ボルゾイ暮らしトコトコ新聞2018

元祖「福犬」ボルゾイの故「エルミナ」、二代目福犬駆け出しの故「ディアナ」、三代目保護ボルの「かのん」と、飼い主の日常です。

犬とのくらし

 二度目のピー再発から一週間あまり、ようやくかのんのおなかが落ち着いたようです。ε-(´▽`)
しっこ・○んちのリズムもピー前に戻ったらしく、我慢出来ずに室内で催す(ペットシーツを敷いてない場所に…。)ことはなくなり、しっこも夜中か留守番中に室内トイレでのみ(失敗なし)でした。
(かのんを引き取ってしばらくの間、前の二頭が仔犬期に使っていたトレータイプのトイレ【スーパーワイドサイズ】を使っていたのですが、置き場所を変えても失敗することが多かったため、今は飼い主のPC部屋の手前【ケージ脇】に、防水マット+滑り止めシートをセットし、その上にスーパーワイドサイズのペットシーツを敷いてます。)
食餌は一昨日の夜からいつものスープパスタ風ご飯に戻しましたが、ピーすることもなく、むしろ目が合うと「おなかすいた!なんかちょうだい!」と、訴えるくらい元気になった様子です。
ここでまた欲しがるだけ与えると消化不良を起こし、エンドレスピーになってしまうので、おやつと夕ご飯の間等に、消化の良いものを少しだけ上げるようにしてみました。
かのんなら一日あたり200kcal(以上)増やしても、食べ過ぎにも肥満にもならない(むしろ、ガリっ子の解消になる。)と思いますが、許容量を超えるとまた下痢して痩せてしまうので、どのあたりで折り合いをつければいいのか、悩みに悩んでいる飼い主です。
二代目デコっぱ@ディアナは何を食べても太ってしまい、どうすれば痩せさせることが出来るか毎日唸っていたんですが…、まさか三代目で逆の苦労をするとは…。(´;ω;`)トホホ
(もっともかのんはガリガリでも、フード嫌い&拒食だった初代エルミナに比べればまだまだ可愛いもので、食餌も出されたものは殆ど平げてくれるだけマシなんですけどね。)

 こちらは迷子犬を保護した時は、24時間以内に身元確認すべしというツイです。
犬が迷子札を身につけていれば(噛み癖のない犬に限りますが。)、保護した段階で飼い主さんへ連絡することが出来ますが、ない場合は写メを撮り、Twitterで拡散が今もっともベストな方法かも。



 2016/4/4、お知らせ。
4月より、余命本シリーズの告知はサイドバーに移動しました。
余命の最新情報は、こちら(余命三年時事日記)からチェック下さい。

 9/15に元刑事で外国人犯罪対策講師、板東忠信さんの「寄生難民」が発売になります。
興味のあるビジター様は、各リンクをクリック下さい。(アマゾンへ飛びます。)


 朝日新聞の捏造による森友・加計学園問題を一刀両断した、小川榮太郎さんの徹底検証本です。


 2018/1/18発売、カミカゼ@じゃあのさんの初書籍「売国議員」です。(祝アマゾンベストセラー1位!)


 2018/3/10発売、井上太郎さんの「公安情報」本です。(祝:発売前重版決定!)




 こちらは人畜共通感染症(ズーノーシス)についての記事(定期更新)です。
文中にあるレプトスピラでは、エルミナが1歳ぐらいの頃、会社の倉庫で飼われていた(繋がれていただけで、ろくに世話もされていなかったらしい。)シェパードの親子(母子)が、立て続けに感染し亡くなってしまったという事例を、某ペット掲示板への書き込みで知り、しばらくネズミ((((; ゚Д゚))) コエーとビビった記憶があります。
シェパードは倉庫の持ち主の社長の飼い犬でしたが、ほぼ放置で食餌や水やりを怠っていたそうで、犬たちがレプトスピラに感染(人が感染した場合は、ワイル病)したのは、ネズミの尿に汚染された、水たまりの水を飲んでいたせいなのでは…と噂されてました。
因みにレプトスピラは混合ワクチンで予防出来ますので、愛犬のためにも年一回ワクチンの接種(有料)は忘れずに受けて欲しいと思います。

ペット→人間への感染症の怖さ 放置して9割死亡する病気も NEWSポストセブン(以下、転載)

ペット→人間への感染症の怖さ 放置して9割死亡する病気も
2018.03.08 11:00

 全国のペット愛好家に衝撃を与えるニュースだった。福岡県に住む60代女性が猫を飼育していたことが原因で亡くなったというのだ。この女性の死因は猫や犬から感染する「コリネバクテリウム・ウルセランス感染症」であり、同感染症による国内での死亡例はこれが初めてだと厚労省は1月に発表した。

 ペットなど動物からヒトに感染する「人獣共通感染症」あるいは「動物由来感染症」は、日本国内に数十種類程度存在するといわれる。

 現在、ペットの飼育数は犬が約900万頭、猫が約950万頭。全体では減少傾向だが、70代の飼育率は15.4%と横ばいで、ペット熱は依然として高い。その一方で「ペットに病気をうつされる」ことを認識して飼っている人は少ない。人獣共通感染症が専門分野の獣医師、日本大学医学部・荒島康友助教はこう言う。

「犬や猫の飼育場所が屋外から屋内に移り、抱き上げたりキスしたり、寝室に入れたりと、より直接的に接触する機会が増えた。それが人獣共通感染症を増やすことにつながっているが、飼い主の側がそれを自覚していない。体に不調を感じながらも、ペットから伝染した病気だと気づかずにいると、手遅れになってしまうこともある」

◆3割が亡くなる

 どんな症状の際に人獣共通感染症が疑われるのか。猫を飼っていて「足先のズキズキした痛み」や「発熱」があったら、「パスツレラ症」の可能性がある。

「咬まれたり、ひっかかれたりした後に、通常は2〜3時間後、早い人では30分後くらいから患部が腫れ始める。放置しておいた場合には、敗血症や髄膜炎、気管支炎、肺炎などの症例もある。糖尿病や肝障害など慢性の持病を持っている人は、重症化しやすい」(荒島助教)

 原因が思い当たらないのに慢性的な疲労を感じ続けている人は、猫が原因の「Q熱」かもしれない。

 猫など哺乳動物が保有するコクシエラ菌が病原体で、全身の倦怠感や集中力の低下、腹痛などさまざまな症状を引き起こす。急性の場合、インフルエンザにかかった時のような症状や肺炎、髄膜炎などを引き起こすことも。とくに高齢者が発症しやすいといわれているから要注意だ。

「カプノサイトファーガ・カニモルサス感染症」は猫だけでなく犬経由でも感染する病気。重症化すると肝不全や敗血症、髄膜炎などを引き起こし、多機能不全で命を落とす危険性がある。

「カプノサイトファーガという、犬や猫の口腔内に常在する細菌が原因です。発症は稀ですが、発症すると6時間前後で重症化し、約3割の人が亡くなる恐ろしい感染症。過去には新聞配達中に犬に手を咬まれ、翌日には虫の息になっていたという事例もあります」(同前)

 犬から感染する「レプトスピラ症」、「エキノコックス症」も怖い。

「レプトスピラ症はネズミの尿から犬などに、それから人間へと感染し、急性腎炎を起こし、適切に治療しないと命を落とします。

 エキノコックス症はもともとキツネが持っていた寄生虫が犬や猫にうつり、犬や猫の糞にある卵が口に入ることで人間へと感染する。犬はグルーミングして自分のお尻の穴を舐めるので、そこから人の口を犬が舐めることで感染する可能性もある。

 人間に伝染する場合は、5〜10年かけて肝臓が侵され、放置した場合、90%が亡くなると言われています」(同前)

 皮膚のかゆみや炎症が続く時は飼っている犬が原因の「疥癬」が疑われる。

 犬に寄生したダニが原因の病気のため、飼い主がいくら皮膚科を受診したとしてもペットの根治ができない限り「いつまでも治らない」と悩み続けるケースもある。

 感染症ではないが、犬や猫を長年飼うことで、アレルギー症状を引き起こしているケースもある。

「猫の毛根の脂肪やフケなどがアレルギーの原因となる。一緒に寝ていれば寝具に大量につき、体内に蓄積されてしまう。ペットを寝室に入れないことで、アレルギーの発症を予防できます」(同前)

 ペットからの感染症に、特に高齢者は気を付ける必要がある。

「免疫力が低下している高齢者の場合、感染しやすいうえに、症状が重くなりやすいのです」(同前)

 さらにペットとの「密着度」も問題だ。一般社団法人ペットフード協会の調査(2017年)によれば、70代の飼い主の犬の散歩頻度と散歩時間は、全世代中最多だった。「運動不足解消のため」という理由が多いが、犬と接する時間が長くなればなるほど、感染の危険性も高くなるのは必然だ。

「飼育しているのが小型犬や老犬の場合、散歩中に抱きかかえることも多い。人と犬の距離が近いので、感染症にかかるリスクは増します」(同前)

※週刊ポスト2018年3月16日号






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

3
 明日から天気が下り坂らしいので、突風に煽られた(?)昨日に続き、今日も昼の散歩はサイクリングロードまで出かけてみました。
(あれからゲーピーの粗相はなく、飼い主の外出中に室内トイレで小を済ませただけ【失敗せず。】でした。)
天気も良かったので、かのんがいつも行きたがっている地下道の先まで足を伸ばし、更に迂回しながら戻ってきたので、1時間弱(距離にして6km前後)は歩いたでしょうか。
途中、ウグイスの初鳴き(というより新人ウグイスがデビュー前に、必死に猛特訓している感じで笑ってしまった。)に遭遇したりと、いたってのんびりした散歩になりましたが、サイクリングロードから下りる時になって、かのんの意外な弱点を見つけてしまった飼い主。(・ω・ ;)(; ・ω・)
かのんは今までの二頭と違い、スタスタと階段を登ることは出来るのですが、何と下りるのがとんでもなく苦手らしく。(;`・д・´)エッ!
飼い主に体重をかけながら(いざという時の保険代わり?)、なぜか斜めに下りようとするので、こっちまで巻き添えを食って、転がり落ちるんじゃないかとハラハラでした。
普通階段は登ったらいずれは降りるものだと思うのですが…、かのんは今までどんな環境で暮らしていたんでしょう?(?ω?)
もしかして今まで、階段を下るような経験がなかったとか?
里親会さんではずっとケージ暮らしだったという話を伺いましたが、まだまだ未経験ゾーンが多数ありそうな気がしますね@かのん。

 こちらはその後が非常に気になる、新燃岳の爆発的噴火です。
前回は1月下旬に新燃岳が噴火し、3月に東日本大震災が発生したんですよね…。((((; ゚Д゚)))ガクブル
(…ということは、もしかしたら今回は5月頃に大地震が来るかもしれないということですか。←備蓄食料他を確認して、不足しているのがあれば補充しとかないと。【滝汗】)



 2016/4/4、お知らせ。
4月より、余命本シリーズの告知はサイドバーに移動しました。
余命の最新情報は、こちら(余命三年時事日記)からチェック下さい。

 9/15に元刑事で外国人犯罪対策講師、板東忠信さんの「寄生難民」が発売になります。
興味のあるビジター様は、各リンクをクリック下さい。(アマゾンへ飛びます。)


 朝日新聞の捏造による森友・加計学園問題を一刀両断した、小川榮太郎さんの徹底検証本です。


 2018/1/18発売、カミカゼ@じゃあのさんの初書籍「売国議員」です。(祝アマゾンベストセラー1位!)


 2018/3/10発売、井上太郎さんの「公安情報」本です。(祝:発売前重版決定!)




 こちらは経営の苦しい獣医師が、フィラリア予防薬をネットで転売し、書類送検されたというニュースです。
…フィラリア予防薬は投与前に血液検査の必要があるのに、獣医師自ら何やってんですか!とグーパンしたくなりましたが、54錠で32000円…というのは( ̄ω ̄; ) エートォ...。
うちの犬のはチュアブルタイプのフィラリア予防薬で、ひと月あたり1500円くらいしますが、上記の計算で行くと81000円になりましたぜ?

ペット用予防薬を違法発売 「経営が苦しかった」 大阪の獣医師を書類送検 産経WEST(以下、転載)

2018.3.6 19:55
ペット用予防薬を違法発売 「経営が苦しかった」 大阪の獣医師を書類送検
 

 犬用の感染症予防薬を診察せずに販売したとして、大阪府警生活環境課は6日、医薬品医療機器法違反と獣医師法違反の疑いで、大阪府東大阪市の「ゴン動物病院」の男性獣医師(48)=同市金岡=を書類送検した。

 書類送検容疑は昨年3〜8月、犬を診察せずに東京や愛知、兵庫に住む男女5人に、犬が感染する寄生虫病「フィラリア症」の予防薬54錠を約3万2千円で販売したとしている。

 同課によると、獣医師は平成27年3月からインターネット上で販売を開始。28年7月に府から行政指導を受け、いったん販売をやめたが、昨年3月から過去の購入者にメールで再び購入を呼びかけていた。市販価格の4割程度で計17人に販売。約17万円の売り上げがあった。

 同課によると、獣医師は容疑を認め「経営が苦しかった。売ればもうかり、(病院への)集客になると思った」と供述している。






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

3
 かのんのピーゲーは一応昨日いっぱいで治ったようで(推測)、昨夜7時頃に自宅でピー(小ついでに出ちゃったらしい。)して以来、至って落ち着いています。
なかなか下痢が治らない時は、1月に動物病院でもらってきた下痢止めを飲ませようかと思ってましたが、薬で下痢を止めてしまうと、本来の治癒力が働かないこともあるんですね。
かのんの場合は、寒過ぎたこの冬の冷えが原因だったかもしれないし、以前書いた鮭アレルギーかもしれないし…とあれこれ考え、(犬の)自然治癒力に賭けてみて、それでも治らないようならもう一度病院へ行こうと思っていました。
幸いそこまで悪化することなく、体調が上向きになってきたかのんですが、今日明日の当地はまた真冬の寒さが戻ってくる(明日の最高気温は2℃…。低温注意報が確実に出るな。)ので、もう数日様子見をすることになりそうです。
おなか具合が良くなってきたのは、以前から少しずつ始めていた犬マッサージ(初代エルミナの頃からやってましたが、二代目デコっぱ@ディアナは、あちこちカイカイ状態で触られるのを嫌がっており、数年ブランクが開きました。)が奏功しているのかなとも思いましたが…。
身体は相変わらずガリガリホネホネ(サルーキと言った方が早いくらい。)で悲しくなりますが、マッサージをしていると気持ち良さそうに眠ってしまうので、少しはリラックス出来ているのかなぁとホッとしている飼い主なのでした。
(仔犬から飼った今までの二頭に比べ、かのんは気を遣っている感があるのが多少気の毒で…。←飼い主にはそうでもないんだけど、ダンナにはかなり遠慮している気がする。)

FJ3100860001
 画像は、昨夜のかのんの夕ご飯のおかゆです。
鶏胸肉の茹で汁に、白米のパックご飯と刻んだ牛スジ、ほぐした鶏胸肉を入れ、上にゆで卵半分を潰して乗せた病犬仕様。
昨夜まで三日連続でおかゆでしたが、今日はピーも治った様子なので、少しずつ普通のご飯に戻そうと思っています。


 2016/4/4、お知らせ。
4月より、余命本シリーズの告知はサイドバーに移動しました。
余命の最新情報は、こちら(余命三年時事日記)からチェック下さい。

 9/15に元刑事で外国人犯罪対策講師、板東忠信さんの「寄生難民」が発売になります。
興味のあるビジター様は、各リンクをクリック下さい。(アマゾンへ飛びます。)


 朝日新聞の捏造による森友・加計学園問題を一刀両断した、小川榮太郎さんの徹底検証本です。


 2018/1/18発売、カミカゼ@じゃあのさんの初書籍「売国議員」です。(祝アマゾンベストセラー1位!)


 2018/3/10発売、井上太郎さんの「公安情報」本です。(祝:発売前重版決定!)




 こちらは平昌オリンピック女子フィギュアスケートで金メダルを獲ったザキトワ選手に、日本から秋田犬がプレゼントされることになったというニュースです。
日本犬は総じて噛む気質が強いし、頑固で躾が入りにくいと言われている(メディアはその辺に全く触れず、無責任に柴犬ブームを煽りまくってますけど…。我が家周辺はもうこれ以上増やすな!と訴えたくなるくらい、凶暴で言うことを利かない、ギャン吠えの柴犬ばかりになりました。)ので、実際のところ大丈夫なのかと心配になりますが…。(・ω・ ;)(; ・ω・)
プーチン大統領ですら、贈呈された秋田犬のメチタ(ロシア語で『夢』の意)が「噛むよ」とボヤいていたのに、ドッグトレーナーetc…は決まっているんでしょうか。

 実際に秋田犬を飼っているオーナーさんの辛辣なtweet。(でも、本当にそう思う@いい加減過ぎるメディア。)

 こちらは日本犬がなぜ飼いにくく躾が難しいのかに関する記事です。
昨今の柴犬ブームで飼育頭数が激増、ニアミス時には喧嘩腰&いきなり噛まれかけることが増え(他の犬は吠えるだけなのに、柴犬は牙を剥いて飛びかかってくることがあるので、正直散歩中にもっとも出会いたくない犬種になりました。)、辟易している飼い主的には、こういったマイナス面をもっと積極的にアナウンスして欲しいと思います。

秋田犬もらうザギトワ選手の困った問題 47NEWS(以下、転載)

秋田犬もらうザギトワ選手の困った問題
2018.3.5 13:50

 フィギュアスケートの平昌五輪団体女子フリーで、世界歴代2位で自己ベストを更新し、ロシア出身選手団の銀メダルに貢献。個人では圧巻の演技で金メダルを獲得したアリーナ・ザギトワ選手。弱冠15歳のかわいらしさもあり、ロシアのみならず日本など世界でファンを魅了した新星だが、このたび日本の秋田犬保存会などから雌の秋田犬をプレゼントされることになった。日本食が好きで、将来の夢は「日本食レストランを持つこと」という日本びいきで、日本人として筆者も嬉しい限り。既に犬の名前も「日本語で勝利を意味」する「マサル」と名付けることも決めたそう(雌なのに・・・)だが、一つ困った問題が起きそうだ。

 ザギトワ選手は12歳の時に、フィギュアのトレーニングのため故郷の中部ウドムルト共和国の首都イジェフスクに両親と妹を残し、モスクワ市内に転居。現在は祖母とともに、アパートに暮らしているが、ロシアのメディア「マッチTB」に対し「両親は飼うのを許してくれたんだけど、おばあちゃんは疑問を持っている。賃貸アパートは手狭で問題になりそう」と告白している。

 アパートの部屋が、どれぐらいの広さなのか不明だが、家賃の高さでは東京をしのぎ、世界有数と言われるモスクワで、つい最近まで無名だった15歳の女の子が大きな部屋を借りられるとは思えず、相当狭いのではと想像してしまう。しかも、秋田犬に先立ち、猫1匹とチンチラ2匹の狎莉纂圻瓩發い董∨萋の世話をするだろう祖母がためらう理由も分かる。

 五輪前の日本滞在中に日本の雑誌を読み、載っていた写真を見て一目ぼれして、欲しくなったという秋田犬だが「どれぐらいの大きさか知らない」。部屋が手狭なためより小さな雌を所望したと言うが、実は秋田犬は小さな犬ではない。日本犬の中で大型犬に属し、保存会によると、祖先は狩猟に使われたマタギ犬。雌でも成犬になると体重25キロ前後、体高60センチにもなる。生後間もなくは数キロ程度だが成長は早く1年程度で7〜8倍に成長する。東日本大震災後の支援に対する感謝の印として秋田県から秋田犬を贈呈されたプーチン大統領なら、広大な公邸もあり、飼うのに困らないだろうが。

 「人に言えないことをいつも(ペットと)話している。彼らが私を裏切らないことを知っているもの」と15歳の少女らしく、動物への愛を隠さないザギトワ選手。「いずれにしろ、私は飼うわ。とっても気に入ったし、とっても忠実だって言うし」と、その決心は揺らぎそうにもないが、唯一の解決策はより大きなアパートへ転居することだろう。

 平昌五輪では個人種目唯一のロシア出身者の金メダリストとなり、プーチン大統領から勲章を、メドベージェフ首相からは高級車BMWの鍵を受け取った同選手は既に国民的英雄。ロシア政府にはぜひ、彼女が好きな動物に囲まれて暮らせるよう住居の面でも配慮してほしい。ちなみに、コムソモリスカヤ・プラウダ紙(電子版)によると、モスクワでの秋田犬の販売価格は8万ルーブル(約15万円)以上だという。 (47NEWS編集部 太田清)






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

3
20110310ume

 本日は、昼前から雨のエルミナ地方。
昨日20℃近くまで上がった気温が、一日で5℃近く下がり、明日は更に低くなって最高気温が「4℃」と、真冬の寒さリターンズの予報が出てます。((((; ゚Д゚)))
東北の三月は寒気と暖気のせめぎ合いで、数日置きに気温が乱高下するのはいつものことですが、二日で15℃も上下するのは滅多にありません。
東日本大震災直後のもの&燃料不足の教訓で、「暖かくなり始めても、燃料は多めにキープ!」を心がけ、猛烈な寒波が降りてきても半月〜は凌げるくらいの備蓄がありますが、暖かくなったと言っても今年はまだ梅の花もまばらなんですね。
311が発生した2011年の今頃はかなりのポカポカ陽気で、犬の散歩コースの日当たりのいい場所に生えている梅の木が、3/10時点でほぼ七分咲き(画像、当時携帯で撮ったもの)になってました。
同じ梅の木が今年はまだ花もまばら、去年は元旦に三分咲きだった近所の蝋梅もまだほころんでいません。
一部メディアでは今夏は炎暑と言い始めているようですが、関東以北は昨年と同じような、雨の多い気温の低い夏になるんじゃないかと、個人的に思っています。
(暑さに弱い犬飼い的には非常に有難いけれど、冷夏だとお米の出来が心配ですね…。)

 日本では殆どニュースになっていませんが、ワールドニュースでは連日ヨーロッパの大寒波被害が報じられ、おそらくこのシベリア寒気団が十日から二週間遅れで日本にもやってくるんじゃないかと、危惧している飼い主です。
ということで、少し暖かくなったからといって、油断なさらずにお過ごしください@ビジターの皆様。

 マウンダー極小期にはテムズ川が凍ったそうですが、何かいよいよ本格的に小氷河期突入なのでは、と思いたくなるツイです。

欧州寒波、1週間の死者60人超える スイスで氷点下40度 AFPBB News

欧州寒波、1週間の死者60人超える スイスで氷点下40度
2018年3月3日 13:26 発信地:パリ/フランス

【3月3日 AFP】欧州の厳しい寒波による死者はこの1週間で60人を超えた。2日も交通の乱れなどの混乱は続いたが、シベリア気団の影響によるこの寒波も週末は一息つくと予想されている。

 欧州全土は1日、豪雪と激しい吹雪に見舞われた。一部の地域で天候はわずかに回復したものの、気温はどこもおおむね氷点下となっている。道路で通行止めなどが相次いでいるほか、鉄道や空の便に大幅な遅れが出ている。

 吹雪が続くスイスでは氷点下40度を記録。普段は温暖な地中海のビーチも雪に覆われた。

 AFPの集計によると、この凍えるほどの寒さの影響で、この1週間に60人以上が死亡した。ポーランドで23人、スロバキアで7人、チェコで6人、リトアニアとフランスで各5人が死亡したほか、スペイン、イタリア、ルーマニア、セルビア、スロベニア、英国、オランダ、スウェーデン、ノルウェーでも死者が出ている。

 警察によると、フランス北部ランス(Lens)では空き家に侵入したホームレスの男性が暖を取ろうと火を付けたところ、煙を吸って死亡したという。(c)AFP





 2016/4/4、お知らせ。
4月より、余命本シリーズの告知はサイドバーに移動しました。
余命の最新情報は、こちら(余命三年時事日記)からチェック下さい。

 9/15に元刑事で外国人犯罪対策講師、板東忠信さんの「寄生難民」が発売になります。
興味のあるビジター様は、各リンクをクリック下さい。(アマゾンへ飛びます。)


 朝日新聞の捏造による森友・加計学園問題を一刀両断した、小川榮太郎さんの徹底検証本です。


 2018/1/18発売、カミカゼ@じゃあのさんの初書籍「売国議員」です。(祝アマゾンベストセラー1位!)


 2018/3/10発売、井上太郎さんの「公安情報」本です。(祝:発売前重版決定!)





 こちらは奈良公園で鹿に噛まれた観光客の8割が外国人で、その大半が中国人という、然もありなんなニュースです。
中国人は桜の名所でわざわざ桜枝を折ったり、立ち入り禁止の場所に入り込んで写真を撮ったりなど、非常識な観光客が多いようですが、鹿に対しても同じように力ずくで接し、鹿が切れたのではないかと思いました。
…てか、鹿の方が、ちゃんと見抜いているだけの話じゃないのかな。(´・∀・`) ヘー
(この記事を読んでいるうちに、日本人と中国人を見事に見分ける、トルコの野良猫のエピソードを思い出してしまった。 こちら。【ほっこり話】猫達は日本人が大好き NAVERまとめ

奈良公園で「鹿にかまれた」…相談の8割外国人 読売新聞(以下、転載)

奈良公園で「鹿にかまれた」…相談の8割外国人
2018年03月05日 07時23分

 奈良市の奈良公園で2017年度、観光客らが鹿にかまれるなどの被害相談件数が過去最多の164件(170人)に上ったことが奈良県への取材でわかった。

 インバウンド(訪日外国人客)の増加に伴い、約8割が外国人という。「鹿せんべい」を与えている際に被害に遭うケースがほとんどで軽傷が多いというが、奈良県は注意を呼び掛ける動画を作成したり、看板を設置したり対策を進めている。

 多くの中国人観光客が行き来する東大寺南大門付近。楽しそうに鹿せんべいをあげようとした瞬間が〈驚き〉に変わった。「鹿にかまれた。どうしたらいいか」。そんな相談や通報が、ツアーガイドや警備員を通じて県に相次ぐ。

 県奈良公園室によると、統計を始めた13年度の全体の相談件数は50件。うち外国人は12件だったが、17年度(1月末現在)は128件と10倍に増えた。そのうち中国人は8割以上の106件。鹿せんべいを与えるのをじらしたり、記念撮影の時に頭突きをされたりしてけがをするというのが大半で、けがは手の皮がめくれたり、血がにじんだりする程度という。

 相談の多くは「狂犬病が怖い」という内容。担当者は「日本では50年以上、狂犬病は発生していません」などと中国語で書いたチラシを示し、希望者には消毒を施している。県が設置する「奈良公園のシカ相談室」は24時間体制で電話対応できるようにしている。

 対策として、公園内には鹿との接し方を図で示し、注意書きした縦1・7メートル、横0・9メートルの緑色の看板を40か所設置。英語、中国語、韓国語、仏語で鹿についての注意点を伝える動画を作成し、閲覧できるように昨年12月には看板にQRコードを貼りつけた。

 同室の担当者は「餌の与え方を知ってもらい、けがを負わないことが最優先だ。今後は外国人向けのスマートフォンの観光アプリと連動して、動画の閲覧や注意を呼び掛けることを検討したい」としている。

 県によると、16年に県内を訪れた外国人観光客は165万4000人で、うち中国人が69万5300人で全体の約4割を占め、増加傾向にある。(山本貴広)





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

3
 ダンナが仕事の都合で午前様になってしまい、今朝のかのんの散歩は飼い主の担当(いつもはダンナが行ってます。)でした。
幸い休日だから、登下校や出勤する人たちが少なくのんびり散歩出来るんじゃないかと、勝手に考えていた飼い主でしたが…。
よりによって、塀も門扉もない庭で小型犬をノーリード放し飼いしているジジババに続けて遭遇(1頭目はミニチュアダックス、二頭目は多分パピヨン。)し、しばし仰天することになりました。Σ(`□´ ;)ゲッ!!
うちの犬はスルースキルが高いので、小型犬が寄ってきてもおとなしく出来ますが、犬たちが放されている庭が道路に面しているため、ひょいと飛び出して車に轢かれる恐れがあります。
もちろん、犬どうしのバトルの可能性も大有り(うちの近所の飼い犬は、ほぼ100%気性が荒い犬ばかり…。昨日も通りすがった家の塀の中から、凄まじい柴の鳴き声が聞こえてきて、犬と一緒に固まりました。穏やかな柴犬は、いつの間にか絶滅しちゃったんでしょうかね…。)ですし、そうなったら圧倒的に大きなうちの犬の方が不利ですから、犬が居ると気づいた時点で踵を返し、超遠回りで自宅に戻ることにしました。
エルミナの若りし頃は中型〜大型犬のノーリードが多く、噛まれかけたことも度々あって(牙剥いたコーギーが前から駆けて来るとか、公園を出た途端に傍からガブッとやられそうになるとか。)、割と真面目に木刀を持って散歩しようと考えていたのですが、多分あの頃(17〜8年前)の飼い犬の主流がそのサイズだったのでしょうね。
当時のDQN飼い主が大きな犬から小さな犬へシフト(人気犬種なら何でも良さげだし。)して、似たようなとんでもない我流の飼い方をしているのだろうと察しますが、事故だけでなく盗難の恐れもあるというのに、良く危機意識の少ない飼い方が出来るもんだ、と呆れてしまいましたわ@ノーリード犬。
こういう飼い主に限って、やたらと自分の犬を褒めまくったり、自慢したりするのがお察しですが、ショーでの実績などがあるならともかく、飼い主の自己評価は全く当てになりませんて。(´・ω・`)=з
(あ、かのんのおなか具合は、だいぶ落ち着いてきました。
前夜から朝まで粗相なし、大は緩めのを朝に一回しただけで済みました。)
                                           
 こちらは(^ω^人) アリガト♪よ竹山、と心底思ったカンニング竹山のツイです。
パヨクや放射脳連中が相も変わらず馬鹿げたデマを拡散してますが、福島は安全だし、食べ物は美味しいですから!




 2016/4/4、お知らせ。
4月より、余命本シリーズの告知はサイドバーに移動しました。
余命の最新情報は、こちら(余命三年時事日記)からチェック下さい。

 9/15に元刑事で外国人犯罪対策講師、板東忠信さんの「寄生難民」が発売になります。
興味のあるビジター様は、各リンクをクリック下さい。(アマゾンへ飛びます。)


 朝日新聞の捏造による森友・加計学園問題を一刀両断した、小川榮太郎さんの徹底検証本です。


 2018/1/18発売、カミカゼ@じゃあのさんの初書籍「売国議員」です。(祝アマゾンベストセラー1位!)


 2018/3/10発売、井上太郎さんの「公安情報」本です。(祝:発売前重版決定!)




 こちらは原発避難の犬たちを保護しているシェルター主催の大網さんや、避難区域に取り残された犬たちを写真に収めている太田さん等による、災害時のペットの同行避難についての講演会の告知です。
東日本大震災から間も無く7年、当時はまだ同行避難という言葉はなく、住民の命を最優先(…だったかは不明。だって、魔の売国集団民主政権でしたから。)に、基本ペットはその場に置いていくのが当然でした。
その後避難区域に入った愛護団体(複数)が、残された犬たちを保護して里親探しをしていますが、なかなか里親が決まらないのが現実なんですね…。

◆大久保佳代子さん、山路徹さんらが同伴避難の重要性を考える講演会実施 [2018.3.2] ワールドペットニュース(以下、転載)

◆大久保佳代子さん、山路徹さんらが同伴避難の重要性を考える講演会実施 [2018.3.2]
 3月10日(土)午後7時から、三茶しゃれなあどホール(世田谷区民会館別館)5Fオリオンで、「動物愛護講演会ーめざせ共生社会」が開催される。

 第1部の「原発周辺に取り残された動物たち。同伴避難の重要性を考える」では、おーあみ避難所が誕生するきっかけとなった、東日本大震災のとき、原発周辺の動物たちがどんな経験をしていたのかを紹介する。

 第2部の「ペットショップで売れ残った犬猫たちは…引き取り屋の実態報告」と、第3部「今私たちにできることは?TNR地域猫活動を普及させるために」では、ペットをとりまく環境やボランティアの取り組みなど、映像とトークを交え、これからめざすべき動物との共生社会のために、いま私達に何ができるのか、一緒に考える。

 当日は、スクリーンで映像を流し、里親会に参加し手伝っているジャーナリストの山路徹さん、今も福島に通うフリーカメラマンの太田康介さん、そしてタレントのオアシズ・大久保佳代子さんらが参加し、おーあみ避難所リーダーの大網直子さんが座談会形式で進行する。

 時間は午後7時から9時まで。会場への交通は、東急田園都市線・三軒茶屋駅下車北口から徒歩1分、または東急世田谷線・三軒茶屋駅下車・徒歩3分。入場は無料だが、事前申し込みが必要。参加希望の方は、件名を「入場希望」とし、来場者全員の名前(フリガナ)を明記のうえ、 oamihinanjo2018@gmail.com まで、メールで申し込む。
[関連URL]
・おーあみ避難所のブログー「福島原発20キロ圏内 犬・猫救出プロジェクト」が運営する被災犬猫シェルターの公式ブログ
・三茶しゃれなあどホール(世田谷区民会館別館)





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

3
 昨日の吹雪と暴風は何処へやら、今日は猛烈に暖かなエルミナ地方です。
明日は更に気温が上がり、20℃を越える予報が出ているのですが、飼い主的には飛びまくりそうな「花粉」が怖い…。(・ω・ ;)(; ・ω・)
既に先月末あたりから、「鼻水が止まらない」(犬の散歩中だと悲惨なことに。)、「咳が出る」、「目が腫れる」等、花粉症の諸症状が出まくっていたのですが、出っ放しの低温注意報のおかげで、それ以上悪化はせずに済んでました。
しかしここでいきなり気温が跳ね上がると、杉の木からブワーッと花粉が飛びそうで…、外に出るのが億劫です。
アレルギーやら冷えやらでおなかを壊していたかのんのことを考慮すれば、少しでも暖かい方が有難いのですが、おまけについてくる花粉が…ホントうんざり。(´;ω;`)トホホ
(あ、かのんは、今朝も朝に二回ピーをやらかしましたが、どちらもペットシーツの上で被害はありませんでした。
どうも朝のピーは、室内トイレでしっこをした際に一緒に出ちゃった感じのようです。)
これでも2月からゴホゲホしていた昔に比べれば、だいぶ症状は軽くなっているんですが、どうやら花粉症に完治や寛解はなさそうです。

carebook
 画像は、昨日届いたネットショップの荷物の中に入っていた、高齢ペットの介護マニュアル(無料)@携帯です。
メディコートブランドの広告のようですが、長生きになったとは言え、犬のシニア期は7歳以降(大型犬は6歳、超大型犬は5歳〜)だったような気がしますが…?
だいたい6歳頃から年1〜2回動物病院で定期的に健康診断を受けるようにして、同時期にペット保険への加入を済ませておくと、やがて来るシニア期も比較的心穏やかに迎えることが出来ます。
(ペット保険は加入に年齢制限がある場合があるので、ネットで事前に情報を集めることをお奨めします。)
犬の老化はなだらかな坂ではなく、階段状にガクン、ガクンと一気に来るので、老いが目立ってきてから焦っても、時既に遅しなことがままあるんですね@経験者。
我が家の場合、初代エルミナは6歳の誕生日にペット保険に加入(10歳目前に別の会社に乗り換え、亡くなるまで補償してもらいました。)、同年に子宮蓄膿症で通院・手術(トータルで25万円前後かかったと思う。)することがあり、金銭的にかなり助かった記憶があります。
(二代目デコっぱ@ディアナは、膿皮症などの既往症【肝臓での投薬経験もあり。】があって免責事項が多そうなのと、皮膚病以外は割と元気だったから…と、6歳での保険の加入を見送った結果、三ヶ月後に肝臓疾患が悪化することになってしまったので、三代目かのんは迷わず『6歳で加入』するつもりでいます。)


 2016/4/4、お知らせ。
4月より、余命本シリーズの告知はサイドバーに移動しました。
余命の最新情報は、こちら(余命三年時事日記)からチェック下さい。

 9/15に元刑事で外国人犯罪対策講師、板東忠信さんの「寄生難民」が発売になります。
興味のあるビジター様は、各リンクをクリック下さい。(アマゾンへ飛びます。)


 朝日新聞の捏造による森友・加計学園問題を一刀両断した、小川榮太郎さんの徹底検証本です。


 2018/1/18発売、カミカゼ@じゃあのさんの初書籍「売国議員」です。(祝アマゾンベストセラー1位!)


 2018/3/10発売、井上太郎さんの「公安情報」本です。(祝:発売前重版決定!)




 こちらはペットのマイクロチップ埋め込みを、義務化するかもしれないというニュースです。
飼い主はてっきり災害時の同行避難に役立つからだと思ったのに、「棄てられて殺処分されるペットを減らすため」とは…。orz
ペットを簡単に棄てる飼い主は、たとえマイクロチップを装着してようと、平気で遺棄しますよ@断言。
おそらく身バレしてもシラを切り通すだろうと思うので、その場合は厳罰に処すとかのペナルティがないと効果は薄いでしょうね。┐(´〜` ;)┌

ペットにマイクロチップ埋め込み、義務化を議論 読売新聞(以下、転載)

ペットにマイクロチップ埋め込み、義務化を議論
2018年03月02日 18時41分

 自民党どうぶつ愛護議員連盟(鴨下一郎会長)は2日、ペットの犬や猫に飼い主情報を記録したマイクロチップ埋め込みを義務づける動物愛護法改正に向けた議論を始めた。

 飼い主が捨てるなどしたペットが殺処分される事態を防ぐ狙いがある。議員立法での今国会成立を目指す。

 マイクロチップは直径1・6〜2ミリ、長さ8〜12ミリの円筒形で、獣医師が注入器を使って首の後ろなどの皮下に埋め込む。環境省によると、チップを埋め込んでいる業者は現在、犬の販売業者の13・3%、猫の販売業者の33%にとどまっている。

 ただ、埋め込みには数千円かかるうえ、チップに抵抗感を持つ飼い主も多いという。費用負担の仕組みや埋め込む時期などを巡っても議論は曲折が予想される。







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

3
 少し落ち着いたかに見えたかのんのピーが、昨晩盛大にぶり返しました。
夕方の散歩の時の○んちがやや緩めだったので、完治してないのは分かってましたが、夜10時過ぎに部屋の中をうろうろし始め、怪しいなと思って見てる(ダンナは○ん気づいていると思わなかったらしい。ヽ(`Д´)ノ オイッ!)と、ケージの中に入っていきなりピー…。orz
ほぼ水下痢に近かった上に、仕出かした後に歩き回ったものだから、あちこちに○んち跡やらがつき、ケージの中はとんでもなく悲惨なことになってました…。(´;ω;`)トホホ
飼い主から話を聞いてたダンナも、目の当たりにするのは初めてで、しばらく固まってましたが、飼い主がかのんを一旦外に連れ出してる間(お風呂のお湯を汲み、汚れたお尻付近を洗うつもりでいた。)に、掃除と片付け&塩素系漂白剤での拭き取り他を済ませてくれるよう頼みました。
(この時点で、外は雪混じりの突風が吹いており、風邪を引きそうでしたが。orz)
それから犬を部分洗いして乾かしたり、汚れた衣類を洗ったり(中敷は予備のがあるし、あまりにも酷く汚れていたので、廃棄決定。)、部屋の掃除をしたり…で、全て終了したのは午前1時前になりました。(´・ω・`)=з
人もヘトヘトでしたが、犬も疲れたようで、気づいた時には泥のように眠ってました。
その後朝方おしっこと○んち(飼い主が外出している間にも一回。)をやらかしたようですが、念のためにと敷いておいたスーパーワイドペットシーツ3枚が、ほぼフォローしてくれたよう(朝はしっこ、昼は○んちが多少はみだしてましたが、昨夜に比べればだいぶマシ。)でした。ε-(´▽`)

 …そんなこんなで、かのんのピーの原因は、一月の段階で寄生虫ではないと言われたので、考えられる原因は冷えか、消化器系の病気あたりかな…と思いましたが、可能性としては魚アレルギー(鮭)がもっとも高いのではないかと踏んでます。
先日の下痢ピー再発の前夜に鮭の中骨缶、昨日も昼のおやつに鮭のジャーキーを与えて、それぞれ8〜9時間後にピーになっているんですね。(・ω・ ;)(; ・ω・)
(食べつけない食材でピーだったのかとも考えたのですが、どちらも鮭がらみなので、もしかしたら…と思ってます。
詳しくはアレルギー検査を受けてみないとはっきりしませんが、かなり黒に近い灰色のような気がします。)
エルミナもデコっぱ@ディアナも鮭は好物だったのに、三代目はアレルギーとか…、まぁ、同じ犬種でもいろいろありますなぁ。(´・ω・`)=з

 魚アレルギーについて、詳しくはこちらを。
魚で起きるアレルギー All About



 2016/4/4、お知らせ。
4月より、余命本シリーズの告知はサイドバーに移動しました。
余命の最新情報は、こちら(余命三年時事日記)からチェック下さい。

 9/15に元刑事で外国人犯罪対策講師、板東忠信さんの「寄生難民」が発売になります。
興味のあるビジター様は、各リンクをクリック下さい。(アマゾンへ飛びます。)


 朝日新聞の捏造による森友・加計学園問題を一刀両断した、小川榮太郎さんの徹底検証本です。


 2018/1/18発売、カミカゼ@じゃあのさんの初書籍「売国議員」です。(祝アマゾンベストセラー1位!)


 2018/3/10発売、井上太郎さんの「公安情報」本です。(祝:発売前重版決定!)




 こちらは家庭訪問した児童宅で犬に噛まれ怪我をした教師が、東京高裁で「公務災害」認定を受けたというニュースです。
どういう状況で噛まれたのか、具体的な説明はありませんが、テリトリー意識の強い我儘な犬が家庭訪問に来た教師を、敵とみなしがぶりと行ったのでしょうか…。(・ω・ ;)(; ・ω・)
そういえば、昔うちに来たガス会社の人が、かつてガスメーターの点検時に、近くで繋がれていた犬に横っ腹を思いっきり噛まれたことがあると言ってました…。
デカイだけで凶暴さには無縁の犬飼いのσ(・ω・)は、目から鱗が滝のように落ちましたぜ。

犬にかまれけが、「公務災害」と認定 家庭訪問の教諭が逆転勝訴 産経新聞(以下、転載)

2018.3.2 14:06
犬にかまれけが、「公務災害」と認定 家庭訪問の教諭が逆転勝訴


 児童宅を家庭訪問し、犬にかまれてけがをした甲府市立小学校の教諭、深沢佳人さん(57)が、公務災害と認めるよう求めた訴訟の控訴審で、東京高裁(斉木敏文裁判長)は2月28日、請求を棄却した一審甲府地裁判決を取り消し、公務災害に当たるとする逆転勝訴の判決を言い渡した。

 二審判決によると、深沢さんは平成24年8月26日、勤務していた小学校の学区内であった防災訓練に参加する途中で、担任するクラスの児童宅を訪問した際、飼い犬にかまれて約2週間のけがをした。地方公務員災害補償基金に公務災害認定を求めたが退けられたため、提訴していた。

 斉木裁判長は、市教育委員会が訓練への参加を教職員に呼び掛けていたことなどを挙げ「参加は校長の黙示的な職務命令に基づく。家庭訪問は児童に訓練への参加を呼び掛けるためだった」とし、公務災害に該当すると判断した。

 判決後に記者会見した深沢さんは「児童と信頼関係をつくるのに家庭訪問は有効だと考えて一生懸命やってきた。事故が起きても補償しないという判断を覆せてよかった」と話した。

 基金は「関係者と協議して対応を決めたい」としている。





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2
genmaipuff20180301
 先日アマゾンでポチった、かのんの朝ごはん用玄米ポン・無糖タイプ(画像)が本日届きました。
2/27発送の連絡が入り、早ければ3月の頭には届くかなと考えてましたが、アマゾンからのメールによると、到着予定は3/4〜7間とのこと。(ー'`ー ; )
一月に買った玄米ポンがなくなり、上記のが届くまでの間に合わせに、ネットショップのペット用(新潟県魚沼産コシヒカリ使用!)の玄米ポンを3袋(50g×3)追加したものの、これで足りるのだろうかと不安になる量で、出来るだけ早く届いて欲しいというのが本音でした。
皮肉なことに、先の玄米ポンが品切れになりかけたあたりでかのんがゲーピーを発症、二日ほど病犬メニュー(おかゆ)を与えることになって、在庫切れは免れたんですけど。
で…届いた玄米ポンは期待を裏切らない大きな箱に入っており、配達してくれた郵便教員さんが、「大きいのにいやに軽いですねー、何が入っているんですか?」と、不思議そうな顔で手渡してくれました。(^_^;A
中身は300gの玄米ポン×2個だから、ダンボールの分を加えても1キロ未満のはずですが、箱が通販の中サイズで、確かにこれは何が入っているのか気になる大きさです。
今回手数料+送料が本体価格の倍以上かかってしまったので、次回は1キロ入りのを注文するつもりでいるのですが、これがとんでもない大きさの箱で届くらしく…、微妙に(゚∀゚) wktkしている飼い主なのでした。

 上記玄米ポン(このショップでは『玄米パフ』名)がこちら、興味のあるビジター様はクリックなさってみてください。(アマゾンに飛びます。)



 2016/4/4、お知らせ。
4月より、余命本シリーズの告知はサイドバーに移動しました。
余命の最新情報は、こちら(余命三年時事日記)からチェック下さい。

 9/15に元刑事で外国人犯罪対策講師、板東忠信さんの「寄生難民」が発売になります。
興味のあるビジター様は、各リンクをクリック下さい。(アマゾンへ飛びます。)


 朝日新聞の捏造による森友・加計学園問題を一刀両断した、小川榮太郎さんの徹底検証本です。


 2018/1/18発売、カミカゼ@じゃあのさんの初書籍「売国議員」です。(祝アマゾンベストセラー1位!)


 2018/3/10発売、井上太郎さんの「公安情報」本です。(祝:発売前重版決定!)




 こちらは福井で刑事告発された、子犬工場(文字通り『パピーミル』)のショッキングなニュースです。
福井新聞の記事内に動画のリンクがありますが、再生するとブロックの仕切り(マス?)内に詰め込まれた、子犬たちの悲鳴が聞こえてきます。(´;ω;`)ウッ…
人気の小型・中型犬種ばかりですが、知らずにここから買った愛犬家も少なからず居るのでしょうね…。
(てか、この業者が刑事告発された後、この仔犬たちはどうなってしまうんでしょう…?
動物愛護団体が引き取るにしても、限界があると思うのですが。)

 こういう環境で育った犬たちが、次に送られるのはペットの競市なんですね…。
ペット業界の闇は深過ぎる…。
ペットの競り市・オークションのウラ話 +獣医のペット病院ウラ話!?

「子犬工場」400匹を過密飼育 坂井市内、業者を刑事告発へ 福井新聞(以下、転載)

「子犬工場」400匹を過密飼育 坂井市内、業者を刑事告発へ
2018年3月1日 午前7時00分

 犬や猫約400匹を過密状態で飼育、繁殖するなど動物虐待が疑われる施設が福井県坂井市内にあることが2月28日、公益社団法人日本動物福祉協会(JAWS、本部東京都)などへの取材で分かった。同協会は1日にも、動物愛護管理法違反(虐待)などの疑いで、運営する動物販売業者を県警に刑事告発する方針。商品を大量生産するように子犬を産ませる「パピーミル(子犬工場)」と称される施設は全国的に問題視されており、この業者の繁殖場も同様の方式とみられる。

 業者は、子犬や子猫を県内のペットショップなどで販売しているとみられる。

 犬猫を大量繁殖させ販売することは、責任感の十分でない飼い主を生みだしかねず、同協会などは飼育放棄や殺処分を防ぐため、適切に取り締まれる法改正を国に訴えている。

 同協会などによると、この業者は少なくとも昨年12月、坂井市の動物飼育施設で犬と猫合計385匹を飼育。狭いケージに入れたり、コンクリートブロックのマス内に50匹以上の過密状態で入れたりし、施設内には悪臭が漂っているという。1日1回しか餌をやらず、病気やけがの動物に適切な処置を行わないなど虐待の疑いが持たれている。

 このほか、犬を厚生労働省の省令に定める登録申請していない疑いや、狂犬病予防注射を受けさせていない狂犬病予防法違反の疑いもあると指摘している。

 同協会は県内の動物愛護グループなどから連絡を受けて状況を精査し、犬猫約400匹が劣悪な環境で飼育されていると判断した。刑事告発に合わせ、福井県や福井労働局などに対して指導監督申入書を提出する。飼育員の労働時間が労働基準法に抵触する可能性があるとして、福井労働局に調査と指導監督を求める。

 昨年12月時点で飼育員の人数は2人。「飼育員1人で20匹が限界」との見解を示す同協会は、2人で約400匹の適切な飼育は不可能で、動物愛護管理法違反に当たると指摘している。県には、多頭飼育崩壊した場合の対応策を検討しているか業者に確認するよう要請する。

すし詰め子犬工場「まるで地獄」@You Tube





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

3
 ゲーピーからたった二日でV字回復しちゃったらしい、ガリっ子かのんさん。
今日の散歩の時には、通りすがりの建築現場(我が家の東西で、ただいま家を二軒新築中。このせいで、灯油販売車がうちの前まで来てくれなくなって数ヶ月…。( *´Д⊂ グスン…)のおじさんに、「お、すごい元気な犬だな!」と褒めけなされるほど、尻尾ブンブンではしゃぎ回り…。
一昨日は1日ケージに引きこもり、出て来るのはゲーかピーの時だけ(なのに、なぜか室内トイレではやらなかった…。orz)で、この世の終わりみたいな顔をしていたのに、中1日で何でここまで元気になってしまうんだか。(´・ω・`)=з
食欲もほぼピー前の状態に戻ったらしく、病犬食(昨日まで朝晩おかゆ、昼も柔らかいおやつのみ。)では物足りないのか、「あたち、なにももたべてないんですけど。o(TωT ))(( TωT)o ウルウル」攻撃を繰り返し、夜間作業帰りのダンナ(昨夜徹夜で朝帰宅後、半休をとって寝てた。)から何か貰おうとしてるし。
(…ゲーピーの原因がこれなので、ダンナにはがっつり釘を刺しておきましたが、犬の方はまだ通用すると思っているらしいです。(´・ω・`) フーン)
かのんの場合、食いしん坊なのに胃腸が追いつかず、更に食べた以上に消費(運動量がハンパなく、かのんの1日の散歩量=散歩嫌いだったデコっぱ@ディアナの三、四日分を軽く超えます。)してるものだから、一向に太れないのは分かるのですが、何とも上手くいかないもので…。
大食いで食べたものは殆ど「ミ」になり、大きめボル女子の体重(35kg前後)を凌駕したあたりから、いかにして痩せさせるか頭を痛めていたデコっぱと、好対照というか、あまりに違い過ぎ飼い主は頭を抱えてます。(´;ω;`)トホホ
同じガリっ子でも初代エルミナは胃腸だけは丈夫で、滅多に下痢することはなかったから、エルミナ方式は使えないしなぁ。(ー'`ー ; )

 こちらはエルミナ地方で、保護猫との触れ合いイベントが開催されたというニュースです。
うちにも保護犬出身の異常な猫好き犬が居るので、一度犬連れでお邪魔させて戴きたく思ってます。





 2016/4/4、お知らせ。
4月より、余命本シリーズの告知はサイドバーに移動しました。
余命の最新情報は、こちら(余命三年時事日記)からチェック下さい。

 9/15に元刑事で外国人犯罪対策講師、板東忠信さんの「寄生難民」が発売になります。
興味のあるビジター様は、各リンクをクリック下さい。(アマゾンへ飛びます。)


 朝日新聞の捏造による森友・加計学園問題を一刀両断した、小川榮太郎さんの徹底検証本です。


 2018/1/18発売、カミカゼ@じゃあのさんの初書籍「売国議員」です。(祝アマゾンベストセラー1位!)




 こちらは18歳になり、突然たてがみが生え始めた雌ライオンの記事です。
クマノミのように性転換(詳しくはこちら。魚は性を自由に換える 中村將 / 一般財団法人沖縄美ら島財団/SYNODOS)する生き物も居ますが、哺乳類ではあまり見かけなかったような…?(・ω・ ;)(; ・ω・)
てか、ライオンは長生きすると、牡化するんでしょうか?
(人間も40〜50代くらいから、性別が逆転したようなルックスになる、おじさんやおばさんがいますけど、このライオンも似たような感じなのかしらん。)

「私18歳」突然たてがみが生え始めたメスライオン 動物園が困惑 ハザードラボ(以下、転載)

「私18歳」突然たてがみが生え始めたメスライオン 動物園が困惑
2018年02月27日 13時24分

 米中部のオクラホマシティ動物園では、18歳のメスライオンに突然たてがみが生え始め、原因を解明しようと獣医や動物学者が困惑している。

 このライオンは、1999年にオクラホマシティ動物園で生まれたブリジット。獣医師のグレッチェン・コールさんが異変に気付いたのは昨年下旬。飼育員に聞き取り調査した結果、両耳の下からあごにかけてたてがみが伸び始めたのは、昨年3月ごろだと判明。

 コール医師は、ホルモンレベルに異常が起きている疑いがあるとみて、採血検査を行うことを決めた。しかしこの採血が一苦労。今後も定期的に検査を行う必要があるため、まずは麻酔をせずに尻尾に注射針を挿せるようになるため、トレーニングが必要だったという。

 晴れて今月20日に1回目の採血を終えたブリジット。同じ母親から同時に生まれた妹のティアの血液と比較することで、男性ホルモンの一種テストステロンの分泌量が増えているかどうかを調べるという。

 ライオンのたてがみは、健康なオスならば、テストステロン値が高くなる1歳くらいから伸び始めるが、メスでは非常に稀な現象だ。

 動物学者によれば、2011年には南アフリカの国立動物園が飼育していた13歳の「エマ」にたてがみが生えた例が報告されている。検査の結果、エマには卵巣異常があり、テストステロンの分泌量が非常に高いことが判明。治療したところ、たてがみが生えなくなったという。

 またボツワナでは2014年、たてがみを持つ野生のメス5頭の群れが発見されており、ほかのメスに対してオスのように交尾体勢をとったり、マーキングやオス特有の唸り声をあげるなどといった奇妙な行動が確認されている。

 米バージニア工科大学の研究者によると、たてがみがあるメスは生殖能力が低く、不妊の可能性が高いと言われるが、ブリジットは2007年に出産した経験があるという。このため、オクラホマシティ動物園では、「ライオンの平均寿命が16.9年だということを考えると、ブリジットは加齢が原因でホルモンの調節機能に問題が起こっているのかもしれない」と述べて、検査結果を待っている。






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

3
 昨日は夕方までピーが続き(片付けや洗濯を終え、遅い昼食を摂っていたら、隣でかのんがウンチングポーズ!大慌てでジャケットを着て、かのんを外に連れ出すと、本犬は『さんぽ、さんぽ!』と大喜びしてるという…。待て、おまい今○ん気づいてなかったか?と突っ込み、慌ててうちに戻ると、既にブツ【室内トイレではないところに。】が…。orz)、自然回復は無理かもと判断し、先月もらってきた下痢止めを一回分飲ませました。
それでようやく落ち着いたらしく、夜白米のおじや(茹でて細かくほぐした鶏肉と、潰したゆで卵半分入り。)を八割方平らげ、朝まで粗相もなく過ごし、今朝はおかゆにデビフの犬缶1つを混ぜたものを完食。
その後は昨日のゲーピーが嘘のようなはしゃぎっぷり+おなか空いた!攻撃で、ショートカット予定だった散歩も、サイクリングロードまでの延長戦になりました。orz
(おなかが冷えないようにと、老婆心で裏起毛パーカーの上に中綿ジャケットまで着せたのが仇になり、途中で脱がせてそのままお持ち帰りになりました…。orz)
帰宅してからは「おやつ、おやつ!」と大催促でしたが、昨日の今日なので、柔らかめのおやつを少しだけ上げたら、「たりなーい!」とふて寝を決め込んだかのんです。(´・ω・`)=з
あんたね、今回のピー騒ぎも元はといえば、土日連休だったダンナに引っ付き、朝から晩まで何かしら貰って食べていたせい(で、消化不良→重症の下痢となった。)なんだから、少しは反省しなさいって。
(消化不良の直接の要因は、おそらく干し芋じゃなかろうかと考えている飼い主。
干し芋は二代目ボル・デコっぱ@ディアナの大好物で、ダンナと二人でペロリと一袋完食してましたが、食の細いかのんにまで同じ勢いで与えてたのではないかと…。ヽ(`Д´)ノ オイッ!)

 …ということで、ご心配をおかけしましたが、ガリっ子かのん、何とか復活出来たようです。
しかしボルゾイは、犬=好き嫌いせず何でもガツガツ食べる生き物というイメージを、悉くぶち壊してくれる犬種ですわな。(ー'`ー ; )
(ボルゾイとイングリッシュ・セターは、お貴族様が作った犬だから、ガツガツせず上品なの、と教えてくれた犬友の話が、ますます真実味を帯びてくるこの頃。)

 以下、閑話休題。
我が家の場合はフード嫌い&拒食だった初代のエルミナに鍛えられ、フードでなくてもいいじゃないかという結論に至りましたが、少食の大型犬は結構居るらしいという小町のトピをご紹介。
(二代目は1歳頃まで食欲魔犬でその後少食に、三代目は食いしん坊だけれど消化能力がついていかず…、と、うちもいろいろ問題だらけですけどね。(´・ω・`)=з)

小食な大型犬 発言小町/読売新聞
 
 こちらは上記トピの最後にリンクされていた、大型犬飼育に関するお悩みトピで、犬の飼育経験が全くない親御さんに、息子夫婦が躾の入らない大型犬(文中にセッターとあるから、アイリッシュ・セターかな。)を押し付けてトンズラという、ひどい話です。
超大型犬三頭(実家でも大型犬を二頭飼ってました。)飼ったσ(・ω・)的には、セターくらい(´・ω・`) フーンで済みますが、経験がないと犬との意思疎通が上手くいかない(相性や勘の良し悪しもかなり影響すると思いますが。)し、まず大きさでビビるでしょうね。
個人的には訓練と並行して、保護団体経由で里親探しをするのがいいんじゃないかと思いましたが、トピから4年、その後どうなったのか非常に気になります。

犬を飼う自信がもうありません・・・(涙) 発言小町/読売新聞


 こちらはかのんの第二の故郷、ペット里親会さんのtweetです。
うちのかのんも2歳半までケージの中のみの生活だった反動で、今は立派な散歩魔犬になりました。




 2016/4/4、お知らせ。
4月より、余命本シリーズの告知はサイドバーに移動しました。
余命の最新情報は、こちら(余命三年時事日記)からチェック下さい。

 9/15に元刑事で外国人犯罪対策講師、板東忠信さんの「寄生難民」が発売になります。
興味のあるビジター様は、各リンクをクリック下さい。(アマゾンへ飛びます。)


 朝日新聞の捏造による森友・加計学園問題を一刀両断した、小川榮太郎さんの徹底検証本です。


 2018/1/18発売、カミカゼ@じゃあのさんの初書籍「売国議員」です。(祝アマゾンベストセラー1位!)




 こちらは北海道のスキー場で、看板犬のギン(北海道犬)が観光客に大人気というニュースです。
北海道犬と聞いて、昔初代ボル・エルミナが若かった頃、北海道犬のブリーダー(競技会も出ていた。多鬼【たき=女の子】ちゃんという名前だった。お元気かな、えんまゆさん。)をしている隣県の知人が会いに来てくれて、人生初めてのボルゾイというエルミナを抱っこしながら、「エルミナちゃん、軽い、細い、柔らかい!」(ボルは猫より柔らかい猫っ毛。)と感激していたのを思い出した飼い主でありました…。

ほほ笑んでいるような目、ふわふわの毛 スキー場の看板犬ギン人気 北海道新聞(以下、転載)

ほほ笑んでいるような目、ふわふわの毛 スキー場の看板犬ギン人気
02/27 05:00

 国内や海外からの客でにぎわうサッポロテイネスキー場で、11歳の北海道犬のギン(雄)が看板犬として人気を集めている。人間ならば60歳ほどのギンは、ほほ笑んでいるような細い目とふわふわの毛の愛らしさが特徴。スキー場のアイドルとして親しまれている。

 粉雪がちらつく中、リフト乗り場前で名札を下げ、スキー客をじっと見つめるギン。この季節は客の出迎えが日課だ。愛らしい姿を撮影するスキー客も多い。東京から訪れた教師の中村裕子さん(38)は、カメラを構えながら「毛がふさふさしていてかわいい」とギンの背中をなでた。

 ギンは10年ほど前に旧テイネオリンピア遊園地で熊を見張る警備犬として、雌のシェパード「ベル」と一緒に飼われた。遊園地は2010年に休園。ベルは同年に病気で死に、ギンは遊園地と同じ加森観光が運営するスキー場に連れて来られた。雪降る日も1匹でリフト乗り場に立ってきた。

 ギンの世話をするのはスキー場を運営する加森観光の阿部一有さん(54)。ギンは天気の良い日には雪の上に横になり、ひなたぼっこをするのが好き。営業時間外は管理事務所内の小屋におり、阿部さんの顔をじっと見つめるのが外で遊びたい時の合図。客が少ない時はゲレンデで散歩することもある。

 乗り物も好きでスキー場内の移動用のスノーモービルにも喜んで乗るという。阿部さんは「ギン目当てに九州から来るお客さんもいる。完全にテイネスキー場のアイドルです」と話す。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

↑このページのトップヘ