさんの後からちょこんと顔を出し、「ニャー」とご挨拶してくれました。
エルミナは挨拶された後判断に困り、その場で固まってしまった(ぷっ)ので、失礼ながらそのままお暇して来たのですが。
犬にガウられたら速攻でへたるのに、猫だと勝手が違うようです。
今じゃ魚好きどうしなんだから、むしろ犬より上手くやれるんじゃないかなぁ?

今日は少し食欲が落ちてきた、エルミナの朝ご飯をアップしてみました。
エルミナの食欲は、毎年梅雨時が最低で、その後徐々に増して秋〜初冬がMAX、その後少し落ち着いて、冬が終わる頃から少しずつ減退していきます。
これから梅雨時までは、高カロリーのものを少しだけ与えるようになりますが、今年は鮭のおかゆなんかでも食べてくれるんじゃないかと思っています。

■ゆで卵・グリンピースご飯
ダンナのお弁当用と一緒に、炊飯器クッキングで作った(?)ゆで卵をトッピングしてみました。
丸ごと一個与えると目やにが凄くなるので、微調整しています。(^_^;)

■材料
 ・ナチュラルナース  20粒ほど(お湯でふやかす)
 ・雑穀ご飯(白米+黒米・大麦・そば米・黒ササゲ・
  きび・あわ・クコの実入り)  しゃもじに軽く一杯
 ・ゆで卵  上記を2/3個
 ・鶏挽肉  50g前後
 ・大根  1cmぐらいをみじん切りして茹でる。
 ・かぼちゃ  薄切り(小)をみじん切りして茹でる。
 ・グリンピース  冷凍のものを20粒前後
 ・カッテージチーズ  大サジ1.5杯(+トッピング分大サジ1杯)
 ・おからパウダー  適量
 ・マッシュポテトパウダー  適量
 ・スキムミルク  大サジ2/3杯
 ・フリーズドライ納豆  大サジ1杯
 ・根昆布粉末  耳かき1杯
 ・かつお粉  小サジ1杯
 ・シャカシャカ  適量
 ・ササミふりかけ  適量
 ・モッツアレラチーズ  一つまみ
 ・太白ゴマ油  適量
 ・プロポリス(サプリメント)  1粒

今日のおまけ:おまけはダンナの今日のお弁当。(^_^;)
お弁当0228。
台所で慌てて撮ったので、下に敷いたキッチンペーパーが濡れております。orz
昨日新しいお弁当箱を忘れてきたので(-"-#)、今日は去年まで使っていたのを引っ張り出しました。
ご飯は犬と同じ雑穀ご飯+自家製梅干し、おかずはのりっこチキン(冷食)、かぼちゃのサラダ(カボチャ、ツナ缶、マヨネーズ)、ひじきの煮物(ひじき、ニンジン、ハス、あぶらげ、鶏肉)、ゆで卵、プチトマト+ふりかけでした。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5
d8d2da2c.jpg(C)愛犬の友 (株)誠文堂新光社
昨日は台風でもやって来たかと思うほどの暴風雨が降り、夜になってもぽかぽか陽気のままでした…が。
今日は平年並の気温に戻り、昼前から風花の舞う寒さとなりました。orz
昨日灯油を買いに出かけた時には、「こんなに暖かいなら、もう買い足さなくてもいいかもー。」と一瞬考えてしまったのに、やっぱり東北の冬は侮れませんでした。(^_^;)
以前は四月の半ばまで、雪が降っていたんだものなぁ。

ということで。
先月から楽しみにしていた「愛犬の友3月号 サイトハウンド特集」が25日に発売されていたので、早速買ってきました。
イタリアン・グレーハウンドやウィペットなど飼いやすいサイズのサイトが増え(昨日もウィペットを散歩させている人を見かけました。)、一冊の30%強がサイト特集といううれしい雑誌が出るのは、人気犬種にはほど遠いサイト飼いには快挙です。(^_^;)
(…とはいえ、ダブルコートの長毛で毛深いボルゾイ飼いから見ると、サイトの短毛種は越冬出来るか真剣に不安になるのですけれど。
▲エルミナを迎える前、ダンナはサルーキを飼いたがっていたのですが、暑さにも寒さにも弱いということで、極寒&酷暑の盆地暮らしには不向きで却下となりました。)
特集の中には普通の犬種説明などの他に、サイトならではの病気や、サイトの身体的・性格的な特徴なども細かく載せてありました。
サイトならではの気質や身体的な違い(ヘマトクリット値の高さや脈拍の少なさなど。エルミナは健康診断のたびに突っ込まれてます。)もかなり分かりやすく説明されてますので、現在サイトを飼っているという人だけでなく、これから飼ってみたいという人にもお奨めの一冊です。
(興味深かったのは、サイトが麻酔に弱いという詳細な記述でした。
今のかかりつけの獣医さんは、ショードッグのアフガンやサルーキなどの患畜がいるので、サイトの特性に詳しく、全身麻酔の際も気道麻酔をなさらなかったのですが、▲を読んでそのあたりの詳しい事情が分かりました。
とても勉強になりますので、サイト飼いさんは立ち読みでもいいですので、是非ご一読下さい。)
ところでエルミナはやらないだろうなーと思いつつ、興味があったルアーコーシング(の記事も載ってます。)…。
日本で唯一の団体へ問い合わせのメールを送ろうかと思っていたら、主宰者は古いボル友のしょーこさんでした。(^_^;)
うーむ、世間は全く狭いものです。

今日のおまけ:エルミナのトッピング食材が減ってきたので、久しぶりにペットショップへ行ってみると、まだグリニーズが並んでいました…。
何の注意書きもない状態で売られてましたが…、それでいいんでしょうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

5
b5b046de.jpgやっと暖かくなったかと思ったら、今日は朝から雨降りです。orz
お日様大好き(夏以外)なエルミナは、朝から雨だと機嫌が悪く、今朝もどこか怪我でもしたか?と思うほど、渋々散歩に出かけました。(^_^;)
濡れている路面を踏むのが厭なのだと思いますが、これから雨が降るたびに、散歩拒否をするつもりなんでしょうか?
(飼い主的には濡れずに済んで有り難いですけど、そういう問題じゃないですよねぇ。)

さてさて。
今日は縁起がいいのとおめでたいので、昨日ちょこっと書いた合格話から。
ちょこっと前にエルミナの画像(お守り?)を貰っていただいた(たぶん、○性自身の記事の前後でしたっけ?)、みぃさんママさんから▼のようなうれしいご報告をいただきました。

----以下、みぃさんママさんのメールのコピペです。-------


さて、エルミナちゃんの『サクラ咲く』写真をなでなでして
中学受験に向かった娘ですが、おかげさまで無事に
進学先が決まりました。

5校(1校は2回受験したので計6回の受験)受けたの
ですが、4勝2敗でした!! 本当にエルミナちゃん効果!
どうか、『エルミナ伝説』にまたひとつ加えてくださいませ。
どうもありがとうございました (^o^)/


-------------------------------------------------------

合格はエルミナの力というより、娘さんの努力の結果だと思います(苦笑)が、ホントに良かった、良かったでありました。(^_^*)
おめでとうございます、みぃさんママさん。
(以前身近な知人に、エルミナをなでた翌日に仕事が決まったとか、試験に合格していた、という話を聞かされたことがありましたが、実は飼い主が思っている以上にスゴイ犬だったりする?)
飼い主的には、次は是非「宝くじで賞金GET!」と行きたいところなんですけどねぇ。

それから、メールアドレスを知っている方には直接メールでお知らせしましたが、先日よりちびちびとアナウンスしていた星占いサイトをプレオープンしました。
来月いっぱいはオープン記念サービスを実施しておりますので、宜しかったら一度ご覧下さい。

愛犬と飼い主のための星占い WAN-HOLO

4
9ed72515.jpg今日はポカポカ陽気で、最高気温が13℃近くまで上がりました。(^_^*)
陽射しが暖かなので、暖房なしでも十分過ごせました。
(夜の10時を過ぎても、まだ暖房をつけてません。)
やっと過ごしやすくなってきましたねー。

さてさて。
今日も一日、星占いサイトのツメで終わってしまいました。(画像)
CGIが動かず昨日から苦労してましたが…、今日になって原因がMacのIE(…はブログだけでなく、最近のCGIにも見放されているらしいです。)にあったことに気付き、作業環境を変えやっとちゃんと動作を確認出来ました。orz
MacのIEは5.23止まり(マイクロソフト社が、もうMac向けのブラウザは開発しないと宣言して、数年経つんですよねー。)ですが、CSSだけじゃなく、CGIの未対応まで出てきたとは…。
ますますこっちのMac(iMac)を買い直せー!と、せっつかれている気分になります。
元々相性最悪なMacとマイクロソフトですが、インテルCPUを積んだMacが出たんだから、もう少し何とかしてほしいものです。はい。

ということで、今日も泥縄の日記で失礼します。
明日はオープンのご報告をしたいと思います。

今日のおまけ:先月エルミナの画像を差し上げた、知人のお子様が希望校に合格なさったという、うれしいメールをいただきました。
(みぃさんママさん、メール有り難うございました。
ちゃんと届いておりますよー。
レスが亀ですみません。)
まずは良かった、良かったでした!

次は本当に、宝くじの大当たりが出てくれたり…しないかな?

↑このページのトップヘ